成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


AKI成長株ファンド月次報告(24年6月)

2024年6月の運用成績を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:+11.4%
  年 次:+38.1%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+3.6%
  年 次:+17.2%

ウ.総合成績
  月 次:+9.1%
  年 次:+31.8%


エ.TOPIX
  月 次:+1.3%
  年 次:+18.7%




2.概 況

6月は国内、海外共に相場が好調であり、資産最高値を更新することができました。

今月も銘柄を多数売却し、韓国株の韓国造船海洋を超主力にまで引き上げました。
これによりポートフォリオの約半分が韓国造船海洋になりました。
1年前の名村造船所と同じ立ち位置と考えており、株価の大幅上昇を期待しての買い増しです。

7月はチャンスを捉えて、
・ティーケーピーやジャムコの買い増し
・TREホールディングス新規購入
などを検討していきます。




3.売 買

【新規購入】
6269 三井海洋開発
    同社の好業績への期待&三井E&Sの持分から外れるため
6814 古野電気
    4月に損切した古野電機にリベンジマッチ!
9066 日新
    好業績に期待し新規買い
9273 コーア商事ホールディングス
    薬価改定による増収&増資による株価下落をチャンスと考えて
042660 ハンファ オーシャン
    韓国造船大手の一角、米国の造船企業を買収していると聞いて

【買い増し】
135A VRAIN Solution
    成長力に期待し下値切り下げの度に1株買い増し
3479 ティーケーピー
    資金を捻出し買い戻し。1Q決算に期待!
009540 韓国造船海洋
    5か月連続での買い増しで超主力銘柄に!!

【一部売却】
4617 中国塗料
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため
7014 名村造船所
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため
7003 三井E&S
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため
9960 東テク
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため

【完全売却】
4690 日本パレットプール
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却
6016 ジャパンエンジン
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却
7065 ユーピーアール
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却
7199 プレミアグループ
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却
9621 建設技術研究所
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却




4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 009540 韓国造船海洋
2位 7003 三井E&S
3位 7014 名村造船所
4位 4617 中国塗料
5位 9960 東テク
6位 3479 ティーケーピー
7位 1980 ダイダン
8位 6269 三井海洋開発
9位 1736 オーテック
10位 9273 コーア商事ホールディングス

超主力は韓国造船海洋
準主力は名村造船所、三井E&S、中国塗料、東テク、ティーケーピーの5銘柄です。


AKI成長株ファンド月次報告(24年5月)

2024年5月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:−2.4%
  年 次:+24.1%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.2%
  年 次:+13.1%

ウ.総合成績
  月 次:−1.4%
  年 次:+20.8%


エ.TOPIX
  月 次:+1.1%
  年 次:+17.2%




2.概 況

4月は売買タイミングが悪く4月に引き続き資産を減らす結果となりました。

銘柄を多数売却し、韓国株の韓国造船海洋を最主力にまで引き上げました。
この銘柄入れ替えが吉と出るか凶と出るか!?

6月はチャンスを捉えてティーケーピーの買い戻しや新規銘柄の購入も行いたいです。




3.売 買

【新規購入】
1736 オーテック
    サブコンの中で相対的に割安であるため
7408 ジャムコ
    今期見通しが良好なため
7199 プレミアグループ
    神戸投資勉強会での企業プレゼンが良かったため

【買い増し】
135A VRAIN Solution
    成長力に期待し下値切り下げの度に買い増し
1723 日本電技
    サブコンの中で相対的に割安であるため
1736 オーテック
    サブコンの中で相対的に割安であるため
1980 ダイダン
    サブコン、受注残の多さに期待
7003 三井E&S
    株価が下値切り下げの度に買い増し
009540韓国造船海洋
    4か月連続での買い増しで最主力銘柄に!

【一部売却】
3479 ティーケーピー
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却したが・・・
    近いうちに買い戻したい
7014 名村造船所
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため
9621 建設技術研究所
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため
9960 東テク
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため

【完全売却】
2915 ケンコーマヨネーズ
    決算プレイは失敗、潔く撤退
6814 古野電気
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却
9504 中国電力
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却
9506 東北電力
    韓国造船海洋の買い増し資金確保のため売却




4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 009540 韓国造船海洋
2位 7014 名村造船所
3位 7003 三井E&S
4位 9960 東テク
5位 4617 中国塗料
6位 6016 ジャパンエンジンコーポレーション
7位 1980 ダイダン
8位 1723 日本電技(株)
9位 1736 オーテック
10位 9621 建設技術研究所

主力は韓国造船海洋、名村造船所、三井E&Sの3銘柄です。


AKI成長株ファンド月次報告(24年4月)

2024年4月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:−6.3%
  年 次:+27.1%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.1%
  年 次:+11.8%

ウ.総合成績
  月 次:−4.3%
  年 次:+22.5%


エ.TOPIX
  月 次:−0.9%
  年 次:+15.9%




2.概 況

3月は造船系銘柄が乱高下し不調で資産を減らす結果となりました。

4月の決算期待で購入した古野電機、ティーケーピーも結果は振るわず。

特に古野電機では大きな損失を出す結果となりました。
会社予想が保守的過ぎたために株価が一時大きく下落しましたが、そこで売却してしまいました。
売却ではなく買い増しで対応すべき反省事項です。

5月はいよいよ決算発表シーズンです。保有銘柄の決算、次期予想に期待したいと思います。




3.売 買

【新規購入】
135A VRAIN Solution
    成長力に期待し下値切り下げで買い増し予定
1723 日本電技
    サブコン、大氣社と入れ替えで購入
1980 ダイダン
    サブコン、受注残の多さに期待して購入
2915 ケンコーマヨネーズ
    4Q決算に期待して購入
7065 ユーピーアール
    決算後に株価が下落したため打診買い

【買い増し】
7003 三井E&S
    株価が下がったため買い増し
7014 名村造船所
    株価が下がったため買い増し
009540韓国造船海洋
    3か月連続での買い増し

【一部売却】
6814 古野電気
    今期決算予想が保守的であったため大部分を見切り売り

【完全売却】
1979 大氣社
    同業他社と比較し株価が弱いため売却
2621 iシェアーズ 米国債20年超(H有)
    主力銘柄でしたが、日米金利差の縮小が見えないため売却
    為替ヘッジ有を選択したため大きな損失を出す結果に





4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 7014 名村造船所
2位 7003 三井E&S
3位 9960 東テク
4位 4617 中国塗料
5位 9506 東北電力
6位 9504 中国電力
7位 9621 建設技術研究所
8位 3479 ティーケーピー
9位 1980 ダイダン
10位 009540 韓国造船海洋


主力は名村造船所、三井E&S、東テクの3銘柄です。


インデックス投資部門のポートフォリオ(24年3月)

先日、Xで「インデックス投資家のポートフォリオ報告ほどつまらないものはないな」と書きましたが、そういえば自分はポートフォリオの公開をほとんどしたことないな、と思ったので、24年3月末現在のポートフォリオを公開することにします。



まあ、それで?で終わる内容ではありますが興味のある方はご一読ください。

PF2024-03-31



1 アセットアロケーション
  日本株式 :7.2%
  先進国株式:49.8%
  新興国株式:7.6%
  キャッシュ:19.7%
  先進国債券:0.1%
  日本REIT:3.9%
  先進国REIT:5.4%
  ゴールド :6.3%



2 運用成績
  月 次:+3.0%
  年 次:+10.5%
  運用来:+59.4%


インデックス投資は20年以上やっていますが、運用成績の運用来の+59.4%はショボいなぁと感じます。
もっとも2013年のアベノミクス初年度に、インデックスファンドの一部を売却して個別株に資金を回したこともあるので、実際には2倍くらいにはなっているとは思います。

今は、先進国債券(超長期米国債)とゴールドを重点買い増し中です。

次は年末辺りに公開しようかなと考えてます。


AKI成長株ファンド月次報告(24年3月)

2024年3月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:+3.4%
  年 次:+35.7%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+3.0%
  年 次:+10.5%

ウ.総合成績
  月 次:+3.3%
  年 次:+28.0%


エ.TOPIX
  月 次:+3.5%
  年 次:+17.0%




2.概 況

3月は造船系銘柄の名村造船所や三井E&Sの株価が乱高下しましたが、結果としては資産を増加させることができました。
新中期経営計画の好発表を期待し、青山商事を主力2位まで買い進めましたが、発表された新中計は期待外れだったので、小幅な利益確定で全撤退しました。
その代わり、4月に決算発表が予定されている古野電機、ティーケーピーを新規に購入しました。
4月の運用成績はこれらの決算内容により大きく左右されることになりそうです。




3.売 買

【新規購入】
1979 大氣社
    サブコン、TSMC関連で買われないかなって
1980 ダイダン
    サブコン、四季報をに受注残豊富と書かれているのを見て
3097 物語コーポレーション
    コロナ期買ってすぐに売ってしまった物語コーポ
    売ったのを後悔し続けていたので買い直し
3479 ティーケーピー
    新卒採用系の人材会社が合同説明会を再開し始めたと聞いて
6547 グリーンズ
    ホテル優待が欲しかったので購入、PER低い
6814 古野電気
    造船系、4月15日の決算に期待
9704 アゴーラ ホスピタリティー グループ
    Xで話題になっていた&ホテル優待があったので

【買い増し】
009540韓国造船海洋
    先月買ってから下がり続けたので怒りのナンピン

【買い増し&完全売却】
8219 青山商事
    新中期経営計画がショボかったので完全売却

【完全売却】
3091 ブロンコビリー
    いつまで経っても地元に出店して来ないので見切り売り
3791 IGポート
    PERが30倍を超えてきたので売却。3倍超の値上がりで満足
9505 北陸電力
    値上がりが悪かったので見切り売り。そしたら上方修正( ノД`)シクシク…





4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 7014 名村造船所
2位 7003 三井E&S
3位 6814 古野電気
4位 9960 東テク
5位 2621 iシェアーズ 米国債20年超(H有)
6位 4617 中国塗料
7位 9506 東北電力
8位 9504 中国電力
9位 9621 建設技術研究所
10位 3479 ティーケーピー


主力は名村造船所、三井E&S、古野電気、iシェアーズ 米国債20年超(H有)の4銘柄です。


AKI成長株ファンド月次報告(24年2月)

2024年2月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:+22.7%
  年 次:+31.2%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+3.4%
  年 次:+7.3%

ウ.総合成績
  月 次:+17.0%
  年 次:+24.0%


エ.TOPIX
  月 次:+4.9%
  年 次:+13.1%




2.概 況

2月は第3四半期決算シーズンでしたが、保有銘柄は好決算であるものが多く、資産を大きく増加させることができました。
特に主力の名村造船所、三井E&Sは決算や好材料により株価が大きく上昇しました。
一方、cottaは決算が冴えず株価も低迷していることから見切り売りしました。
リターンは1年保有で+30%とまずまずではありますが、今の好調な相場環境を考えると素直に喜べません。





3.売 買

【新規購入】
8219 青山商事
    新中期経営計画に期待して打診買い
009540韓国造船海洋
    韓国の造船銘柄が出遅れいることに注目し打診買い
    初めての韓国株購入であるがSBIの売買手数料の高さにびっくり。

【完全売却】
3359 cotta
    業績に伸びが見られないため見切り売り
4575 キャンバス
    新薬の治験が終わりそうにないため見切り売り
6879 IMAGICA GROUP
    新規銘柄購入資金確保のため





4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 7014 名村造船所
2位 7003 三井E&S
3位 2621 iシェアーズ 米国債20年超(H有)
4位 9960 東テク
5位 4617 中国塗料
6位 9621 建設技術研究所
7位 6016 ジャパンエンジンコーポレーション
8位 9506 東北電力
9位 9504 中国電力
10位 3791 IGポート


主力は名村造船所、三井E&S、iシェアーズ 米国債20年超(H有)の3銘柄です。


AKI成長株ファンド月次報告(24年1月)

2024年1月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:+6.9%
  年 次:+6.9%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+3.8%
  年 次:+3.8%

ウ.総合成績
  月 次:+6.0%
  年 次:+6.0%


エ.TOPIX
  月 次:+7.8%
  年 次:+7.8%




2.概 況

1月は相場環境は堅調に推移しましたが、主力の名村造船所、cottaの株価が冴えなかったことから、運用成績はベンチマークに劣後する結果となりました。

ポートフォリオでは、これまで造船関連銘柄を多く組み入れてきましたが、1月に空調計装工事大手の東テクを新たに組み入れました。

日銀が利上げの検討を始めるなどインフレ下の経済になってきていますが、業績の良い業界、悪い業界に二極化しつつあると感じているため、今後は業績の良い業界の銘柄を幅広く組み入れていきたいと考えています。





3.売 買

【新規購入】
4690 日本パレットプール
    2024年の運送問題を踏まえ、パレット使用増加を予想し新規購入
9960 東テク
    同業の日本電技の決算より、空調計装工事業界が好調と判断し新規購入

【完全売却】
2726 パルグループホールディングス
    新規銘柄購入資金確保のため完全売却





4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 7014 名村造船所
2位 3359 cotta
3位 2621 iシェアーズ 米国債20年超(H有)
4位 7003 三井E&S
5位 9960 東テク
6位 4617 中国塗料
7位 9621 建設技術研究所
8位 9506 東北電力
9位 9504 中国電力
10位 3791 IGポート

主力は名村造船所、cotta、iシェアーズ 米国債20年超(H有)の3銘柄です。


AKI成長株ファンド月次報告(23年12月)

2023年12月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:+9.7%
  年 次:+45.7%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.2%
  年 次:+16.0%

ウ.総合成績
  月 次:+7.0%
  年 次:+35.4%


エ.TOPIX
  月 次:−0.4%
  年 次:+25.1%




2.概 況

12月はクミアイ化学工業の決算で爆死してしまいました。
とはいえ主力のcottaや名村造船所の株価が好調であったことから、個別株は+9.7%と堅調に増加しました。

2023年は個別株部門は+45.7%、インデックス部門は+16.0%、全体では35.4%と資産を増加させることができました。2022年はマイナス運用であったため、盛り返すことができホッとしています。

ただ、個人的には5月の売買判断は大きな失敗だったと感じています。
迷った末にcottaを残しましたが、名村造船所にもっと寄せるべきでした。

2024年は、米国株の割高感、日銀の利上げ等、株式にはマイナス要素の多い1年になると予想しますが、なんとかプラス運用を維持したいです。
2023年は売却で失敗した1年でしたので、2024年は銘柄の旬を見極め売却による銘柄入れ替えを意識して行っていきたいです。





3.売 買

【新規購入】
9973 小僧寿し
    株主優待が改善されれたため優待目的で購入
6016 ジャパンエンジンコーポレーション
    造船銘柄の業績好調を期待して新規投資

【完全売却】
4996 クミアイ化学工業
    主力製品の特許期間満了に伴う業績悪化が懸念されるため。





4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 7014 名村造船所
2位 3359 cotta
3位 2621 iシェアーズ 米国債20年超(H有)
4位 7003 三井E&S
5位 4617 中国塗料(株)
6位 9621 建設技術研究所
7位 9506 東北電力
8位 9504 中国電力
9位 3791 IGポート
10位 9505 北陸電力

主力は名村造船所、cotta、iシェアーズ 米国債20年超(H有)の3銘柄です。


AKI成長株ファンド月次報告(23年11月)

2023年11月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:+10.9%
  年 次:+32.9%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+4.8%
  年 次:+14.6%

ウ.総合成績
  月 次:+8.9%
  年 次:+26.5%


エ.TOPIX
  月 次:+5.4%
  年 次:+25.5%




2.概 況

11月は決算発表月でしたが、全般的に好決算の銘柄が多く市場環境は良好でした。
主力のcottaや名村造船の決算が好調であり、資産を増やすことができました。
12月は主力の1つであるクミアイ化学工業の決算発表があるため、これに注目しています。




3.売 買

【新規購入】
6879 IMAGICA GROUP
    映画のゴジラ-1.0、アニメの薬屋のひとりごとの大ヒットに期待

【買い増し】
7003 三井E&S
    増資の影響で株価が低迷しており、造船出遅れ銘柄として注目

【完全売却】
8252 丸井グループ
    元々は株主優待目的保有していたが、業績もいまいちのため売却




4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 7014 名村造船所
2位 3359 cotta
3位 2621 iシェアーズ 米国債20年超(H有)
4位 4996 クミアイ化学工業
5位 7003 三井E&S
6位 4617 中国塗料(株)
7位 9621 建設技術研究所
8位 9506 東北電力
9位 9504 中国電力
10位 9505 北陸電力

主力は名村造船所、cotta、iシェアーズ 米国債20年超(H有)の3銘柄です。
三井E&Sを準主力級まで買い増しました。


AKI成長株ファンド月次報告(23年10月)

2023年10月運用成績の報告を報告します。


ア.個別株投資部門
  月 次:−4.9%
  年 次:+19.8%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−2.2%
  年 次:+9.4%

ウ.総合成績
  月 次:−4.0%
  年 次:+16.2%


エ.TOPIX
  月 次:−3.0%
  年 次:+19.1%




2.概 況

10月は相場の低迷に引っ張られ保有銘柄も全体的に軟調でした。
一方、株価の下落により割安感が出てきた銘柄の購入し、次の上昇に備えることとしました。
11月上旬には主力銘柄のcottaや名村造船の決算があるため、決算内容次第で株価の上下動が激しくなりそうです。




3.売 買


【新規購入】
7003 三井E&S
    増資の影響で株価が低迷しており、造船出遅れ銘柄として注目

【買い増し】
4617 中国塗料
    配当利回り5%超&造船関連銘柄のため追加購入




4.保有銘柄

保有銘柄を紹介します。(ウェイト順 上位10銘柄)
1位 7014 名村造船所
2位 3359 cotta
3位 2621 iシェアーズ 米国債20年超(H有)
4位 4996 クミアイ化学工業
5位 4617 中国塗料(株)
6位 9504 中国電力
7位 9506 東北電力
8位 9621 建設技術研究所
9位 9505 北陸電力
10位 7839 SHOEI

主力は名村造船所、cotta、iシェアーズ 米国債20年超(H有)の3銘柄です。


livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
・日本の億万投資家名鑑 必勝編
・俺の株式投資術
・MONOQLO the MONEY 2018年12月号
・日経マネー2019年1月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0

2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%
2018年 -9.2%
2019年 +15.4%
2020年 -0.3%
2021年 +12.0%
21年9月に2回目の退場
2009〜2021年 +1509.4%
2021年 +23.0%(参考値)
2022年 -11.4%
2023年 +35.4%
コメント
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
令和4年12月23日現在

1.日本株(保有比率順)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金
2位 9621 建設技術研究所
3位 7605 フジ・コーポレーション

■主力銘柄(10〜20%)
4位 9696 ウィザス

■通常銘柄(5〜10%)
5位 7564 ワークマン
6位 7839 SHOEI


■打診買い銘柄(5%以下)
7位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
29銘柄
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ