成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


クレジットカード

GE Moneyゴールドカード

Pletsさんから紹介して頂いたクレジットカード、GE Moneyゴールドカードですが、商品説明を見て唸ってしまいました。
さしもの楽天カードも敗北です・・・。
さすがPletsさんは抜け目ないです(笑)


GE Moneyゴールドカードの特徴ですが、3つに集約されます。
1つ ゴールドカードであること。
2つ ポイント還元が1.5%であること。
3つ 年会費が無料であること。



詳しく説明していきましょう。


■ゴールドカードであること。
GE Moneyゴールドカードは名前のとおりゴールドカードであるので、一般カードにはないゴールドカードならではのちょびっとVIPの待遇を受けることができます。

・空港ラウンジサービス
全国の25空港のラウンジを無料で利用できます。フリードリンクだったり、新聞や雑誌をゆっくり見ることができたりします。

・海外・国内旅行傷害保険サービス
海外旅行傷害保険
死亡後遺障害(傷害による):3,000万円
傷害治療費用:50万円
疾病治療費用:50万円
救援者費用:100万円
賠償責任:3,000万円
携行品損害:20万円(免責3,000円)

国内旅行傷害保険
最高3,000万円の国内旅行傷害保険(傷害死亡・後遺障害)

海外の治療費用が少ないのが気になりますが、死亡後遺障害や賠償責任はゴールドカードらしい高い補償金額になっています。

・ロードサービス
車両運転時のトラブル応急処置を行うサービスです。このカードを持っていれば、お金を払ってJAFなんかに入る必要はありません。


■ポイント還元が1.5%であること。
通常は1%還元ですが、年間40万円以上の利用で1.5%還元にアップします。ポイントは無期限でギフトカードと交換できるので、使い勝手の点でも文句はありません。


■年会費が無料であること。
初年度年会費無料です。2年目以降は年間40万円以上のショッピングの利用で、5,250円(税込)の年会費が無料になります。


以上より、カード特典は非常に優れたカードであることはわかると思います。
GE Moneyゴールドカードを有効に利用する条件は、
年間40万円以上のショッピング利用
という1点に絞られてきます。

年間40万円と言うことは、月額33,333円以上ということになります。
3万円ちょいであれば、ネット代や携帯電話代、電気代やガス代、最近は高騰しているガソリン代などの生活固定費でカバーできる金額です。足りないとしても、ネットでの買い物や1万円以上の買い物に利用すれば達成は簡単でしょう。

なお今ならキャンペーンで、ガス代、電話代、携帯電話代、新聞代、放送料金などの支払いをクレジットカード払いに設定すると、1口:1000円〜5口以上:10000円分をポイントキャッシュバックしてくれます。


○田×男さんオススメのANA+JCB+EDYカードは確かにダントツで優れたカードなんですが、年間100万円以上の利用が必要なので敷居が高すぎるのが弱点です。

その点、ゴールドカードという(いちおう)ステータスカードでありながら、ポイント還元率が高くしかも緩やかな条件で年会費を無料にすることができる、GE Moneyゴールドカードは、利用価値の高いクレジットカードだと思います。






続きを読む

楽天カード vs ANA+JCB+EDYカード

○田×男さんのブログで最強クレジットカードとしてANA+JCB+EDYカードが紹介されています。

私が紹介している楽天カードと比較してどちらが最強カードなのか見比べてみましょう。


楽天カードの紹介
ANA+JCB+EDYカードの紹介


ANA+JCB+EDYカードの方はいろいろな条件を適用させることで、
航空券換算で3〜7.5%
Edy換算で1.5〜2%
航空券換金で2〜2.7%

のポイント還元になるというものです。

楽天カードの方は1%還元なので、還元率ではANA+JCB+EDYカードの圧勝となります。
楽天カードなんて必要ないように思いますが、ANA+JCB+EDYカードの方は「いろいろな条件を適用させる」という点がデメリットとして存在します。

・年会費2100円が必要
・年間100万円以上の利用でないとポイント還元率が上がらない。
・飛行機に乗らない人はマイル交換は意味がない。
・Edyは利用できるところが少なく使い勝手が悪い。

と言ったあたりが問題点となるでしょう。

楽天カードは年会費無料ですし、ポイントは楽天市場で使えるので、使い勝手は優れています。


楽天カードは誰にでも奨めることができるオールマイティさに優れたカードなので、このブログではメインで紹介していますが、特定の人にはANA+JCB+EDYカードのようにもっと優れているカードが存在します。
自分の生活スタイルから新しいカードを探してみるのも面白いと思います。

ネット契約商品が人気 海外旅行保険で損保各社

ネット契約商品が人気 海外旅行保険で損保各社

損害保険各社のインターネット契約専用の海外旅行保険が、人気を集めている。従来の商品と比べて約3割安く、深夜や出発直前でも簡単に契約できる便利さが好評だ。
以下省略


ネットの海外旅行保険が人気みたいです。

正直な感想はなんで人気になるんだろう?ですね。


楽天カードをはじめとする海外旅行保険付帯のクレジットカードを持てば、保険料なんて1円も払う必要はないのに・・・。

クレジットカードの保険を引き受けているのは損害保険会社だから、サービスが極端に悪いというわけではないでしょう。


楽天KCカードのホームページで海外旅行ガイドブックの資料請求ができるようなので、具体的なサービス内容について調べてみます。

比較対照はコレにします。

TSUTAYA Wカード

先日、オススメのクレジットカードとして楽天カードを紹介しましたが、今日はその第2弾としてTSUTAYA Wカードを紹介します。

名前のとおり、株式投資家にはおなじみのTSUTAYAが提供するカードです。


TSUTAYAの会員証として使え年会費は無料。普通のTSUTAYA会員証は1年ごとに更新手数料が必要ですが、TSUTAYA Wカード利用であれば更新手続きも手数料も不要になります。
TSUTAYA Wカード利用でDVDやCDをレンタルすると、10%キャッシュバックされます。


ここまでならば、TSUTAYA利用者以外にはまったく魅力のないカードですが、このカードには万能型の素晴らしい特典が付いています。


・Tポイント獲得

TSUTAYAだけでなく提携店でもポイントを獲得できます。

頻繁に利用するコンビニやガソリンスタンドで利用できるというのは使い勝手がすごく良いです。
また、楽天とも提携しており、楽天カードとの相乗効果が効くのでサブカードには持ってこいなんです。


他にもいろいろ特典はありますが、ここで特に注目しておきたい点は海外旅行傷害保険です。
■保障内容
傷害による死亡・後遺障害 1,000万円
傷害による治療費用 200万円
疾病による治療費用 200万円
携行品の損害(1事故免責3,000円) 1旅行20万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円

続きを読む

楽天カードがパワーアップしてる

私は楽天カード(クレジットカード)の愛用者なんですが、久々に楽天カードのHPを見たところパワーアップしていました。

ネットショッピング用のカードとしては最強だと思っていましたが、さらに最強度が増したようです。

今販売している日経トレンディにも楽天カードかヤフーカードが良いと書かれています。


新たな2つの安心機能
■カード利用お知らせメール
ご利用明細書がお手元に届く前に楽天カードのご利用をいち早くご案内するサービスです。
万が一の不正利用も、早期の発見につながる安心のサービスです。

■商品未着補償制度
楽天市場内のご利用において、商品未着にも関わらず店舗との連絡が困難な状態となった場合には、所定の調査を行った上で請求をお取り消しいたします。

カード利用お知らせメールはありがたいサービスですよね。
商品未着補償制度の方は当たり前のような気はします・・・。楽天市場内ですから。



あとは変わりないようですが、元々この部分でも最強なんですよね。

■ポイント還元1%
100円の利用につき1%の楽天スーパーポイントで還元
還元率は0.5%以下のところがほとんどなので、一番のおすすめポイントがここです。

■加盟レストランの食事でポイント10%還元
日米約12,000店の楽天ダイニング加盟レストランでご利用いただくと、お食事代100円につき楽天スーパーポイントが10ポイント(10%)貯まります。

■海外旅行傷害保険
死亡後遺障害(傷害による):2,000万円
傷害治療費用:200万円
疾病治療費用:200万円
救援者費用:200万円
賠償責任:2,000万円
携行品損害:20万円(免責3,000円)
カードを持つだけで付帯してくるサービスです。
海外旅行に行く際は保険加入は必須ですからありがたいサービスです。
無料カードの中では最高ランクの保障内容です。

■カード盗難保険
カード紛失、盗難など、思いがけないアクシデントでも大丈夫。損害額の全額を補償します。

■ifサポート保険(クレジットカード債務免除費用保険制度)
会員の方が死亡又は、重度障害になった場合、それまでのカードご利用残金を免除します。(同保険は会員資格取得時より対象となります。)

■ネット不正利用補償制度
インターネットショッピングでも安心してご利用いただけるネット不正利用補償制度を自動付帯しています。

■無料ETCカード
ETCカードも無料で付くので、欲しい人にはちょうどいいでしょう。
私も利用しています。

続きを読む
livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
・日本の億万投資家名鑑 必勝編
・俺の株式投資術
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン