成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


注目銘柄

【福袋銘柄】 GILD ギリアド・サイエンシズ

ソヴァルディ


新春ということで、当ブログでも福袋銘柄を1つ掲載しておきましょう。

銘柄名は GILD ギリアド・サイエンシズ

米ナスダックに上場するアメリカの新興製薬会社です。


ギリアドの詳細はこちらをご覧下さい。
ギリアド・サイエンシズとソバルディ(ソフォスブビル)完全解説

米国Nasdaqに上場するバイオテクノロジー・セクター最大のバイオファーマ企業。
HIV、肝疾患、重篤な呼吸器系・循環器系疾患、悪性腫瘍、炎症性疾患にフォーカス。特にHIVや肝炎などの抗ウイルス薬の充実したポートフォリオを展開する。
2013年に承認されたブロックバスター薬ソバルディ(ソフォスブビル)の飛躍で注目を集める。

※WideMoat米国株の長期投資と配当金生活「ロン株」 様より



C型肝炎治療薬、ソバルディの爆発的なヒットで、業績急拡大中の銘柄です。

GILD チャート


3年チャートを見ると、株価は右肩上がりで推移しています。


C型肝炎は世界中に1億7千万人にのぼる患者がいる病気です。
※うち米国3200万人、日本200万人

これまでの治療は、インターフェロンを用いた治療が標準でしたが、重い副作用とそこまで高くはない治癒率(難治性は50%程度)が問題でした。

ところが、ソバルディは副作用が重くはなく、治癒率は90%以上という抜群の薬効を示しています。


これを受けて、ソバルディは大ヒット。

ギリアドの株価は大きく上昇しました。


ここまでは順風満帆で、私もこれを知って12月に購入した次第です。

ところが、12月下旬に株価は15%ほど暴落します。


ネックになったのは1日1000ドルという薬代

治療期間(12週)にかかる費用は8万4000ドルという超高価なお薬なんですね。


アメリカは自由診療の国なので、みんな民間の医療保険に入っています。

この医療保険がソバルディには保険金を支払わない、と言い出したのです。


米ギリアド株急落、薬剤給付管理会社がC型肝炎薬に選択せず

12月22日の米株式市場で、医薬品開発のギリアド ・サイエンシズの株価が急落。米最大の薬剤給付管理会社エキスプレス・スクリプト(PBM)が、C型肝炎で最も多いタイプの患者向けの唯一の治療薬として米アッヴィの医薬品を選択したことが嫌気された。保険会社は上昇する医薬品コストの抑制を目指している。



12月10日頃にギリアドを買ったAKIは涙目

あっという間に含み損になってしまいました・・・。


とはいえ、ライバルの米アッヴィの治療薬(ヴィキラ・パック)と比較して、薬効はソバルディの方が遥かに良いようなので、値下げさえすれば採用されるのではないかと考えています。


普通、値下げといえば投資には悪いイメージがありますが、私は今回の件は深刻に考えていません。


ソバルディはこれまで12万人の患者に投与されて、100億ドルを超す売上を叩き出しています。

12万人 × 8万4千ドル ≒ 100億ドル ≒ 1兆2千億円

たった12万人の患者が使っただけです。

C型肝炎の患者は世界中に1億7千万人もいるのに。


日本だけでも200万人もの患者さんがいます。
※日本はまだ未承認です。(申請済み)

肝炎は自覚症状がないため治療を受けてない人が多い病気です。

日本では50万人ほどが治療を受けているようなので、この中のかなりの患者さんがソバルディを使うようになると妄想しています。

高額療養費制度で8万円以上の自己負担はないんですから。


値下げで半額になったとしても、薬を使う患者さんが2倍になれば売上は確保できます。

そして、ソバルディを使う患者が2倍になるなんて、あっという間だと思うんです。

安くなったら使おうと思う患者さんは増えるでしょうし。


さらに、ギリアドはソバルディを改良した新薬(ハーボニ)を市場に投入して、競合他社との引き離しも図っています。
※ハーボニもエキスプレス・スクリプトから適用除外されています。

ギリアド・サイエンシズのC型肝炎治療薬「ハーボニ」の処方箋は順調に伸びている

米国を代表するバイオテクノロジー企業、ギリアド・サイエンシズ(ティッカーシンボル:GILD)のブロックバスター薬、「ハーボニ」はC型肝炎を完治させることができる薬として注目されています。
同薬はベストセラー「ソヴァルディ」の改良版で、米国では10月に、欧州ではつい先日、承認されたばかりです。



C型肝炎治療薬は、ドル箱市場だということが知れ渡ってしまったので、競合他社との競争は熾烈になりつつありますが、数年間は圧倒的優位性を確保できるものと考えています。


これだけの成長銘柄が、株価急落のおかげもありPER10倍強で買えてしまうのは、お買い得だと思います。

みなさま、おひとつ如何でしょうか?


私は1月にさっそくNISAで買い増しする予定です。


アメリカ株はマネックス証券で購入しています。

外国株でも特定口座に対応しており、売買手数料も最安値(NISAは無料)になっているので、外国株投資にはおススメです。






続きを読む

下がっていない株を買おう!

昨日、ハイレゾのブログを書いたところ、ハイレゾお奨めという声を多数頂きました。

そんなに良いのかぁ、とハイレゾ機器選びに精を出していたのですが、とあるツイートを見てこの週末はやることを思い出しました。




ツイート⇒カメラ⇒シュッピン⇒株⇒週末やること


やっと新規購入銘柄開拓強化週末に入ったAKIです。


コンセプトは株価の下がっていない株

暴落に負けない株=儲かる株、と安易に考えて探してみました。


スクリーニング条件は、
・PER15倍以下
・9/30終値からの下落率が10%以下
・年初来高値からの下落率を確認する。

としました。

購入検討銘柄


自分のチェックリストに入っている銘柄を中心に調べています。

ABCマート、ゲンキー、神戸物産あたりは、
・9/30終値から上がっている。
・年初来高値からもほとんど下がっていない。

銘柄であり、非常に強い銘柄であることが分かります。


このうち、ゲンキー、神戸物産は紅の鹿さんが購入されています。
さすが切り替えが早い!

ABCマートはPERが15倍を超えているので買いにくいですが、ジーフットに投資をしてABCマートの強さを知ったので、今回のリストに入れました。


ABCマート、ゲンキー、神戸物産に、S FOODSと日本エス・エイチ・エルを加えた5銘柄を新規購入候補銘柄とします。
※プロトコーポも候補ですが保有銘柄なので、買う時は買い増しになります。



他にも業績好調で強い銘柄がありましたら、教えて貰えると嬉しいです。




富士フイルム

バリュー投資家のポートフォリオに散見されるようになった銘柄の1つに富士フイルムがあります。

今日の終値は年初来安値、PBRは0.47倍ですから、結構な売られ方になっています。

昔はPBR1倍割れが絶好の買い場と言われた銘柄ですが、今は見る影もありません。


ただ、この会社は新型インフルエンザ用の薬を持っているので、新型インフルエンザが猛威をふるうようになると、注目されてくるかもしれません。

また、ミラーレス一眼市場に来春参入するというIRも出ました。
ミラーレス一眼は各社が参入しており、競争は激しくなってきていますが、どんな製品を出して来るのか注目したいところ。

ここから値下がりするようであれば、参戦したいと思っています。


PS:ミラーレス一眼で一番魅力はあるのはオリンパスです。大きさと画質のバランスが良いですね。

PSRとブルーレイ

最近、ケン・フィッシャーのPSR株分析という本を読んでいます。

まだ半分も読んでいませんが、本の内容を簡単にいうと、
PSR(株価売上高倍率)0.75倍以下で買って、3倍以上で売ろう。
ということになる。

この指標の一番のメリットは、一時的に利益が赤字となった会社でも使える点
PERだと赤字の時には機能しなくなるので、PSRという指標は成長株投資に使いやすいのではないだろうか。


で、このPSRを見ていて1社気になる銘柄が出てきた。

ここ数年赤字続きのダメ会社ではあるのだが、ブルーレイ関連銘柄ということで、ブルーレイが普及し出すと面白いことになるんじゃないかと思う。

過去の実績を見ても、DVD普及期には高い利益率を叩きだしていた。

PSRは1倍程度とまだ買い水準ではないものの、今期も赤字のようだと買い水準まで下がってくるのではないかと思う。


そうなると、ブルーレイが普及するのかどうかがカギとなるわけだが、この判断が難しい。

日本ではHD薄型テレビの普及と重なって、ブルーレイレコーダーも売れ出しているようだが、世界で普及しないとごくごく限定的なものになってしまう。
今のところ、欧米ではあんまり売れていない模様

DVDの時とは違い、配信手段であるブロードバンドや、記録手段である大容量HDD&メモリーといった代替手段が数多く存在するため、ブルーレイは普及しない可能性がある。


この銘柄は多額の研究開発費を投入しているので、市場ニーズにあった研究開発であれば、数年後には一気に花開くこともありえる。
上記書籍には、サブ指標にPRR(株価研究費倍率)を使えと書いてあるので、この点でも魅力的なんだようなぁ。


ブルーレイって普及するんでしょうか???

5819 カナレ電気

オーディオについて勉強していることは以前から書いていますが、このオーディオ関連で1つ発見した銘柄があるので紹介します。


5819 カナレ電気
放送用ケーブル主体の電線中堅。音響ケーブルで最大手。

安くて良質なオーディオケーブルを探している中で見つけた会社です。


【カナレの評判】
教えて!goo−カナレというメーカーのスピーカーケーブル
プロケーブル−CANARE カナレ 4E6S(4芯)


プロが使用するオーディオケーブルの分野ではベルデン社(米国)、モガミ社(日本)らと共にデファクトスタンダードを形成

ZARDを聞くならカナレ社のケーブルが良いみたい。


日本にはカナレとモガミの2社あることになりますが、モガミは未上場であるため詳細はわかりません。

また、モガミのホームページはとても企業のホームページとは思えないほどのしょぼさ。

モガミもそれなりの規模の企業だとは思うんですが、これで商売ができることがすごい。


営業利益率:14.4%
自己資本比率:80.2%
ROA:11.43%


私が重視している投資3指標も優等生の水準ですが、これを電線同業他社と比較すると驚きの結果が出てきます。

続きを読む

日本ピラー工業

1週間前のブログで、「PBR0.5倍割れがあれば狙いたい」と書いた日本ピラー工業が、なんとも簡単にPBR0.5倍割れになっていました。


恐るべしリーマン&AIGショック


plilar-01










長期チャート的にもいい感じではないかと。



簡単に企業価値の計算をしてみました。
pillar-02












現在の株価であれば、清算価値割れということになります。


最近は清算価値割れの企業は多いですが、そうは言っても清算価値以下で買えるというのは魅力的です。

会社の方も9月末まで自社株買いを実施していますが、この株価であれば既存株主は、株主価値を増大させる万々歳の自社株買いとなるでしょうね。

続きを読む

ブログ休み中

最近、仕事が多忙でブログ更新がままならない状態です。

コメントにも返信できず、申し訳ありません。


今から10月中旬までが当面のピークになりそうなので、それまではブログの更新は休止します。
時間が作れれば不定期でアップします。



というわけで不定期1回目のアップをw


続きを読む

コンビ

少し前の記事になりますが、ベビーカーを手がけるアップリカがベビーカー61万台リコールを発表しています。

アップリカ ベビーカーのリコール対象を追加


国内のベビーカー市場をググってみると、アップリカとコンビ(7935)が市場シェアを二分しているため、アップリカのリコールはコンビに追い風と言えます。


コンビの株価は、予想PER17.3倍、PBR0.68倍という水準であり、PERは安い訳ではありませんが、PBRではそこそこ割安と言えます。

前期のPERでは8.6倍であるため、今期は減益予想ということになりますが、アップリカのリコールによる状況次第では、なかなか面白いことになるかな、と。

コンビは前期決算でも上方修正を行っており、保守的に予想をする傾向にあります。


ただ、ここ数年の業績は横ばいであることも事実です。

1.市場規模の縮小
市場規模:04年3月期 71万台⇒05年3月現在 約66万台⇒05年9月末 約68.6万台

2.競合他社の進出
ヨーロッパ企業が相次いで日本市場に進出。現在の市場シェアは10%とも30%とも言われています。

東京モーターショー ベビーカーも火花 欧州製の攻勢、国内2社も出展
海外製品、市場の3割に

特に競合他社の日本進出は痛いのではないだろうか。
マクラーレンという会社の製品が人気があるみたいです。

F1のマクラーレンとは関係のない会社ですが、ついつい連想してしまいますよね。

ベビーカーは車輪がついているため自動車が連想されるようで、けっこう父親の意見が購入を左右します。
マクラーレンという名前には男は弱そうです。


しかしながら、07.3期に売上で約15億円あったフィットネス事業をリストラしていることを考えると、本業は15億円増加していることになります。

これは、出生数が日本の16倍もある中国市場での売上増加による効果が大きく、会社も「急速な成長で市場数値が掴めていない」とのことで、成長余力は十分あると言えるでしょう。


第1四半期決算が8月の上旬頃に発表されると思いますが、決算次第で買ってみたい銘柄の1つです。

太陽光発電 その2

前回のエントリで、地球温暖化に取り組まざるを得ない状況と、太陽光発電の未来について書きました。


太陽光発電は発電事業としても十分成り立つ可能性があり、個人でも十分導入できる手軽さもあるため、爆発的に広まる素地はあると言えます。


太陽光発電に投資をするのであれば、まずはセル・モジュールメーカーに投資をすることが真っ先に思いつきます。

海外勢:リニューアブルエナジー、サンテックパワー、Q.Cells
         
日本勢:シャープ、京セラ、三洋電機、三菱電機、三菱重工業、カネカ、富士電機システムズ、フジプレアム、昭和シェル、ホンダなど

日本勢の本命はシャープでしょうか。


また、太陽電池を作るのにかかせないシリコンを生産している企業に投資をするのも面白そうです。
最近は太陽電池の需要急拡大により、シリコンの供給が需要に追いついていないようです。

海外勢:不明(教えてください。)

日本勢:信越化学工業、SUMCO、トクヤマ、三菱マテリアル、大阪チタニウムテクノロジーズ


手軽に買おうと思うのであれば、楽天証券で取り扱っているクリーン・エネルギー関連銘柄のETFであるPBD(Power Shares Global Clean Energy Portfolio)に投資するのもありでしょう。

続きを読む

サマンサタバサジャパンリミテッド

日本発のブランド品サマンサタバサで気になる記事を見つけたので紹介しておきます。


ブランド価値の違い・・・ルイ・ヴィトンvsサマンサタバサ

例えば、好きなバッグブランドの上位御三家は、順位がちょっと入れ替わりますが、三越な人、伊勢丹な人のどちらも、

・ルイヴィトン
・コーチ
・グッチ

です。


ところが、20代前半の女性だけで見ると、突然上位に浮上するバックのブランドがあります。

「サマンサタバサ」(以下「サマンサ」)です。

日経MJ(2008/04/30)の消費分析の記事では、都内女子大生500人対象のアンケート調査の分析が掲載されていましたが、以下の3つの質問に対して、グッチやコーチを抑え、いずれもルイ・ヴィトン(以下、「ヴィトン」)に次いで2位の座を獲得していたのが「サマンサ」でした。


続きを読む
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン