成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


アメリカ株

ギリアド・サイエンシズ 1Q決算は絶好調

NISAで投資をしているアメリカ製薬メーカー
ギリアド・サイエンシズ
の1Q決算が発表されました。


決算は絶好調のようです。


■1Qから上方修正
ギリアド・サイエンシズ(GILD)−はじめての資産運用

■圧倒的な市場シェア
ギリアド・サイエンシズのハーボニがC型肝炎治療薬市場でアッヴィのヴィキラパックを圧倒 「持ってけ、ドロボウ!」的な割安株− Market Hack


ブロックバスターを持つ会社の株が、
PER10倍で購入できるんですから
これはお買い得だと思うんですよね。
※ブロックバスターとは、従来の治療体系を覆す薬効を持ち、圧倒的な売上高をたたき出し、その売上に比例する莫大な利益を生み出す新薬のこと。

FPGでやられまくりなので、
ギリアドの株価上昇には大いに期待したいです。



続きを読む

NISAで買ってなかった・・・

先日、アメリカ株を購入したと書きました。

アメリカ株を初購入

NISAを利用しての外国株投資だったのですが、大チョンボをやってしまいました。


NISAで買ってなくて、
特定口座で買ってましたorz



アメリカ株はNISAだから放置していたんですが、

1ドル120円&株高の時に買ったので、

昨日、含み損はどれくらいか確認したところ、

非課税口座の買い付け余力が100万円あります。


???

と思ったら特定口座で買っていました(涙)



マネックス!

アメリカ株の注文画面が分かりにくいんだよ!!

もっと分かりやすくしろ!!!




で、昨日、特定口座で買っている株を含み損で泣く泣く売却したのですが、

買い付け余力に反映されなくてNISAで買えない。


諦めてふて寝したら、その後、株価は上昇


同じ株数が買えないじゃないか・・・。


踏んだり蹴ったりのアメリカ株デビューとなりました(涙)


アメリカ株を初購入

金曜の夜、ついにアメリカに殴り込みをかけました。

いわゆるアメリカ株購入というヤツです(笑)


購入した銘柄は、先日のブログでも書いたとおり、
・GILD ギリアド・サイエンシズ
・BABA アリババ

の2銘柄

まずは、使っていないNISAを利用しての購入です。



購入理由は、この2つのチャートです。

■S&P500 vs TOPIX、日経平均株価 (現地通貨建て比較)
S&P500vs日本株(指数)


■S&P500 vs TOPIX、日経平均株価 (円建て比較)
S&P500vs日本株


それぞれ、S&P500とTOPIX、日経平均株価の2年騰落率チャートです。


単純に指数を比較すると、S&P500より日本株の方がよく騰がっています。

だからこそ、日本の個別株投資家はこの世の春を満喫できているんですね。


ところが、円建てで両者を比較すると、S&P500の方が遥かに騰がっているんですね。

これはいわずもがな、円安の追い風をS&P500は存分に受けているからに他なりません。


日本株はこの2年でかなり騰がって、割安とは言えない水準まできました。

一方、アメリカの金融縮小、日本の金融緩和という流れを考えると、今後も円安になっていく可能性は高い。

特に、日本は貿易赤字国ですから、昔と違って外国も円安に文句を言うことはあまりないと思われます。


インフレリスクがあるので、預金やMMFといった安全資産では保有しにくい。

かと言って、日本株への投資はどうなのか?


ということを考えていたらアメリカ株への投資を思いつきました。

アメリカ株は2年で30%弱というリターンなので、日本ほど急激に騰がったわけでもないですし、円安の恩恵は100%享受できる投資対象です。

リスクヘッジの分散投資という視点でも、良い投資先だと考えました。


続きを読む

グローバル生活必需品 ETF

高配当ETFで戦略的インデックス投資日記さんに興味深い記事があったので紹介します。

GPIFは高ROEより生活必需品セクターを重視するべき
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が投資するべき対象はJPX日経400ではなくグローバル生活必需品セクターである。


記事を要約すると、グローバル生活必需品 ETF(コード:KXI)は、
リターンもそこそこあって、リスク(ブレ幅)も比較的少ないから、安定運用が必要な年金資金にはぴったりの投資先だよ。
ということです。


業種別リスクリターン
S&P500の業種別リスクリターン
ですが、生活必需品セクターはリスクが低い割にリターンはそこそこあり、安定度の高い運用が見込めます。

また、エネルギーセクター最もリターンの高い業種ですが、その割にはリスクは高くなく、ここは有望な投資先と言えます。

生活必需品セクターとエネルギーセクターはバフェットの得意とするセクターであることも興味深いですね。







生活必需品セクター組み入れ銘柄

KXI

生活必需品セクターの組み入れ銘柄を見ると、日本人にも馴染みのある銘柄が多いですし、P&Gやコカコーラといったいわゆるバフェット銘柄と呼ばれるものもきちんと組み込まれています。

日本企業では、日本たばこが26位で最上位、30位にセブン&アイが続いています。
どこか1社くらいは世界トップ10に入って欲しいものです。


こうして組み入れ銘柄を俯瞰すると、株価の高低はともかく、どの企業も良い銘柄だよね、と言えるものばかりですね。
長期投資においては、こういった良い銘柄という視点は大事になってくるでしょう。

生活必需品セクターは、景気変動による業績のブレが比較的軽微であると予想されるので、気軽に外国株に投資したいと思っている人には、このETFへの投資は良いのではないかと思いました。


他にも、このETFには有名なKAPPAさんが最主力銘柄として投資をされています。

Portfolio as of June

エビデンス的にもばっちりのようです。

株価上昇

4月に外国株へのシフトを方針として、購入タイミングを計っていましたが、外国株の株価は上昇傾向でなかなか買えません。

ノーポジションだとさすがに焦ってしまいます。


American Express
American Express


Google
google


Johnson & Johnson
Johnson & Johnson


United Technologies
United Technologies


Procter & Gamble
Procter & Gamble



Googleは好決算を発表し、株価が急騰しています。
Google、四半期決算で過去最高売上を記録 - 初めて90億ドル突破

株価暴落を拾いたいところですが、このまま株価が騰がってしまうと買えないし悩ましいところです・・・。


最近何かと話題になっているフランスの原子力関連企業アレバ社にも興味を持ちました。
AREVA
AREVA

東日本大震災以降、株価は下落傾向で購入チャンスでは?と思うんですが、この株、フランス市場に上場しているだけなので、日本の証券会社では購入できないようです。

なんとも残念な話です。

続きを読む

アメリカ株

アメリカ株の口座で購入しているペトロブラスをそろそろ売却しようかと考えています。

今の原油価格、ひいては資源価格は上昇しすぎのように思います。
ガソリンや物の価格が上がり、これ以上の原油価格の上昇には世界経済も耐えられないのではないかと。


もともとアメリカ株口座はキャッシュポジションが半分くらいを占めているため、私の中では買い甲斐のあるポジションです。
さらにキャッシュが増えるとなると♪


購入候補はやはりバフェットの持っている銘柄が良いかな〜、なんて考えています。
自分で銘柄選択するより確実でしょう。


■コカコーラ(KO)
 最高値:63ドル 最安値:39ドル 現在:51.84ドル

■アメリカン・エクスプレス(AXP)
 最高値:65ドル 最安値:30ドル 現在:38.04ドル

■P&G
 最高値:74ドル 最安値:30ドル 現在:60.49ドル

■ジョンソン&ジョンソン(JNJ)
 最高値:68ドル 最安値:36ドル 現在:63.57ドル

※最高値、最安値は2000年以降のだいたいの価格


サブプライム問題の影響でアメリカン・エクスプレスはだいぶん安くなってますね。
クレジットカードも豊かになった新興国で普及していくでしょうから、この銘柄は魅力的だと思います。


コカコーラも株価レンジを見ると、50ドルを切ってきたら買っても良いかも、なんて思います。


P&Gはまだちょっと高いな。
まあ、PER・PBRを見てみないと確実なことは言えないんですけど。

ジョンソン&ジョンソンはバフェットが持っているかどうかは知らないんですが、友達がここの日本子会社で働いているので入れてみました。

身を粉にして働け〜、友達(笑)


アメリカ株でPER、PBRを一目で確認できるサイトってないんでしょうかね!?
livedoor プロフィール
掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%

2009〜2015年 +960.4%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
過去のブログ