成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


運用成績

AKI成長株ファンド月次報告(18年8月)

2018年8月の運用成績を報告いたします。




【30.8運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+7.3%
  年 次:+25.2%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.2%
  年 次:−0.9%

ウ.総合成績
  月 次:+6.9%
  年 次:+23.0%


エ.TOPIX
  月 次:−1.0%
  年 次:−4.5%




2.概 況

8月は月初から中旬にかけて軟調な相場展開となり、厳しい展開になる場面がありました。
そのような中で、7月に新規組み入れしたコーア商事ホールディングスが大きく上昇し運用成績に大きく貢献してくれました。
その他では8月中旬の厳しい下落を受けて、8月21日に保有株の数多く売却しましたが、まさにその日が大底であり、その後の上昇を取りこぼすというまずい売買をしてしまいました。
8月はコーア商事のおかげでなんとかプラス成績を得ることができましたが、全体的には反省しきりの1か月でした。




3.売 買

新規購入:日本リビング保証、キュービーネットホールディングス、ワークマン、コジマ、NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
買い増し:コーア商事ホールディングス、MCJ、プレミアグループ
全部売却:日本リビング保証、スターゼン、マルゼン、エリアリンク、ハウスドゥ、G−7ホールディングス、グリーンクロス、東海カーボン、NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
一部売却:ギガプライズ
優待タダ取り:ビックカメラ、イオン、ミニストップ

軟調な相場展開を受けて、リスク管理のため保有株の多くを売却しました。
売却した資金で購入もしましたが、買戻しは1/3の規模に留まっているので、キャッシュポジションが大きくなっています。

概況にも書きましたが、多くの株を大底の8月21日に売却しており、その後の反転上昇を取り損ねるという、非常にまずい売買をしてしまいました。

なお、コジマは株主優待目的の一単元投資、エリアリンクは株主優待廃止を受けての売却となります。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 9273 コーア商事ホールディングス
2位 5194 相模ゴム工業
3位 6065 ライクキッズネクスト
4位 7192 日本モーゲージサービス
5位 6670 MCJ
6位 7199 プレミアグループ

買い増しと株価上昇により、コーア商事ホールディングスが1位にランクアップ
近年1位の座を守り続けてきた相模ゴム工業は株価も冴えず2位陥落となりました。
その他では、買い増しで保有株数を2.5倍に増やしたMCJが5位にランクイン。
プレミアグループは8月に若干の買い増しをしたものの、6位にランクダウンとなりました。




5.購入検討銘柄

2483 翻訳センター
6189 グローバルグループ
6670 MCJ
6571 キュービーネットホールディングス
7564 ワークマン
3457 ハウスドゥ


AKI成長株ファンド月次報告(18年7月)

2018年7月の運用成績を報告いたします。




【30.7運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.4%
  年 次:+16.6%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.6%
  年 次:−1.1%

ウ.総合成績
  月 次:−1.2%
  年 次:+15.1%


エ.TOPIX
  月 次:+1.3%
  年 次:−3.5%




2.概 況

7月は主力銘柄が全体的に軟調であり、特にユニバーサルエンターテイメントやハウスドゥの株価が低迷したことにより、6月に引き続きマイナス運用となりました。
新規の投資銘柄としてコーア商事ホールディングスを組み込みましたが、株価はヨコヨコの展開になっており我慢を強いられる局面が続いています。




3.売 買

新規購入:コーア商事ホールディングス、日本リビング保証
買い増し:NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース
全部売却:NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース
一部売却:ユニバーサルエンターテインメント、ハウスドゥ

株価が冴えないことから、
主力のユニバーサルエンターテインメント、ハウスドゥを一部売却

売却資金でコーア商事ホールディングスを新規購入し主力銘柄としました。

先月に引き続き、リスク管理のため日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信を購入しましたが、月の途中に全て売却しています。

また、好材料のあった日本リビング保証を新規に購入しました。売上の急伸を期待していますが、高PER銘柄であるため少量に留めております。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 9273 コーア商事ホールディングス
3位 6065 ライクキッズネクスト
4位 7192 日本モーゲージサービス
5位 7199 プレミアグループ

前月4位のハウスドゥ、5位ユニバーサルエンターテインメントをそれぞれ半分売却したことにより、主力銘柄から陥落しました。
繰り上がりにより日本モーゲージサービスとプレミアグループがランクインしましたが、保有株数を増やしたわけではありません。
7月に新規に購入したコーア商事ホールディングスは2位にランクイン。業績に期待しています。




5.購入検討銘柄

7199 プレミアグループ
2483 翻訳センター
6189 グローバルグループ
9273 コーア商事ホールディングス
3830 ギガプライズ



AKI成長株ファンド月次報告(18年6月)

2018年6月の運用成績を報告いたします。




【30.6運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.7%
  年 次:+18.3%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.4%
  年 次:−2.7%

ウ.総合成績
  月 次:−1.6%
  年 次:+16.6%


エ.TOPIX
  月 次:−0.9%
  年 次:−4.8%




2.概 況

6月は第4週までは堅調に推移し運用成績は+26%まで伸びていましたが、第5週の1週間で大きく下落しマイナス運用となりました。
特に主力のハナツアーは5月月次の悪化や大阪地震の影響で株価下落が激しく、パフォーマンスを押し下げる要因となりました。損切りが必要と認識していたにも関わらず、対応が後手後手に回ったことは反省しなければなりません。



3.売 買

新規購入:ライフネット生命保険、エリアクエスト、NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信
全部売却:HANATOUR JAPAN、ピクスタ、ライフネット生命保険
一部売却:相模ゴム工業
優待タダ取り:日本マクドナルドホールディングス、アルペン



6月は最終週の株価急落を受けて、リスク管理のため機動的に売買を行いました。

・業績不安のあるハナツアーは全て売却
・フォトワの伸びに懸念があるピクスタを相場急落時のCP引き上げのため全て売却
・5月に買った相模ゴムの買い増し分を利益確定
・リスク管理のため日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信を購入
・ライフネット生命保険を購入したところ、急騰したので利益確定
・優待投資としてエリアクエストを1単位購入
・株主優待タダ取りは2銘柄実施

返す返すもハナツアーの見切りの遅さには反省です。
駄目だと思った時点で売却をしておけば、今月はプラスで終えることができました。

優待タダ取りは、すかいらーくを手に入れることができませんでした。
前回までは豊富にあったのに、急に在庫がなくなったのはなぜなんでしょう?




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 1357 日経ダブルインバース上場投信
3位 6065 ライクキッズネクスト
4位 3457 ハウスドゥ
5位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
(6位 7192 日本モーゲージサービス)

前月2位のHANATOUR JAPANを見切り売りしました。
リスクヘッジ目的で購入した日経ダブルインバース上場投信が2位に入っています。
参考までに、個別銘柄投資のみの5位銘柄は日本モーゲージサービスとなっています。






5.購入検討銘柄

7199 プレミアグループ
2483 翻訳センター
6189 グローバルグループ
3979 うるる
3830 ギガプライズ



AKI成長株ファンド月次報告(18年5月)

2018年5月の運用成績を報告いたします。




【30.5運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+11.5%
  年 次:+20.4%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−1.1%
  年 次:−3.1%

ウ.総合成績
  月 次:+10.5%
  年 次:+18.4%


エ.TOPIX
  月 次:−1.7%
  年 次:−3.9%




2.概 況

5月は比較的軟調な相場環境でしたが、当ファンドは主力銘柄が好調に推移したため運用成績は伸ばすことができました。
月の前半はハウスドゥ、後半は相模ゴム工業がポートフォリオをけん引しました。
高騰によりPERが40倍を超えたハウスドゥは保有株数の半分を利益確定し、代わりに相対的に割安と考えられる銘柄に入れ替えました。




3.売 買

新規購入:東海カーボン、G−7ホールディングス、スターゼン、
     翻訳センター、日本モーゲージサービス
買い増し:相模ゴム工業
全部売却:壽屋
一部売却:ユニバーサルエンターテインメント、ハウスドゥ

5月は各社の決算発表を受けて、機動的に銘柄を入れ替えました。

・株価の上昇により割高感の出てきたハウスドゥを半分売却
・業績に伸びが見られない壽屋を見切り売り
・出たとこ勝負のあるユニバーサルエンターテインメントを少し売却
しました。

代わりに、業績・割安感ともに良好である翻訳センター、G−7ホールディングス、スターゼン、日本モーゲージサービスを購入しました。翻訳センター以外は過去に保有したことがあり、結果的には高値での買戻しとなっております。

また、ポートフォリオのスパイスとして東海カーボンを新規購入
今年は相模ゴム工業の1年になることを期待し買い増ししました。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 6561 HANATOUR JAPAN
3位 6065 ライクキッズネクスト
4位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
5位 3457 ハウスドゥ

順位に変動はあるものの、上位5銘柄は変わっていません。

買い増しした相模ゴム工業は圧倒的な割合を占めるようになり、超主力銘柄となりました。
ハウスドゥは5月中旬に相模ゴム工業を抜き1位になっていましたが、持ち株の半分を売却したため5位にまで落ちています。




5.購入検討銘柄

8914 エリアリンク
7199 プレミアグループ
2483 翻訳センター



AKI成長株ファンド月次報告(18年4月)

2018年4月の運用成績を報告いたします。




【30.4運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.0%
  年 次:+8.0%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.7%
  年 次:−2.0%

ウ.総合成績
  月 次:−0.8%
  年 次:+7.2%


エ.TOPIX
  月 次:+1.5%
  年 次:−2.2%




2.概 況

4月は比較的良好な相場環境でしたが、当ファンドは主力銘柄が軟調に推移したため運用成績はマイナスに沈んでしまいました。
未上場のセラーテムテクノロジーから株式の買い取りを受け、70万円の入金がありましたが運用成績を大きく向上させるには至りませんでした。なお、セラーテムテクノロジー株は上場廃止時に購入金額10万円を全て特別損失として計上しているため、売却額70万円は全て特別利益として計上します。



3.売 買

新規購入:プレミアグループ

4月はほとんど売買はしませんでしたが、購入検討銘柄であったプレミアグループを新規に購入しました。
4月末のキャッシュポジションは約5%です。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 3457 ハウスドゥ
3位 6561 HANATOUR JAPAN
4位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
5位 6065 ライクキッズネクスト




5.購入検討銘柄

8914 エリアリンク
7199 プレミアグループ



AKI成長株ファンド月次報告(18年3月)

2018年3月の運用成績を報告いたします。




【30.3運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+3.7%
  年 次:+9.1%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−2.0%
  年 次:−3.7%

ウ.総合成績
  月 次:+3.3%
  年 次:+8.0%


エ.TOPIX
  月 次:−2.9%
  年 次:−5.6%




2.概 況

3月は全般に軟調な相場展開で、下旬には大きく下げる局面もありました。

当ファンドは、軟調な相場展開にも負けず、主力銘柄が上昇したことから、プラス運用で乗り切ることができました。こういう時にYHできるのは嬉しいですね。




3.売 買

新規購入:エリアリンク、日経ダブルインバースETF
完全売却:日経ダブルインバースETF
株主優待タダ取り:ゼンショー、興銀リース、プレサンスコーポ、第一興商、ANA、JAL、サンマルク、モスフード

3月はほとんど売買はしませんでしたが、新規にエリアリンクを購入しました。
また、下旬の相場急落時にリスクヘッジ目的で日経ダブルインバースETFを購入しましたが、落ち着いてきたようなので損切りしています。

株主優待タダ取りは8銘柄を取得しました。
もう少し取りたかったけど仕方ありません。ヤマダ電機が取れなかったのは痛かったです。

3月末のキャッシュポジションは約10%です。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 6561 HANATOUR JAPAN
3位 3457 ハウスドゥ
4位 6065 ライクキッズネクスト
5位 6425 ユニバーサルエンターテインメント




5.購入検討銘柄

8914 エリアリンク
7199 プレミアグループ

エリアリンクは株価が上がってしまい買いにくい状況ですが、できれば主力クラスに引き上げたいと考えています。
年初に購入検討銘柄に挙げていたプレミアグループ、そろそろ買い時かもと考えています。



AKI成長株ファンド月次報告(18年2月)簡易版

2018年2月の運用成績を報告いたします。

病気療養中のため、簡易版での掲載となります。



【30.2運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−2.3%
  年 次:+5.2%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−2.7%
  年 次:−1.8%

ウ.総合成績
  月 次:−2.3%
  年 次:+4.6%

エ.TOPIX
  月 次:−3.7%
  年 次:−2.7%



AKI成長株ファンド月次報告(18年1月)簡易版

2018年1月の運用成績を報告いたします。

多忙なため、簡易版での掲載となります。



【30.1運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+7.6%
  年 次:+7.6%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.9%
  年 次:+0.9%

ウ.総合成績
  月 次:+7.1%
  年 次:+7.1%


エ.TOPIX
  月 次:+1.1%
  年 次:+1.1%




AKI成長株ファンド月次報告(17年12月)

2017年12月の運用成績を報告いたします。




【29.12運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+1.8%
  年 次:+31.6%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.1%
  年 次:+9.0%

ウ.総合成績
  月 次:+1.7%
  年 次:+29.5%


エ.TOPIX
  月 次:+1.4%
  年 次:+19.7%




2.概 況

12月は利益確定売りに押され下旬まで運用成績は伸び悩みましたが、権利落ち日以後は株価が上昇し、プラス運用を収めることができました。
かろうじてTOPIXを上回ることもでき、資産最高額での大納会を迎えることができホッとしています。

年間成績は+29.5%。
昨年は+15.8%でしたので、倍近く引き上げることができました。
年初の目標であった+20%も上回り万々歳、と言いたいところですが、周りの投資家を見ると、+100%がゴロゴロいる状態なので、素直に喜べない自分がいます・・・。

今年はプライベートでもいろいろあって、良い1年とは言えなかったので、来年はもっと喜べる1年にしたいです。




3.売 買

新規購入:アグレ都市デザイン、日本モーゲージサービス、フジコー、エービーシー・マート
買い増し:ユニバーサルエンターテインメント
完全売却:マルサンアイ、イーレックス、ゲンキー、極楽湯
一部売却:シーティーエス、アークランドサービス、MCJ
優待クロス:すかいらーく

売買報告は11月分をしていなかったので、11月と12月を合わせて報告します。

9月ごろに購入を迷っていたアグレを11月に買いました。
さっさと買わなかったばかりに、高い買い物になってしまったことが悔やまれます。
業績が好調な日本モーゲージサービスを組み入れ、フジコーはNAS電池関連の材料に期待して少量購入
また、WYNN社との裁判に進展のあったユニバーサルエンターテインメントを買戻しました。

割安ではあるものの、業績成長がいまいちなマルサンアイは売り切り。
イーレックスはZAIで社長が競争は厳しいと言っていたので、撤退することにしました。
ゲンキーは売るかどうか迷ったんですが、資金が足りなくなったので一旦見切り売りとしました。
極楽湯は1単位のみの保有でしたが、株価がパッとしないので売却しました。

シーティーエスは株価が1,000円を超え、PERが40倍となったので一部を売却しました。ただ、その後の値動きを見る限り、売り切っておくべきだったかと少し後悔しています。
アークランドサービスもPERが40倍近くになったので、一部を売却し2単位のみの保有としました。
MCJは新規購入銘柄の資金を確保するため、株主優待分を残して売却しました。

優待クロスは定番のすかいらーくをゲット
マクドナルドは家族の評判が悪いことと健康面を考慮して見送りました。




続きを読む

AKI成長株ファンド月次報告(17年11月)

2017年11月の運用成績を報告いたします。

多忙につき簡易版となります。




【29.11運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+2.3%
  年 次:+29.3%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.6%
  年 次:+7.7%

ウ.総合成績
  月 次:+2.2%
  年 次:+27.3%

エ.TOPIX
  月 次:+1.5%
  年 次:+18.0%

livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
・日本の億万投資家名鑑 必勝編
・俺の株式投資術
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン