成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


ZAI

ダイヤモンド ZAi 2007年 10月号

定期購読をしているダイヤモンド ZAi 2007年 10月号が届きました。


今号は個人投資家特集ということで、
株、FX、不動産のそれぞれで億万長者になっている方が紹介されています。
KAPPAさんが久々に雑誌の登場されています。
おっ、持ち株の中ではCHINTAIが紹介されています。

不動産で紹介されている方の話を見ると、アパート経営もサービス業の1つなんだな、と思わされますね。
心せねば!

あとはジェイコム男ことBNFさんの資産が175億円になっていたり、うり坊さんの資産は1500万円に激減していることなんかも知りました。
175億円ってもう尊敬を通り越して呆れてしまうです。

他の特集では、業績の進捗率を見ながら投資を行う方法が紹介されています。
上方修正しそうな銘柄を追いかけていく投資法ですね。
これは私も今行っているところですが、今のようななんでも売られてしまう相場環境であれば、投資をしやすい方法であると思います。

続きを読む

ZAi 2007年 08月号

ZAi 2007年 08月号が届いたので早速見てみましたが、今回は海外株特集がメインのようです。
2007年 06月号の海外株特集が好調だったからもう一度、ということなんでしょうか?


毎月5万円の積立で30年後に5000万円を目指そう!という企画は、なかなか良心的ですね。
インデックス投資で年率6%を目指すというものです。
5000万円の資産を年率6%運用できれば、月20万円ずつお金を下ろしても資産は増えていきます。
5000万円は投資家にとって重要な金額だと言えますね。


マネックスの内藤さんのアセットアロケーション講義もあります。
イボットソンからの引用データが掲載されているんですが、興味深いのはアセットクラス別のリターンでしょうか?
■期待リターン
 日本株式  7%
 日本債券  1%
 外国株式  8%
 外国債券  4%
 流動性資産 0%
 その他資産 4%

となっています。
日本株式の期待リターンは結構高いな、という印象です。


今回は海外投資カタログなる別冊までついています。
国別にETF、ADR、投資信託がまとめられているので、なかなか便利です。
まあ、ベトナムにノーロードファンドは入っていませんでしたけど(笑)


日本株の特集では、7人のアナリストが選ぶ20万円以下で買える株40銘柄が紹介されています。
げっ!!タビオが載ってる・・・。
個人的な注目はCHINTAIですかね。
CHINTAIは資産バリュー投資家として有名な、たーちゃんさんが保有されている銘柄です。高PBR銘柄の嫌いなたーちゃんさんが、PBR3倍超の銘柄を保有しているのは驚きですから。

ZAi 2007年 04月号 はオススメ

今月号のZAiはすごく面白い内容になっています。


ダメ投資家でも勝てる投資法大公開!という特集記事があり、5つの投資法が紹介されていますが、
3番目の低PBRのまとめ買いだけで3年間で最大12倍の高リターンも!
という投資法には驚きました。

いくつかの投資条件が紹介されていますが、例えば
ROA6%以上の低PBR銘柄を年末に買って1年間保有した時のパフォーマンスは、
過去8年間の平均リターン120%、最大リターン165%(2005年)、最小リターン65%(2006年)
という結果になります。

こんな簡単な投資法で年利120%で運用できてしまうとは・・・。


ちなみにマネックス証券でスクリーニングをしてみたところ、
1位 カワサキ(3045) PBR0.73倍 ROA7.86倍
2位 秀栄予備校(4678) PBR0.83倍 ROA6.08倍
3位 中央紙器工業(3952) PBR0.84倍 ROA6.08倍
となっていました。
3位の銘柄は初めて聞く名前です。1位のカワサキはアナリストレポートjpでも割安と紹介されていた銘柄ですね。

ダイヤモンド ZAi 2007年 03月号

定期購読をしているダイヤモンド ZAi 2007年 03月号が届きました。
発売日は20日ですが、定期購読だと1〜2日ほど早く見ることができます。


今号は確定申告特集号といった感じなので、それ以外に大きな特集はありません。しかし、今回は小粒なネタがなかなか内容が濃いのではないかと思います。


1.さわかみ流長期投資の心!(P94)
長期投資とは、
・ガンバッテもらわなくてはと思えるような企業
に投資をすること。
・目先の数字に振り回されてしまうのは避けるべき。
・現在の業績数字や財務諸表で割高・割安を判断するのはナンセンス

である。
バリュー投資家は短・中期投資家に分類されるのでしょう。

2.上方修正期待銘柄を2月に仕込め(P14)
中間決算の業績が良く、通期での上方修正が期待できる銘柄を60銘柄ほど紹介してくれています。じっくり見てみたいですね。

3.セキララ投資家日記(P112)
ネオニート投資家の矢野さんが紹介されています。ゴミ部屋+地デジ大型テレビ+エオ本=1億円という投資家です。


あとはP104の理恵子ちゃんですね。相変わらずカワイイ。


ちなみに来月号の予告は、株主優待がメインになるかと思っていたのですが、
・外国人投資家が狙う株
・バブル経済の構造と力!
・不動産株&リート大研究

と本格的な内容がそろっています。
最後については、単なる不動産業を超えた新不動産産業のオモシロ会社をドンドン紹介します!、とのことなのでどんな記事になるのか楽しみです。

続きを読む

ダイヤモンド ZAi 2007年 01月号

定期購読しているダイヤモンド ZAi 2007年 01月号 が届きました。

株式投資をしているブロガーの中でも、私のようにZAiを楽しみにしているブロガーはほとんどいないんでしょうね。
面白い本だと思うんだけどなぁ・・・。
というわけで、たまにはZAiの話題でも。


はせきょうネタを書く私ですが、いつもZAiを読んでいて可愛いなぁと思う子が1人います。誰かというとカブコムファン(笑)の原恵理子ちゃんです。はせきょうとはだいぶんタイプが違いますが、これはこれで好みのタイプ。

カブコムファンですから、カブドットコム証券の記事風広告に登場するんですが、今回の広告には衝撃を受けました!!

なんと広告にDAIBOUCHOUさんが一緒に登場しているではないですか!!!(驚)
これは恵理子ちゃんと一緒に撮影したってことですよね。
どう考えても・・・。

しかもしかも!恵理子ちゃんがDAIBOUCHOUさんの胸(肩?)に手を当てているカットまで。。。

いいなぁ。ずるいなぁ。
なんか腹立つなぁ(笑)


やっぱ億万長者でないと人生楽しくならない。
頑張ろうと心に誓ったAKIなのでした。

続きを読む

ダイヤモンド ZAi 10月号

久々のダイヤモンドZAIネタです。


ZAI10月号を読んで目に留まったのは3点でした。


1つ目は、シストレ斉藤さん(P27)

私がバーチャル売買している逆張り手法ですが、斉藤さんによると
「今年のようなだら下がりの状態では、この手法は株価がリバウンドする前に時間切れとなって損切りとなってしまう。」
そうで、今年前半はドローダウンしてしまうとのことorz

斉藤さんは、
・暴落時に買う
・剥離率の大きな株や低位株を買う
などして、資金の投入量をメリハリをつけることで、確実に勝つことを目指しているそうです。

この辺はバックテストができる斉藤さんだからこそできる対処法です。
シストレはやっぱりバックテストができないと難しい投資法なんでしょう。


2つ目は中国株情報(P60)

金衛医療科術(8180:HK)という会社が、GEM市場から香港のメインボードと米国ナスダックへの上場を目指しているらしいです。
市場鞍替えの際に、企業によるTOBが行われることがあるらしく、その場合は市場価格より高い値段でTOBをするために儲かることが多いそうです。
金衛医療科術について私は全く知りませんが、PER11.9倍、PBR1.3倍となかなかのバリューっぷり。
相互リンク先の医師が株式投資の心理学をまったりと語るブログさんも保有しているので、あとでどういう会社なのか調べてみようかと思います。


最後は澤上さんのコラム(P146)

さわかみファンドは【お金持ちの投資法】を実践しているファンドとのこと。
確かに、さわかみファンドはファンに支えられているファンドなので、基準価格が下がってもどんどん資金が流入してきます。安いところでどんどん買い増すことができるので、負けにくい投資法と言えるのかもしれません。

さわかみファンドの現金比率は設定来最低水準になっています。今年前半の下落時にたっぷり買い込んだようです。株数が増えているので株価が上昇に転じれば、アクセル全開で上昇していくんでしょう。今はさわかみファンドの絶好の買い場なのかもしれません。


■PS
東大卒医師が教える科学的「株」投資術
兼業「大家さん」黒字経営マニュアル

の2冊を購入しました。

東大卒・・・の方はいろいろな投資家さんが絶賛されているので、今から読むのが楽しみです。バリュー投資を統計学から見た本のようです。
兼業「大家さん」・・・の方は不動産投資の勉強をするなら藤山さんの本から入るのが良いと聞いたので購入しました。私自身は不動産投資は一切していませんが、我が家は不動産投資をそれなりにしているので、ある意味一番必要な知識は不動産投資なんですよね。

ダイヤモンド ZAi 2月号

定期購読をしているダイヤモンド ZAi 2月号が届きました。


2月号の第1特集は、
05年日本株で
大儲けした投資家vs大損した投資家

です。


大儲けした投資家として、
・DAIBOUCHOUさん
・斉藤正章さん
・JAYさん
・ひろっぴさん

4名が紹介されています。


トップバッターのDAIBOUCHOUさんは、
取材にアイドルのリリアンさんが来たみたいで、
デレデレの写真は掲載されています(笑)
取材当時は6億5千万円の資産ですが、
現在は8億円となっているようです。
10億円が目の前ですね。

頑張って目標の4兆円を達成して欲しいものです。
DAIさんが4兆円になれば、
私も1億円くらいにはなっていると思うんですよ(笑)

まだまだ買える銘柄として、
パシフィックマネジメントアーバンコーポレイション
の2銘柄が紹介されています。


2番手は斉藤正章さん。
この人は新手の投資家ですね。
本業がシステムエンジニア(SE)ということで、
自分で開発したプログラムでシステム売買をされています。

過去22年の全銘柄のデータ分析から、
売買タイミングを見つけ投資されています。
機関投資家やヘッジファンドには、
こういうシステム投資を行っているところありますが、
個人ではあまりいないでしょうね。
私が購入したイーバンクのヘッジファンドは、
このタイプの商品です。
SEならではの投資法です。

2年4ヶ月で200万円→6100万円という、
素晴らしい戦績をお持ちです。

投資法のデータ成績は、
勝率:82.2%、平均損益:10万2452円、平均保有期間:23.9日
となっています。

どういう投資法なのかは、ZAiを買って読んでみて下さい。

1つ疑問に思うのは、
こういうテクニカル的な投資法は、
真似をされると機能しなくなるように思います。
世間に紹介して大丈夫なんでしょうか?

続きを読む

ZAI1月号

定期購読をしているダイヤモンド ZAi 1月号が届いたので、
久々に内容紹介をしたいと思います。

1月号の目玉は株主優待
最初にレポーターによる突撃取材ということで、
ファンケル、ネクストジャパン、バルス、スタジオアリス
の各お店で優待を実際に使用しています。
優待がどんな風に使えるのかリアルにわかって、
なかなか良い企画だと思います。

私が気になったのは、バルス

レポーターの女の子が可愛いんですよ(笑)
読者代表のカワイさんという人なんですが、
ZAI1月号で一番気になった記事です(爆)

フランフランという雑貨屋?をしているそうですが、
そんなお店があるなんて知らなかったなぁ(汗)
これだから田舎者は・・・。

バルスの株価を見ると、この1年でものすごーく上がってます。
買っておいたら良かった・・・。

1年前の四季報を見てみると、既存店が苦戦していたようです。
今は絶好調なようなので、V字回復銘柄と呼べるんでしょうか。

ここの優待は1万円分の優待券なんですが、
6月くらいまでなら17万円で買えてました。
優待利回りがかなり良かったので、
購入していた人も多いのではないでしょうか。


優待新設で物議をかもしだしたアールビバンですが、
一覧表の中にひっそりと掲載されています。
ヤフー掲示板ではZAIはかなりの話題になっているようですね。

続きを読む

「ZAI割安株ファンド」組み直し

1/22にZAi3月号理論株価を元に組成したZAI割安株ファンドですが、2/18書いたようにZAi4月号からは理論株価の算定法が大きく変わってしまいました。
比較すると理論株価が大きく変化している銘柄が多く、継続性についてはもはやない状態になっています。

そこで、ZAi4月号を元にした新ZAI割安株ファンドを組成する事にしました。
運用法は以前と同じように、
〕論株価上昇余力ランキング上位30銘柄による組み入れとする。
.侫.鵐瀬瓮鵐織襪竜涎磴憤化による場合を除き、長期投資で臨む。
⇒益確定・損失確定は理論株価に達した時点で行う。
M論株価と株価の開きが100%以上ない場合は、ベスト30銘柄に入っていたとしても組み入れは行わない。
ぅ戰鵐船沺璽にはTOPIX及びジャスダックインデックスを用いる。
でいきます。

今回の場合、上昇余力が100%以上ある銘柄は上位18銘柄となっています。ファンドの運用方針に沿うと組成は18銘柄となりますが、新規設立という事で今回に限りきりのいい上位20銘柄(上昇余力は95%以上)で組成します。

新ZAI割安株ファンドの構成銘柄はこちら

なお旧ZAI割安株ファンドの成績は2/25現在で、
ZAI割安株ファンド:+10.39%
TOPIX:+3.10%
ジャスダックインデックス:+0.21%
と好調に推移していただけに残念です。

ZAI割安株ファンド@運用成績(2/4)

ZAI割安株ファンドの2/4現在の運用成績です。

ZAI割安株ファンド:+4.17%
TOPIX:+1.18%
ジャスダックインデックス:+1.12%

インデックスに勝っています。

値上がり率トップは、割安度1位の高松建設で+21.64%
値下がり率トップは、割安度14位のソーテックで−9.38%

勝率は20勝10敗の.666です。
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン