成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


ペッパーフード

いきなり!ステーキ 出店状況(26.12.8)

ikinari_banner


いきなり!ステーキの出店が加速しているので、忘備録として出店状況を記録していくことにします。

備忘録的な使い方こそブログらしいかな、と。


いきなり!ステーキの出店情報がアップデートされたので追記します。
※追記箇所は太字にしています。


いきなり!ステーキ ショップリストより


■26.12.8現在判明分

1号店  銀座4丁目店  45席  2013.12.5
2号店  銀座6丁目店  24席  2014.1.25
3号店  吾妻橋店    20席  2014.4.1
4号店  渋谷桜丘店   30席  2014.6.17
5号店  神田南口店   42席  2014.7.2
6号店  六本木店    34席  2014.7.15
7号店  プレナ幕張店  41席  2014.7.30
8号店  赤坂通り店   36席  2014.8.5
9号店  吉祥寺店    20席  2014.8.12
10号店 新橋店     30席  2014.8.20
11号店 新宿西口店   30席  2014.8.27
12号店 錦糸町     34席  2014.9.3
13号店 池袋東口店   30席  2014.9.30
14号店 池袋南口店   42席  2014.10.16
15号店 市ヶ谷店    27席  2014.10.22
16号店 法善寺店    41席  2014.10.29
17号店 秋葉原万世橋店 24席  2014.10.30
18号店 渋谷センター街店  39席   2014.11.5
19号店 大門店     40席   2014.11.15
20号店 小川町店    32席  2014.11.18
21号店 神保町店    27席  2014.11.27
22号店 高田馬場店   32席  2014.12.3
23号店 池袋西口店    45席  2014.12.4
24号店 越谷レイクタウン店   2014.12.5
25号店 アメリカ村店 FC     2014.12.10
26号店 難波府立体育館前店 FC 2014.12.11
27号店 南行徳店        2014.12.17
28号店 浅草雷門店       2014.12.19
29号店 蒲田店         2014.12.25
30号店 虎ノ門店        2014.12.29



続きを読む

【銘柄分析】3053ペッパーフードサービス(その2)

【銘柄分析】3053ペッパーフードサービス(その1) の続きです。


その1では、立ち食いステーキという新業態は、これまでと全然違う高い収益力を持っていることを確認しました。

今回は、いきなり!ステーキが実際の業績に及ぼす影響を検証してみます。


これまでのペッパーは不祥事による売上不振から立て直す必要があったことから、ひたすら縮小均衡のループに囚われていました。
pepper1

売上の推移みると、不採算店を縮小して必死に黒字を維持しようと努力を行っていたことが伺えます。

しかし、今期予想売上は前期比で+33%と高成長
大量新規出店というこれまでとは真逆の思い切った戦略変更を行います。

この大量新規出店を支えるのが、いきなり!ステーキです。

年内30店舗出店へプロジェクト発足

いきなり!ステーキの期初の計画では、今期10店の出店計画でしたが、
いきなり!30店舗出店
と相成りました。


続きを読む

【銘柄分析】3053ペッパーフードサービス(その1)

peper3


今回の銘柄分析はステーキのファストフード店「ペッパーランチ」を主力とする
3053ペッパーフードサービス
のご紹介です。
いろんな意味で聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?


peper4
この会社、株価チャートが示すとおり業績はさっぱりです。

なんと言っても、上場して1年も経たないうちに不祥事を起こします。
平成19年5月 大阪心斎橋店店長 逮捕監禁致傷・強盗強姦

さらに、その2年後にはこんなことも。
平成21年8月 16店でO-157による食中毒 


pepper1

不祥事をどんどん起こすものだから、業績は赤字赤字の連続でした。
自己資本比率は数%にまで落ち込み、債務超過寸前まで追い込まれています。
しかし、23年12月期よりなんとか黒字転換し、倒産は免れました。

とはいえ、黒字転換後も収益は大して向上せず、低空飛行を続けています。

普通であれば、こんな銘柄は見向きもしないところですが、今回、私は注目したのは26年12月期予想一番最初に掲載した写真です。

・過去4年間、売り上げは50億円台で推移していたのに、今期予想はいきなり75億円にも増えている。
・しかも、写真を見ると行列ができている。


これは何故なんでしょうか?


続きを読む
livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン