成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


銘柄分析

【銘柄分析】2196エスクリ

新興ウエディング企業のエスクリの銘柄分析です。
都市部を基盤とし、駅ビル・駅チカへの出店で成長しています。


ウエディング業界は少子高齢化の影響をもろに受ける業界なので、市場は縮小傾向にあります。

上場しているウエディング企業はハウスウエディングを主力にしている会社がほとんどです。
ウエディングには、
・ハウスウエディング
・ホテルウエディング
・レストランウエディング
・海外ウエディング
・専門式場
といった形態があります。
ホテル経営には莫大な設備投資が必要、レストランウエディングは利益率が低い、といった欠点があり、また、ホテルやレストランはウエディングが本業でもないため、ハウスウエディングを主力に据える傾向にあります。


ハウスウエディングの成長限界は500億円
HW
ハウスウエディングは同業各社の動向を見る限り500億円程度が成長限界と思われます。
表は各社の売り上げ一覧表です。
これを見ると、400億円を超える辺りから成長が鈍化していることが分かります。

理由はいくつかあると考えています。

1.収益力の高い都市部への出店余地がなくなってしまう。
  リーディングカンパニーであったT&Gは、売上500億円超を目指して果敢に地方(田舎)への出店に挑戦しましたが、結果は散々なものでした。
  過疎化の進む地方で高単価のハウスウエディングは難しいのです。
  この結果を見たベストブライダルは地方への出店を行っていません。


2.口コミ(友達紹介)が通用しない。
  最近、俺のフレンチという飲食店が流行っているようです。
  AKI「昨日、最近オープンした俺のフレンチってとこに行ったんだけど、安くてめっちゃ美味しかったよ。しかもフレンチなのに立ち食いなんだよ!」
  京子「何それ、面白そう、私も行きたい!」
  AKI「じゃあ、今日晩御飯食べに行こうか。」


  口コミでの広がり、というと王道ですが、ことウエディング業界ではこれが通用しません。
  AKI「今日の結婚式良かったね〜。式場も綺麗だし料理も美味しいし。」
  京子「私、あの式場気にいっちゃった、私もあの式場で結婚式する!」
  AKI「えっ、同じ式場にするの・・・?」


  皆さんは友達と同じ結婚式場で披露宴ってしましたか?
  共通の友達同士で式場が被ったことはありますか?
  私は同じ式場になったという経験はありませんし、○○君と同じ式場だったね、なんて言われるのは絶対に嫌です。
  
  良い式場だったとしてもリピートはありませんし、口コミでの広がりはなく、むしろ友達が使った式場は敬遠される傾向にあります。


3.多様性が求められている
  結婚式にオリジナリティが求められているため、結婚式場にも多様性が求められています。
  エスクリの資料に、ファミレスのように大手独占が起きていない、とありますが、これは消費者がそんなことを望んでいないからです。
  【私はエスクリ!あなたもエスクリ!!みんなエスクリ!!!】
とはならないのがウエディング業界の特徴なのです。


4.真似をするのが簡単
  ウエディングは真似をするのが簡単な業態です。
  建物などのハードはもちろんのこと、ソフト面でも同様です。
  例えば、商品の1つに「サプライズ」というものがあります。ウエディング業が今世紀に生み出した最大のヒット商品です。
  これを最初に考え出した人は天才でしょう。T&Gが大きく成長できたのは、同業他社にはなかった「サプライズ」をいち早く取り入れたからです。
  しかし、今はどこの式場でもサプライズは普通に行われています。むしろ、サプライズがないことがサプライズ(笑)みたいな状況です。


ウエディング企業の成長ストーリーも各社似ています。
エスクリp26ベストブライダルp14T&Gp14の決算説明会資料をご覧になって下さい。

3大都市圏に出店→地方主要都市に出店→ホテル・レストランウエディングへ多角化→海外へ進出

各社この王道ストーリーで統一されています。
ちなみに、この方程式を見つけたのはT&Gですが、これを見つけるのにT&Gはかなりの失敗をしています。
というか、T&Gがやって上手くいったものだけを取り入れたのが、ベストブライダルであり、エスクリなんです。


続きを読む

業種別PER・PBR

東証のホームページには業種別のPER・PBRを記載したページがあります。

これを見ると、その業種の割安度、割高度が一発でわかるので何かと便利です。

卸売業銀行業が安いです。
26 卸売業:PER9.8、PBR0.9
27 小売業:PER22.8、PBR1.6
28 銀行業:PER10.4、PBR0.7

卸売と銀行の間にある小売は結構買われています。
どうりで最近、小売に割安銘柄が少ないわけだ!

ちなみに約1年前の2012年10月末は、
26 卸売業:PER10.1、PBR0.6
27 小売業:PER19.5、PBR1.1
28 銀行業:PER11.5、PBR0.4
でした。


そして、世の中は便利になっていて、業種別のETFがラインナップされていることを最近知りました。
TOPIX17シリーズ

私は銀行が割安だと思っていて、銀行のみずほFGに投資をしていますが、みずほちゃんはいろいろ問題も起こすので、それなら銀行ETFでもいいのではないか、と思うようになっています。
私の中で、みずほでないとダメ、という理由もないので。

GMOクリック証券の銘柄分析

本日、GMOクリック証券の口座開設が完了して使えるようになりました。

SBI証券と違い、ホームページはシンプルで使いやすそうです。
さっそく目当てのシェアーズ銘柄分析を使ってみました。

私の保有銘柄は↓のようなこんな感じ。

2169 CDS フェアバリュー 株価980円
3064 MonotaRO +372% 株価2790円
3376 オンリー −52% 株価70100円
3834 朝日ネット −35% 株価449円
4290 プレステージ・インターナショナル −50% 株価831円
4653 ダイオーズ −25% 株価545円
5614 川金ホールディングス フェアバリュー 株価309円
6061 ユニバーサル園芸社 −60% 株価1933円
7261 マツダ 割高 株価217円
7605 フジ・コーポレーション −27% 株価1728円
7839 SHOEI +49% 株価504円
8515 アイフル +449% 株価597円
8895 アーネストワン −47% 株価1601円
8907 フージャースコーポレーション −34% 株価70600円
9449 GMOインターネット −26% 株価585円

ポートフォリオ1位のアイフル、2位のSHOEIが共にプラス評価で割高という判定です・・・。
アイフルはV字回復、SHOEIはこれからの業績回復期待ということで、まだ分析で考慮されていないと信じたい(笑)

保有銘柄で一番割安なのはユニバーサル園芸社でした。

MonotaROは割高だと思っていましたが、やっぱり割高でしたね。
売り時を考える必要がありそうです。

今年1年の業績&株価変動でこの評価がどう変わるのか、年末に再チェックしたいと考えてブログに残すことにしました。




GMOクリック証券 申し込み

GMOクリック証券の口座を開設することにしました。

シェアーズの銘柄分析が無料で使えるということを知り、「これは口座開設するしかないだろ!」、となりました。

売買手数料がSBI証券より安いというのも驚きです。
ずっとSBI証券が業界最安値だと思っていました・・・。

調べてみると、SBIはGMOクリック証券をライバル視していて、危機感を持っているようです。
SBIグループの北尾CEOがGMOクリック証券に特別警戒しているまとめ

昨日、SBIホールディングスを購入したけど、GMOインターネット(GMOクリック証券の親会社)も少し買っておこうかな。

GMOクリック証券では投資信託の取り扱いがなく、最初の証券口座とするには難がありそうですが、日本株の取引に関しては充実しているように感じられるので、口座開設後に使用感を確認することにします。




続きを読む

ジェイアイエヌの既存店月次

保有銘柄で1つ気を吐いているジェイアイエヌ

既存店売上の大幅伸長が株価上昇の要因となっています。


今期の既存店売上月次
21.09・・・133.5
21.10・・・151.1
21.11・・・136.1



今期の月次は+30%超とこの不況下にあって大好調と言える数字です。
しかし、月次は10月が大きく伸ましたが、直近の11月は下がっています。
この月次をどう判断するべきかが重要になっています。
早くも息切れか?
それともこれからも高成長が続くのか?



月次は前年との比較ですから、過去の月次動向を確認しなければ、好不調の判断はできません。


というわけで、月次動向の推移を確認してみましょう!


続きを読む

SHOEIの危機

いま、三橋貴明氏の新刊「ジパング再来 大恐慌に一人勝ちする日本」を読んでいます。

この中に、ヨーロッパのサブプライム問題の深刻さが描かれています。

ヨーロッパは、アメリカが販売したサブプライムローンをはじめとする資産担保証券(ABS)7割超を購入していると想定されている、資産担保証券大好き地域です。
サブプライム問題の発端がフランスのBNPパリバであったことが象徴的ですね。


この購入資金は主に対外債務により賄っており、その金額は巨額なものとなっています。

■対外債務対GDP比率(2008年)
ルクセンブルク:1976%
アイルランド : 876%
アイスランド : 506%
イギリス   : 402%
ベルギー   : 321%
オランダ   : 309%
アメリカ   :  96%
日 本    :  42%

ルクセンブルクの約20倍というのは物凄い数字で、日本で例えるならば1.1京円という天文学的な借金になります。

・アイスランドはデフォルト
・イギリスは220兆円を公的資金として銀行に投入
・ドイツの不良債権見積額は110兆円
日本のバブル崩壊時の公的資金投入は42兆円であることを考えると、散々たるありさまであることが分かります。


ヨーロッパのサブプライムローン損失額はユーロ加盟国が発表していないため、全体像は定かではありません。

しかし、アイスランド、イギリスの例を参考にすると、ヨーロッパ全体において日本のバブル崩壊以上の爆弾が待っている可能性が高いと想像されます。


こうなってくると、ヨーロッパが売上の過半を占めるSHOEIの業績には、不安を感じざるを得ません。

SHOEIの売上(P3)を確認すると、
国内:2,005 → 1,746(-12.9%)
欧州:6,553 → 3,997(-39.0%)
北米:2,065 → 1,875(-9.2%)
となっています。

主力である欧州の落ち込みが顕著ですが、サブプライム爆弾がまだ爆発していない段階でこの落ち込みですから、爆発した後はどうなるのか予測が全くつきません。


SHOEI以外にも、ヨーロッパを主戦場としている企業(例:ローランドDG)に対しての投資は慎重に行う必要がありそうです。

【売買ノート】 ユー・エム・シー・ジャパン 購入

半導体受託製造を生業とする台湾のUMC社の子会社、ユー・エム・シー・ジャパンを購入しました。


業績は4期連続赤字予定と悲惨な会社ですが、PBRがものすごく低く、資本政策に見るべきところがあるため、購入に踏み切りました。

■割安指標
予想PER 赤字
PBR 0.19倍
配当利回り なし

個人的にはこの会社、結構な成長株であるとの認識です。


【売買ノート】
銘柄名 ユー・エム・シー・ジャパン
株 数 100株
価 格 8,600円
購入日 20.9.30
理 由 PBRと資本政策に惹かれて。
撤 退 営業CFの赤字

続きを読む

レイコフの問題点

不動産流動化銘柄のレイコフが破綻した問題ですが、角山さんが上手に説明してくれているので紹介しておきます。

レイコフのバランスシート(2008年3月22日)


レイコフに投資をする上で一番の注目点は、B/Sの【販売用不動産】という勘定科目でした。


この販売用不動産という科目には、仕入れたばかりの不動産もあれば、全然売れなくて売れ残っている不動産も入ります。

不動産会社は不動産を仕入れて販売することを目的としている以上、仕入れたての不動産がいっぱいあるということは良いことです。

販売用不動産が多い=悪というふうに決めつけるのはナンセンスだと思います。


問題になるのは、売れない物件を多く抱えた販売用不動産です。


レイコフは販売用不動産が急増していますが、買ったものの物件が売れなくて在庫を抱え込んでしまったことが倒産の要因です。


しかし、今だからこそ販売用不動産の急増が在庫の抱え込みだと言えますが、これは業績の悪化が見えてこないとわからないことでもあります。

仕入れと売れ残りを1つの勘定科目に入れられては、一般の投資家にはそれが良いことが悪いことかわからないのです。



今回のレイコフのような問題はどう回避するどうすれば良いのでしょうか?

続きを読む

マンション着工件数

改正建築基準法の影響で住宅着工件数が激減していますが、フージャースが事業展開している関東圏について調べてみました。

住宅着工件数も都道府県や建築物(戸建て、マンション)の違いによって、状況は違うと思うので、単純に全国平均を見ていれば良い、というものでもないでしょう。


mancya




フージャースの主力地域である千葉、埼玉、茨城、東京のマンション着工件数の状況
・19年7月頃からマンション落ち込み始める。
・19年8月〜10月までが最悪期
・20年1月は東京については回復傾向、他は以前弱含み


マンション着工件数は弱含みが続いていますが、供給ほどに需要は落ち込んでいないと予想できるので、着工できたところは来期、再来期あたりの販売に好材料と言えるでしょう。

フージャースについては、1物件が200戸超と大規模化(長工期化)しているので、来期分については建築基準法改正前に着工済み。

再来期分については、対策を講じて早めの申請を行えば間に合いますから、改正建築基準法の影響を回避することができそうです。


小規模物件中心のデベロッパーは苦戦が予想され、その分大規模物件を手がけるデベロッパーには追い風が吹きそうですね。

【売買ノート】 フージャースコーポレーション 購入

フージャースコーポレーションを打診買いしてみました。


フージャースは逆日歩がついているようなので、一度それを体験してみたいというのが主な購入動機です(笑)

おまけとしては、
・今期物件の販売は概ね好調
・来期もグランドホライゾン トーキョーベイの販売代理受託などにより、販売物件減少の影響がある程度抑えられそう。
という状況も購入を後押ししました。

逆日歩がなくなったら現引きする予定


指標は
予想PER3.6倍
PBR0.86倍
配当利回り4.0%
とマンデベらしい水準となっています。


【売買ノート】
銘柄名 フージャースコーポレーション
株 数 1株
価 格 37,000円
購入日 20.2.22
理 由 逆日歩と思ったより悪くない販売状況に惹かれて。
撤 退 販売状況が悪くなったら。

続きを読む
livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン