成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


レビュー

バリュー浪費家「JVC HA-FW01」を買う。

HA-FW01-2

耳が痛いぞ。



人気?のバリュー浪費家シリーズ、久々の第4弾です。

今回は日本の音響機器メーカーであるJVCの最高級イヤホン、HA-FW01を紹介します。


※いきなり読んでも意味がよく分からないと思うので、第1弾を読んだことがない方は読んでから見て下さい。
第1弾 バリュー浪費家「SONY XBA-A3」を買う。
第2弾 バリュー浪費家「AKGイヤホン N20U」を買う。
第3弾 バリュー浪費家「CAROT ONEイヤホン TITTA」を買う。



お気に入りのイヤホン SONY XBA-A3 を買って1年が過ぎました。

買ってからはこれまで読書か寝るかしかなかった電車、バスでの移動時間に『音楽を楽しむ』ことが加わり、楽しい時間に変わったなということをしみじみ思うようになりました。

XBA-A3が奏でる、柔らかくクリアに伸びる高音、ズンと響く低音に魅了されっぱなしの日々

大満足!なんですが、日々、使い続けるとちょっとずつ不満が出てきました。


どういう不満かというと、

長時間イヤホンを付けていると耳が痛くなる

というもの。


XBA-A3は3つのドライバーが搭載されています。
普通のイヤホンは1つなので、3倍音が良いわけですね(適当)

さらに、そのうちの1つは16mmという大きさ。
普通のイヤホンはこの半分も大きさはありません。
ポリープで言えば、10mm以上は手術で切除される大きさですよ(笑)

なので、XBA-A3はイヤホンにしては、バカでかく重いものになっています。


そういうわけなので、XBA-A3の大きさ・重さを支える耳穴には負担がかかってしまい、1時間も着けていると痛みで我慢できなくなる、という状態になります。


音が良いのはいいけど、身体にはよろしくないイヤホン・・・。


そういうわけで、音質はそのままに、もう少し着け心地の良いイヤホンを探すことにしました。





今年の秋は新製品の季節


イヤホン探しを始めようと思ったAKIに追い風が吹きます。

2大音響メーカーのSONYとJVCが新製品イヤホンを相次いで発表
この秋にモデルチェンジを行いました。

1年前のイヤホン選びでも、候補にSONYとJVCは最終候補に残りました。

私好みのメーカーが新製品を発表するとは運がいい。


ここ1年で発表された新製品も候補に入れて、着け心地の良いイヤホンを探すことにします。




続きを読む

PENTAX k-x 評価レビュー

k-x&DA★ 55mmF1.4 SDM
IMGP5390


k-x&TAMRON A14
IMGP5605



購入して1年が経過しましたので、PENTAX k-xの評価レビューでも。

購入に至ったきっかけ・・・オリンパスのE-P1のCMで宮崎あおいちゃんの可愛さに衝撃を受け(笑)、カメラ売り場に誘い込まれてしまいました(汗)

売り場にあったk-xのカラバリと価格の安さに惹かれて衝動買いしてしまいました。

1.デザイン
カラバリに惹かれて購入したくらいですから大満足です。
色はホワイトの標準を購入しましたが、最近グリップ交換サービスを利用してグリップをレッドに替えました。
新型のk-rと比べると丸いですが私はk-xのデザインの方が好きです。

2.画質
k-xの前はコンデジだったので、画質の評価基準が低いと思いますが、初心者からすると大満足です。
特に単焦点レンズだとコンデジでは絶対に撮ることのできない写真になるので、一眼を購入して良かったなと実感します。

3.操作性
ボタンが右側に集中配置されているため、非常に使いやすいです。
メニュー等も直感的に操作できるようになっているので、説明書を見なくても基本的な操作はできます。

4.バッテリー
エネループを使用していますが、1日で使い切ることは今のところありません。
最近は予備電池を持つことなく出掛けるようになりました。

5.携帯性
k-xは一眼レフの中では小型軽量な方ですが、それでもやっぱり重いです。
コンデジの手軽さには敵うべくもありません。
これはどうしようもないことだと思いますが、ミラーレス機の発展に期待したいです。

6.機能性
k-xはカスタムイメージが豊富にあって楽しいです。
特に「ほのか」がお気に入りで、愛猫の撮影には欠かせません。
シーンモードもあるので、設定がわからない時はシーンモードで撮影しています。

スーパーインポーズがないのはちょっと不便です。
ピントは画面中央固定にしていますが、黒い被写体だとファインダー中央にある( )が見えなくなるので、真ん中がどこなのかイマイチわからなくなる時があります。

7.液晶
液晶は粗いため今一歩の印象です。
もっとも液晶は撮影した写真の構図確認くらいしか利用しないので、イマイチでもあまり問題ないのかも。

8.ホールド感
私は手が小さいのでちょうど良いです。
女性にはお勧めのサイズだと思います。

9.満足度
エントリークラスの中でも低価格なカメラですが、見かけによらず基本性能はしっかりしているので、発売後1年経った今でも十分に活躍してくれます。
高感度も結構強くISO1600までは常用できます。

シャッター音が大きいので静かな場所では使いにくいです。
ただ、私はこの一眼レフで撮ってる!と感じさせてくれるシャッター音が好きで気に入っているので、この辺は好みの問題でしょう。

最近のデジイチはだいぶん進化してるため、1世代前でも極端に性能が落ちることはありません。
本体よりレンズによる写りの差の方が大きいので、k-rを買うのであれば安いk-xを買って、差額を単焦点レンズにでも回した方が満足度は高いのではないでしょうか。

日立 42型液晶テレビ Wooo L42-XP05 レビュー

先日購入した液晶テレビ 日立 Wooo L42-XP05が届いたのでレビューを書いておきます。


デザイン ★★★★  見た目のよさ、質感
操作性  ★★★★★ リモコンや本体の操作のしやすさ
画 質  ★★★★★ 映像の鮮明さなど
音 質  ★★★★  音質の良さ
応答性能 ★★★   動画などで残像が残らないか
機能性  ★★★★★ 機能が充実しているか
サイズ  ★★★★  省スペース性・コンパクトさ
満足度  ★★★★★ 総合評価
※5段階評価


家族全員で見る環境にある食堂での視聴用に購入
よって、視野角の広い機種が必要です。
また、我が家には録画機がないため、録画機能を搭載したものを中心に購入検討しました。


【デザイン】
デザインは特に可もなく不可もないシンプルデザイン。
しかし高級感はあるので、部屋のインテリアを邪魔しません。
デザインが映えるのは、同価格帯ではBRAVIA KDL-40NX800が1番だと思います。

【操作性】
リモコンは文字が大きくそれでいて綺麗に整理されているため使いやすい。
反応も良好でボタンの押し具合も不満のないものです。
録画機能や映像設定も説明書を読むことなく直感で出来るし、番組表も見やすく1週間先まで見ることができるので、操作性は非常に良いと思います。

【画質】
画質は高精細かつクリアで抜けが良く素晴らしい。
発色も美しく鮮やかですが、自然な発色でギラギラした不自然さはありません。
文句なしです!
IPSパネルのおかげで視野角も十分、視野がばらける食堂での利用にも十分耐えられる性能です。

ただし、初期状態ではスポーツなどの動きが激しいものでは、ブロックノイズがものすごい。
到着後、初めて見た映像が駅伝だったのですが、ランナーはブロックノイズだらけで見るに耐えられませんでした。
この問題はシャープネスを下げることで、軽減することができます。
私はシャープネス−10に設定しました。

【音質】
音質については特に重視していないのですが、テレビの音質としては結構鳴ってるなという印象です。
とはいえ、音楽番組等の視聴を重視する人であれば物足りないかもしれません。

【応答性能】
【画質】のランナーのブロックノイズの一因は、応答性によるところがあると感じます。
本機は倍速機ですが、他社の倍速機と比較すると速い動きを描写する能力は劣っていると言えます。
とはいえ、通常の番組では全く問題ありませんので、スポーツをどのくらい重視するかで好みが分かれてくるでしょう。

リモコン操作によるテレビの応答性については、瞬時に反応するわけではありませんが、不満を感じるレベルではありません。

【機能性】
多機能がウリの本機ですから文句ありません!

期待した録画機能はフォルダ分け、同じ番組を1度の予約でずっと録画し続ける機能などがあり便利です。

SDカードで写真を見ることができますが、大画面で見ることができるので楽しいですよ。

DLNAサーバ機能は今すぐには必要ありませんが、将来、ネットワークを構築する可能性が高いので、欲しい機能の1つです。
DLNAサーバ機能はライバル機のレグザ 42Z1にはない機能

【サイズ】
42型の製品の中では標準的なサイズなので、まあ普通だと思います。

部屋の広さは12畳くらいですが、設置してみるともうワンサイズ大きくても良かったかな、とは感じます。
もともと置いていたテレビは32型だったので、それに比べると大幅に視聴性は改善しました。
12畳に32型は小さすぎました。


【総評】
40インチクラスの録画機能を持った機種の中ではベストバイに入る1台だと感じました。

画質での不満があるとすれば動画の応答性能くらいですが、一般的な視聴では全く問題はありません。
スポーツやライブ視聴等の動きの速い映像をよく視聴する人は、他社製品を購入した方が良いでしょう。

本機のライバルは超売れ筋のレグザ 42Z1ですが、Z1に全く遜色ない性能を持っていると思います。
こんなに引き離されてしまっているのは、ブランド力が低い故でしょうか・・・。

Z1は発色が全体に白っぽく、かつ白色は青白いため冷たい印象の画質だと感じました。
本機は発色に不自然さがなくそれでいて鮮やかな発色、Z1との比較において一番の決め手となりました。

明るいことは良いことだ。

PowerShot-S90


キヤノン
PowerShot S90

を購入して早2ヶ月を経過しました。




旅行や忘年会、イルミネーションなどいろいろなシーンで撮影してみてのレビューを書いておきます。


S90を一言で現すと、最強初心者コンパクトデジカメであると言えます。

撮影シーンを選ばないため、カメラ任せでパシャパシャ撮影することができます。


そんなS90の最大の特徴は、【暗さに強い】こと。
IMG_0007
撮影場所:旅館 うめ丸

暗闇はコンパクトデジカメの最大の弱点ですから、暗さに強いというのは画期的です。

・高感度耐性の強いCCD
・F2.0の明るいレンズ

のおかげで、暗めの旅館部屋を手ぶれを気にすることなく、雰囲気のある写真に仕上げてくれます。

最近はソニーのWX1をはじめ、高感度に強い撮像素子を搭載した製品が増えていますが、レンズも明るいという機種はあまりありません。

レンズの明るさなんて、普通の人はあまり気にしない項目です。

しかし、宴会やイルミネーションを普通のデジカメで撮影すると、シャッター速度が1/8くらいになることは結構多いです。
シャッター速度1/8は、今現在の手ぶれ補正機能では補正することが難しく、手ぶれ写真となってしまいます。

しかし、S90であれば、シャッター速度1/15で撮影することができます。
1/15だと手ぶれ補正で補正できるので、撮影することができるのです。

手ぶれ補正も優秀で、クラストップレベルの4段分の補正ができます。

写真が撮れるか撮れないか、この差はとてつもなく大きい。

デジカメ初心者ほど、暗さに強いS90には助けられることは多いでしょう。


もう1つ良いモノがコントローラーリング
cont-ring


ISO感度設定や露出補正を簡単に変更することができるため、撮影に集中することができます。
この機能は今後も引き継いで欲しいですね。

まあ、これはデジカメ初心者にはどうでもいい機能ですが。。。

続きを読む
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ