成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


運用成績

AKI成長株ファンド月次報告(17年1月)

2017年1月の運用成績を報告いたします。




【29.1運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+8.8%
  年 次:+8.8%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.5%
  年 次:+0.5%

ウ.総合成績
  月 次:+8.1%
  年 次:+8.1%


エ.TOPIX
  月 次:+0.2%
  年 次:+0.2%




2.概 況

1月はトランプ相場には一服感も見られるものの、小型株を中心に好調な相場が続きました。
ポートフォリオも堅調に推移し、昨年12月に引き続き2か月連続でTOPIXも上回る運用成績を収めることができました。

トランプ相場が始まってから、強い銘柄と弱い銘柄が明確に分かれる傾向にあるため、株価の弱い銘柄を売り強い銘柄を買う方向でポートフォリオを組み直しました。

個別銘柄では、主力銘柄のユニバーサルエンターテインメントや相模ゴム工業、新規に組み入れたG−7ホールディングスなどが堅調に推移しました。
一方でユニバーサル園芸社、ゲンキーといった銘柄は伸び悩みました。

主力級の銘柄では、ゲンキー1月に上方修正を発表したものの株価の伸びが鈍いため、今後は売却も含めテコ入れを検討していきます。




3.売 買

新規購入:G−7ホールディングス、ブロードリーフ、はるやまホールディングス、M&Aキャピタルパートナーズ
買い増し:相模ゴム工業
一部売却:ユニバーサル園芸社、KeePer技研、フージャースホールディングス
完全売却:テイクアンドギヴ・ニーズ、M&Aキャピタルパートナーズ

新規にG−7ホールディングスを購入しました。
割安度が高いわりに業績も好調さが見込めることから新規に組み込みました。

また、保有銘柄である相模ゴム工業を買い増しています。

一方、業績に不安があり株価も低迷しているユニバーサル園芸社を半分売却
先月買ったフージャース、テイクアンドギヴ・ニーズ、KeePer技研などを売却し、購入資金としました。

ブロードリーフとはるやまホールディングスは優待目的で1単位購入
M&Aキャピタルパートナーズは一泊二日の短期トレードをしています。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
2位 5194 相模ゴム工業
3位 2388 ウェッジホールディングス
4位 2772 ゲンキー
5位 4345 シーティーエス

先月とTOP5の顔ぶれは変わっていませんが、順位には変動があります。
買い増しをした相模ゴム工業が一時トップに浮上しましたが、月末に追い上げたユニバーサルエンターテインメントが僅差ながら1位を死守しました。




5.購入検討銘柄

5194 相模ゴム工業

2月13日に発表する3Q決算に注目しています。
業績好調で円安恩恵もあるため、EPS100円超(会社予想は60円)を期待しています。


AKI成長株ファンド月次報告(16年12月)

遅くなりましたが、ようやくマネックス証券内の口座残高が確認できましたので、2016年12月の運用成績を報告いたします。




【28.12運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+4.0%
  年 次:+17.6%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+2.5%
  年 次:−0.4%

ウ.総合成績
  月 次:+3.8%
  年 次:+15.8%


エ.TOPIX
  月 次:+3.3%
  年 次:−1.9%




2.概 況

12月は11月に引き続きトランプ相場が続き、全般に好調な相場環境で推移しました。
ポートフォリオも堅調に推移し、3か月ぶりにTOPIXも上回る運用成績を収めることができました。

個別銘柄では、主力銘柄のユニバーサルエンターテインメント、シーティーエス、ギガプライズなどが堅調に推移しました。
一方でウェッジホールディングス、相模ゴム、ユニバーサル園芸社、ゲンキーといった銘柄は伸び悩みました。
ユニバーサル園芸社は決算を受けての伸び悩みであるため、より深刻であるかもしれません。
場合によっては売却も検討します。

2016年は久しぶりに苦しい資産運用となりました。
途中では、30%以上のキャッシュポジションを持つなど、攻守のバランスをいかに取るかを腐心した1年でした。
終わってみれば+15.8%とプラスの運用成績を収めることができましたが、年々運用成績は落ちてきているので、2017年は引き上げる1年にしたいところです。




3.売 買

新規購入:テイクアンドギヴ・ニーズ、ヒロセ通商、日本アセットマーケティング、さくら総合リート投資法人 投資証券
買い増し:フージャースホールディングス、KeePer技研

新規にテイクアンドギヴ・ニーズ、ヒロセ通商、日本アセットマーケティング、さくら総合リート投資法人を組み入れました。
テイクアンドギヴ・ニーズは業績に復調の兆しが見えるわりに、株価は割安であるため購入しました。10年前の主力株を持つのは感慨深いものがありますね。

日本アセットマーケティングは、株価が100円割れの頃からいいな、と思っていましたが、押し目買いを狙ったところ押し目が全く来ず、このままでは買えなくなる恐れがあるため、購入に踏み切りました。

さくら総合リート投資法人は2017年のNISA枠で購入しました。この低金利の中、利回り7%は安いだろう、とうことで。NISAは利益が出ないとデメリットの多い制度なので、REITで手堅く利益を取りにいくことにしました。

また、保有銘柄であったフージャースホールディングス、KeePer技研を買い増しました。
フージャースとT&Gがそろい踏みですよ。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
2位 5194 相模ゴム工業
3位 4345 シーティーエス
4位 2772 ゲンキー
5位 2388 ウェッジホールディングス




5.購入検討銘柄

6425 ユニバーサルエンターテインメント

12月にオカダマニラはソフトオープンしました。
12月にライセンスが切れるため、無理やりオープンさせた面は否めませんが、どうやら2月にはグランドオープンする、という情報もあるようです。
IR法案も国会を通ったし、今期中にグランドオープンできれば、来期は楽しみなことになりそう。


AKI成長株ファンド月次報告(16年11月)

2016年11月の運用成績を報告いたします。




【28.11運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+4.2%
  年 次:+13.1%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+2.5%
  年 次:−2.9%

ウ.総合成績
  月 次:+4.1%
  年 次:+11.6%


エ.TOPIX
  月 次:+5.5%
  年 次:−5.0%




2.概 況

11月はトランプショックとその後のトランプ相場という、ある意味経験したことのないような相場環境であった1か月でした。
終わってみれば10月に引き続き好調な相場展開となり、TOPIXは+5.5%増と堅調に推移しました。
好調な相場環境に後押しを受ける形でポートフォリオも堅調に推移しましたが、TOPIXには2か月連続で劣後する結果なりました。
特に、11月はこれまでのキャッシュポジションを多めに保有する保守的運用から、キャッシュポジションを少なくして積極的に投資する方針に転換していることから、危機感を感じております。



個別銘柄では、ウェッジホールディングスやシーティーエスなどが堅調に推移しましたが、一方でユニバーサルエンターテイメント、相模ゴム、ユニバーサル園芸社といった主力銘柄が伸び悩んだことが、TOPIXに劣後する結果となった要因です。




3.売 買

新規購入:MCJ、日経平均ダブルインバース
買い増し:シーティーエス、相模ゴム工業、ゲンキー、ギガプライズ
全部売却:日経平均ダブルインバース、RVH


新規にMCJを組み入れました。
また、保有銘柄を積極的に買い増し、主力銘柄の強化をしています。
また、トランプショックに備え、日経平均ダブルインバースを購入しましたが、翌日に踏み上げを喰らってしまい、一泊二日トレードは損失に終わっています。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
2位 5194 相模ゴム工業
3位 2388 ウェッジホールディングス
4位 2772 ゲンキー
5位 4345 シーティーエス




5.購入検討銘柄

6425 ユニバーサルエンターテインメント

12月はいよいよオカダマニラのソフトオープンです。
国会でのIR法案の審議も始まりました。
ユニバ上がって。。。


AKI成長株ファンド月次報告(16年10月)

2016年10月の運用成績を報告いたします。




【28.10運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+4.5%
  年 次:+8.5%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.8%
  年 次:−5.2%

ウ.総合成績
  月 次:+4.2%
  年 次:+7.2%


エ.TOPIX
  月 次:+5.3%
  年 次:−10.0%




2.概 況

10月の相場環境は好調な展開が続き、TOPIXは+5.3%増と堅調に推移しました。好調な相場環境の後押しを受けポートフォリオも堅調に推移しましたが、TOPIXには劣後する結果となっております。
特に主力銘柄の一角である相模ゴム、ユニバーサル園芸社、新たに組み入れたゲンキーなどが堅調に推移しました。
一方、最主力銘柄であるユニバーサルエンターテイメントは伸び悩み、結果としてインデックスに劣後する主因となっております。

一方、外国株投資部門は相変わらず損失が40%に迫る水準に達しており、危機的な状態となっています。
・個別株投資からの撤退しインデックス投資に切り替える。
・外国株投資から撤退する。
など、抜本的な対策に取り組んでまいります。

最大投資銘柄はキャッシュポジションという保守的な運用を行っていることは変わりありません。
10月下旬から中間決算の発表が本格化しているため、決算チェックをしっかり行って、戦闘力の高い銘柄を保持するよう銘柄メンテナンスに取り組んでまいります。





3.売 買

新規購入:スクウェア・エニックス・ホールディングス、ゲンキー、RVH
買い増し:シーティーエス、相模ゴム工業
全部売却:六甲バター、日経レバレッジETF(ショート)、


10月も先月に引き続き、ポートフォリオのテコ入れを図るため積極的に売買を行いました。

ゲンキーの新規購入が10月の主なトピックです。

これらの銘柄を購入するために、六甲バターを売却しています。


ゲンキーは紅の鹿さん推奨、ということでパクリ投資しました。
ドラッグストア業界は堅調に推移している銘柄が多く、市場の追い風を受けていると感じます。

スクウェア・エニックス・ホールディングスは、家族がFF15が「世界的&爆発的に大ヒットする!」と言うので少し買ってみました。
儲かったら家族に美味しいものを奢る、損したら家族が土下座して謝ることになっております。

シーティーエスは9月に一部売却しましたが、買い戻しました。
株価が堅調であることが買い戻した理由です。

相模ゴム工業も株価が動意付いてきたので買い増し。
ポートフォリオ内の保有比率が10%を超え、主力銘柄ランクになりました。

RVHはキルヒアイスキーさんが、毎日のように『RVH!RVH!』とツイートするもんだから、洗脳されて?思わず買ってしました。
しかし、PTSの買いで大失敗をしてしまい、含み損をばく進中です・・・。
とりあえず、決算が出るまでは保有します。





4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 キャッシュ
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 2388 ウェッジホールディングス
6位 2772 ゲンキー


新規購入したゲンキーがいきなりの6位ランクインです。
先月5位であった3830 ギガプライズはランク外となっていますが、保有株数に変化はなく僅差の7位に付けています。




5.購入検討銘柄

6425 ユニバーサルエンターテインメント

11月はユニバの季節がやってくるはず。
『通期上方修正期待』
『フィリピンのカジノ開業』
『IR法案の国会審議』
などなど材料には事欠かないので、株価が動意付けばキャッシュポジションを投入し今年最大の勝負をかける予定です。


AKI成長株ファンド月次報告(16年9月)

2016年9月の運用成績を報告いたします。




【28.9運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+0.3%
  年 次:+3.8%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.2%
  年 次:−5.9%

ウ.総合成績
  月 次:+0.2%
  年 次:+2.8%


エ.TOPIX
  月 次:ー0.5%
  年 次:−14.5%




2.概 況

9月のTOPIXは微減となりましたが、ポートフォリオは微増ながらなんとかプラスの投資成績を収めることができました。
主力のユニバーサルエンターテイメントや相模ゴムは軟調であったものの、9月初旬に組み入れたウェッジホールディングスが好調に推移しポートフォリオを支えました。

一方、外国株投資部門は損失が40%に迫る水準に達しており、危機的な状態となっています。
株価の下落と円高というダブルパンチを喰らっております。
やはり、銘柄分析が十分にできないことは、大きなハンデになりますね。
・個別株投資からの撤退しインデックス投資に切り替える。
・外国株投資から撤退する。
など、抜本的な対策に取り組んでまいります。

最大投資銘柄はキャッシュポジションという保守的な運用を行っていることは変わりありません。
10月は中間決算の発表が始まる月であり、決算チェックをしっかり行って、戦闘力の高い銘柄を保持するよう銘柄メンテナンスに取り組んでまいります。





3.売 買

新規購入:ウェッジホールディングス、RIZAPグループ、日経レバレッジETF(ショート)、六甲バター、ファーマフーズ、サムティ
買い増し:ユニバーサルエンターテイメント、ギガプライズ
全部売却:オリックス、ヒューマンホールディングス、RIZAPグループ、ファーマフーズ
一部売却:フジ・コーポレーション、グリーンクロス、シーティーエス



9月も先月に引き続き、ポートフォリオのテコ入れを図るため積極的に売買を行いました。

ウェッジホールディングス、六甲バターの新規購入、ギガプライズの買い増しが9月の主なトピックです。


これらの銘柄を購入するために、オリックス、ヒューマンホールディングスを完全売却、フジ・コーポレーション、グリーンクロス、シーティーエスを一部売却しています。

オリックスは株主優待目的で持っていましたが、株主優待にそこまで魅力を感じないこともあり売却

ヒューマンホールディングスは株価が上がらないので月初に売却しましたが、売却したら株価が上昇を始めるというなんとも悲しい結果となりました・・・。

フジ・コーポレーションには2年くらい投資をしてきましたが、思い切って断捨離し1単位の株主優待銘柄まで格下げしました。
断捨離したら東証一部に上場しました(涙)

ファーマフーズは決算プレイで投資をしたものの敗北撤退しています。

サムティは株主優待目的で買戻しました。

RIZAPグループは、なんかノリで買ってしまいました。投資基準から外れていたため、買った翌日には後悔してしまい、すぐに売却しています。すいません。



4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 キャッシュ
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 3830 ギガプライズ
6位 2388 ウェッジホールディングス

先月書いた購入検討銘柄であったギガプライズとウェッジホールディングスがポートフォリオ上位に顔を見せました。
それまでの上位銘柄であったグリーンクロスとシーティーエスは、格下げとなりましたが、気に入っている銘柄なので、投資は継続していきます。





5.購入検討銘柄

6425 ユニバーサルエンターテインメント

まもなくユニバの季節がやってきます。
『円高恩恵が見込める中間決算』
『フィリピンのカジノ開業』
『IR法案の国会審議』
などなど材料には事欠かないので、株価が動意付けば残りのキャッシュポジションを投入し今年最大の勝負をかける予定です。




AKI成長株ファンド月次報告(16年8月)

2016年8月の運用成績を報告いたします。



【28.8運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+3.5%
  年 次:+3.5%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.8%
  年 次:−5.7%

ウ.総合成績
  月 次:+3.0%
  年 次:+2.6%


エ.TOPIX
  月 次:+0.5%
  年 次:−14.1%




2.概 況

8月のTOPIXは微増となったものの、個別株は勝ち組と負け組の差が激しく、難しい相場展開となりました。
ポートフォリオは主力のユニバーサルエンターテイメントや相模ゴムが堅調に推移したことから、プラスの投資成績を収めることができました。
最大投資銘柄はキャッシュポジションという保守的な運用を行っていることは先月と変わりありません。
日本株、外国株ともに下落トレンドが継続しているため、今後も保守的な運用に徹する予定です。





3.売 買

新規購入:ギガプライズ、ヒューマンホールディングス
買い増し:ユニバーサルエンターテイメント、相模ゴム、フージャースホールディングス、KeePer技研、FPG
全部売却:日経レバレッジETF(ショート)

8月はテコ入れを行うため、積極的に売買を行いました。

最大のトピックはユニバーサルエンターテイメントです。
買い増しを行い最主力銘柄としました。
既存事業が好調で、さらに11月のカジノオープンと材料がたくさんあるので期待しています。

また、主力商品であるサガミ001を投入した相模ゴムをポートフォリオ2位まで買い増ししました。
今後の業績伸長を期待しています。

他には注目しているギガプライズを買い直して新規組み入れ。
5月に売却した時と比べると株価は約2倍になっていますが、それでも割安と判断しました。

ヒューマンホールディングスは決算ダービー出走銘柄をパクりです・・・。

なお、株価下落に備えた保険として先月購入した日経レバレッジETF(ショート)は、株価が下がったところで利益確定を行っています。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 キャッシュ
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4345 シーティーエス






5.購入検討銘柄

3830 ギガプライズ
2388 ウェッジホールディングス

打診買いをしているギガプライズには引き続き注目しています。
今のところ株価は4200円前後で安定的に推移していますが、株価が動き出したら買い増す予定です。

あと、購入検討銘柄にもう一つ、ウェッジホールディングスを挙げておきます。
9月1日に打診買いしました。
日経IRに参加していた投資仲間の間で話題になっていたことと、このブログを読んで興味を持ちました。
金融系は得意分野ではありせんが、少量を保有しておく分にはいいスパイスになるかな、と考えました。

なお、ウェッジホールディングスの買い付けに伴い、キャッシュポジションを維持する目的で、ヒューマンホールディングスは9月1日に売却しました。


AKI成長株ファンド月次報告(16年7月)

2016年7月の運用成績を報告いたします。



【28.7運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+1.6%
  年 次:+0.0%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+2.5%
  年 次:−4.9%

ウ.総合成績
  月 次:+1.7%
  年 次:−0.4%


エ.TOPIX
  月 次:+6.2%
  年 次:−14.5%




2.概 況

7月は月初は低調に推移したものの、中旬からは堅調に推移しました。
ポートフォリオは半分がキャッシュを占める保守的な運用に切り替えています。
日本株、外国株ともに下落トレンドが継続しているため、今後も保守的な運用に徹する予定です。





3.売 買

新規購入:日経レバレッジETF(ショート)

秋の経済対策、日銀の金融緩和が質・量ともに不足していると判断し、日経レバレッジETF(ショート)を購入しました。
株価下落に備えた保険として保有します。





4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 1570 日経平均レバレッジ上場投信(ショート)
2位 6061 ユニバーサル園芸社
3位 7533 グリーンクロス
4位 4345 シーティーエス
5位 6425 ユニバーサルエンターテインメント





5.購入検討銘柄

ギガプライズ
ベガコーポレーション

保有銘柄が地味系ばかりになっているため、値動きの大きい銘柄を組み込むことを検討します。







AKI成長株ファンド月次報告(16年6月)簡易版

2016年6月の運用成績を報告いたします。

ポタフェス2016in大阪に行くため、今日から大阪遠征を行います。
なので、今回は運用成績のみの簡易版報告となります。



【28.6運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−2.2%
  年 次:−1.6%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−3.6%
  年 次:−7.3%

ウ.総合成績
  月 次:−2.4%
  年 次:−2.1%


エ.TOPIX
  月 次:−9.7%
  年 次:−19.5%


AKI成長株ファンド月次報告(16年5月)簡易版

2016年5月の運用成績を報告いたします。

今回は運用成績のみの簡易版です。
正式版は週末にアップする予定です。


【28.5運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.8%
  年 次:+0.7%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.2%
  年 次:−3.8%

ウ.総合成績
  月 次:−1.7%
  年 次:+0.3%


エ.TOPIX
  月 次:+2.9%
  年 次:−10.8%


AKI成長株ファンド月次報告(16年4月)

2016年4月の運用成績を報告いたします。



【28.4運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+2.5%
  年 次:+2.6%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.1%
  年 次:−3.7%

ウ.総合成績
  月 次:+2.3%
  年 次:+2.0%


エ.TOPIX
  月 次:−0.5%
  年 次:−13.4%




2.概 況

4月は月初は低調に推移したものの、中旬からは堅調に推移しました。
しかし、日銀の追加金融緩和がなかったことから月末に急落し、結果としてTOPIX横ばいの推移となりました。
当ファンドもTOPIXと同じような資産推移となりましたが、主力のダブルスコープが堅調な株価推移を見せたことから、前月比プラスの運用成績を収めることができました。
年次でもプラス運用となり運用来最高値を更新しています。
引き続きほぼフルインベスト状態ですが、相場には弱気な見通しをもっているため、今後はキャッシュポジションを増やしていきます。





3.売 買

新規購入:グリーンクロス、KeePer技研

熊本地震を受けてグリーンクロスを買い増し。
また、KeePer技研を打診買いしました。





4.購入検討銘柄

ユニバーサル園芸社

安定した成長ぶりと、業界での勝ち組企業ぶりを評価して、再参戦を検討しています。



livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
過去のブログ