成長株で億万長者

未来のリーディングカンパニーを探し出して投資する! 目指すは成長株で億万長者


ポートフォリオ概況

26.6.30ポートフォリオ概況

6月末は半期の締めということで、現在のポートフォリオを掲載しておきます。


現在のポートフォリオの基本コンセプトは、アベノミクスに対応した
・円安
・建設
関連銘柄が中心になっています。


では今回も行ってみましょう!


続きを読む

26.5.31ポートフォリオ概況

久しぶりにポートフォリオを掲載しておきます。
こういうのって、5年後とかに見直してみると、いろいろ勉強になるんですよね。

現在のポートフォリオの基本コンセプトは、アベノミクスに対応した
・円安
・建設
関連銘柄が中心になっています。


前回掲載時(25.9.7)のポートフォリオはこちら


では行ってみましょう!

続きを読む

保有銘柄トップ10

最近、保有銘柄の紹介をしていなかったので、久しぶりに掲載しておきます。


25.9.7保有銘柄(時価総額順)

1位 8515 アイフル
    1600円よもう一度
2位 9449 GMOインターネット
    クリック証券頑張れ!
3位 5232 住友大阪セメント
    国土強靭化&オリンピック期待だが、オリンピックは・・・?
4位 6409 キトー
    世界を制すホイスト(円安)
5位 8411 みずほフィナンシャルグループ
    三菱UFJの方が良いのかも。
6位 7279 ハイレックスコーポレーション
    日本車頑張れ(円安)
7位 7148 FPG
    次回の吹き上がりで売却か。
8位 4636 T&K TOKA
    UVインクNo.1(円安)
9位 3376 オンリー
    割安なんだけど乗り切れない奴
10位 7261 マツダ
    スカイアクティブ頑張れ(円安)


前回(6月)とほとんど変化がありませんが、住友大阪セメントが新たにランクインしています。
脱落したのはケネディクス

ここ3か月の運用成績には不満がありますが、最近買った銘柄も含め保有銘柄は全て含み益なので、喜ばしい状態であると言えます。

ここから騰がればウハウハなんですが・・・。

再構築後のポートフォリオ

5月、6月の暴騰&暴落で銘柄の入れ替えを行いました。
年初と比べるとポートフォリオがだいぶん変わっているので、主な保有銘柄を記載しておきます。

■25.6.10ポートフォリオ
(※時価総額順)

8515 アイフル
9449 GMOインターネット
6409 キトー
7148 FPG
7279 ハイレックスコーポレーション
8411 みずほフィナンシャルグループ
3376 オンリー
4636 T&K TOKA
7261 マツダ
4321 ケネディクス


太字が今年になってから購入した銘柄です。


今日は株価が騰がってしまって嬉しいような寂しいような。。。
残りのキャッシュで買ってやろうと待ちかまえていたのに。

週末は昔読んだことのある
有望株の選び方
を読み直していました。

これから景気が回復していくのであれば、シクリカル株(景気敏感株)への投資がいいんじゃないかと。
化学、商社、鉄鋼、非鉄金属といったセクターですね。

何を買えばいいのか悩みますが、王道だと住友化学とか三井化学あたりなのかな、と考えています。

両社とも利益は冴えませんが、将来に向けた設備投資はしっかり行っているので、市況が改善すれば利益は爆発的に増えるのではないでしょうか。

住友化学は株価309円(PBR1.02倍)→2007年は1000円超え
三井化学は株価221円(PBR0.59倍)→2007年は1000円超え
なので、今からでも値上がり益は十分見込めそうです。

9/13ポートフォリオ概況

■現物分
・タビオ 880(1,220×300株)
・ソフマップ 178(370×100株)
・チェルト 1,520(2,000×100株)
・朝日ネット 284(260×1000株)
・プレステージ・インターナショナル 157,000(103.500×1株)
・ダイオーズ 534(680×300株)
・エイジス 2,140(2,900×100株)
・共和工業所 420(735×100株)
・ゼンショー 680(650×100株)
・国際計測器 703(1,100×200株)
・SHOEI 992(1,400×100株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 12,490(208,000×1株)


久々のポートフォリオ概況です。

日経平均は1万円を超えたところで足踏み状態
株価が下がらないので、ポートフォリオに変化はありません。

当分はせっせとキャッシュポジションの増加に勤しむことになるんじゃないかと思っています。


久々にフージャースの株価を見るとかなり上がっていてびっくり!

1Q決算がP/L、B/S両面でわずかながらも改善されており、最近は完成在庫を相次いで売り切るなど、頑張っているようです。
特に稲毛の売り切りには驚いています。

気になるのは仕掛販売用不動産=土地
新規着工ができていないようなので、このままでは来期の自社物件はほとんどない状態になります。

販売代理だけで土地購入により抱えてしまった借入金を、払うことができるのか気になるところです。

7/12ポートフォリオ概況

■現物分
・タビオ 850(1,220×300株)
・ソフマップ 177(370×100株)
・チェルト 1,395(2,000×100株)
・朝日ネット 294(260×1000株)
・プレステージ・インターナショナル 171,300(103.500×1株)
・ダイオーズ 475(680×300株)
・エイジス 2,025(2,900×100株)
・共和工業所 395(735×100株)
・ゼンショー 534(650×100株)
・国際計測器 868(1,100×200株)
・SHOEI 915(1,400×100株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 11,330(208,000×1株)


日経平均は下落を始めましたが、ポートフォリオの方はプレステの高騰などもあり高値圏で推移しています。

もっともキャッシュポジションを確保してあるので、私としてはおいしい水準まで下がって欲しいところです。

続きを読む

6/20ポートフォリオ概況

この1週間で保有銘柄を一部売却しました。

【売却】
 ・e−まちタウン(全株)
 ・ハードオフ(全株)
 ・SHOEI(一部)


売却により、現在のポートフォリオは以下のとおり。


■現物分
・タビオ 795(1,220×300株)
・ソフマップ 187(370×100株)
・チェルト 1,375(2,000×100株)
・朝日ネット 296(260×1000株)
・プレステージ・インターナショナル 143,900(103.500×1株)
・ダイオーズ 445(680×300株)
・エイジス 2,085(2,900×100株)
・共和工業所 418(735×100株)
・ゼンショー 516(650×100株)
・国際計測器 847(1,100×200株)
・SHOEI 915(1,400×100株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 12,310(208,000×1株)

6/13ポートフォリオ概況

■現物分
・タビオ 840(1,220×300株)
・ハードオフコーポレーション 440(350×300株)
・ソフマップ 172(370×100株)
・チェルト 1,380(2,000×100株)
・朝日ネット 300(260×1000株)
・プレステージ・インターナショナル 132,500(103.500×1株)
・ダイオーズ 447(680×300株)
・エイジス 2,050(2,900×100株)
・e−まちタウン 400,000(197,000×1株)
・共和工業所 456(735×100株)
・ゼンショー 519(650×100株)
・ワークマン 1,000(1,800×100株)
・国際計測器 845(1,100×200株)
・SHOEI 921(1,400×200株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 9,520(208,000×1株)


久々にポートフォリオ概況を掲載します。

前回(10月)と比較すると、
UMCJとフージャースがなくなり、e−まちタウンが新たに加わっています。


株価もだいぶん騰がってきたので、少し売却してCPを確保したいですね。
売却候補は、ハードオフ、e−まちタウン、SHOEIなど。

ハードオフは会社に魅力を感じないのでそろそろ潮時

e−まちタウンは事業内容より、IT関連という業種と割安感で購入しただけなので、そもそも長期に保有する銘柄ではない。

SHOEIは優良企業ですが、下方修正の懸念もあるので、100株売却して様子をみたい。

といったところが売却理由です。

保有銘柄チェック その3

保有銘柄チェック第三弾

これで最後となります。

保有銘柄チェック その1
保有銘柄チェック その2


11.共和工業所(5971)
株価:735→374
売上:10,005→(8,650)
営業利益:1,867→(550)
配当利回り:4.01→(4.01)
建設機械向けのボルトを作っている会社だけに、サブプライム不景気に直撃を受けている模様
業績予想の下方修正は実に3回!
ただし、PBRは0.4倍を割れており、数年後の好景気に向けて仕込むには良い頃合いではないかと思います。
もともと配当性向が低いこともあり、配当は据え置くようですね。
300円割れがあれば買い増ししておきたいです。

12.ゼンショー(7550)
株価:650→461
売上:282,498→(310,500)
営業利益:15,268→(7,100)
配当利回り:2.60→(2.60)
牛丼チェーン大手
株主優待目的なので優待が貰えたらそれでいいっス!
今のところ一番重宝している優待です。
そういえば最近値下げに踏み切りましたが、これが吉と出るか凶と出るか!?

13.国際計測器(7722)
株価:1,100→307
売上:10,335→(9,800)
営業利益:2,423→(1,000)
配当利回り:17.92→(9.77)
自動車メーカーに測定機器を製造販売している会社
−70%とこっぴどくやられています(涙)
この銘柄の一番の注目は配当利回り。
約10%と株とは思えない利回りですが、前期実績だと約18%とびっくりする数字が出てきます。
ビック3の破綻懸念など先行きに明るさが感じられない自動車業界ですが、私は自動車産業は成長産業だと思っているので、ストロング買い増しで対抗していきます。

14.SHOEI(7839)
株価:1,400→898
売上:14,995→12,700
営業利益:3,608→2,320
配当利回り:8.46→(5.90)
二輪車用高級ヘルメットで世界シェア1位、泣く子も黙るSHOEI
最近は投資家もですがw
気になるのは排ガス規制の動向
高級バイクは趣味性の高いものだけに、排ガス規制でバイクのスペックが下がり魅力が薄れると、バイク離れが起こる危険性があります。
本日、2Q決算が発表されましたが不振のようです。
通期予想の下方修正もあり得ると社長が申しております。
取りあえずはホールドですが、下方修正で株価が安くなったら買い増しを検討します。


というわけで、

買い増し検討 2銘柄
ホールド 2銘柄

という結果となりました。

保有銘柄チェック その2

保有銘柄チェック第二弾です。

保有銘柄チェック その1


6.プレステージ・インターナショナル(4290)
株価:103,500→112,000
売上:13,438→(15,130)
営業利益:1,806→(2,350)
配当利回り:1.34→(1.76)
保有銘柄の中で数少ない含み益銘柄
買う時期が重要であると実感できる銘柄です。
業績は堅調で3Q決算の進捗状況からして、通期予想は達成できそうです。
ホールドで。

7.テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)
株価:208,000→5,100
売上:43,642→(46,190)
営業利益:-901→(620)
配当利回り:0.00→(0.00)
3Q決算時に下方修正を発表
改善はしていますが、思うように進みません。
同業のベストブライダルとの差は歴然ですが、この原因は、
1.人材
2.建物
にあるのではないかと思います。
T&Gは急成長を目指したために中途採用者がほとんど。一方のベストブライダルは新規採用者を粘り強く育てています。
また、建物もT&Gはシングル又はダブルバンケットタイプであるのに対し、ベストブライダルはマルチバンケットタイプが主流
効率性と消費者の嗜好の多様化に対応できているのではないかと思います。
正直、T&Gは厳しい。
ポジションどうしよ?

8.ダイオーズ(4653)
株価:680→413
売上:16,745→(17,551)
営業利益:918→(1,100)
配当利回り:3.63→(3.63)
3Qまでの進捗状況を見ると、利益面での達成は微妙
しかしながら米国初の経済危機下で米国でも売上を伸ばしており、残存者利益を狙う姿勢は好感が持てます。
株価が買値の半分以下になることがあれば、買い増しも検討したい。

9.エイジス(4659)
株価:2,900→1,960
売上:17,701→(19,600)
営業利益:1,973→(2,095)
配当利回り:2.30→(2.30)
3Q決算でも増収増益であり堅調ですが、月次を見る限り通期予想の達成は難しそう。
国内シェア75%超を握っており、今後の成長力という点ではいまいちのところがあります。
日本企業の海外出店に合わせた海外での成長が今後の鍵でしょう。
4月に上海とマレーシアに子会社を設立
取りあえずはホールドで問題なし。

10.e−まちタウン(4747)
株価:197,000→220,000
売上:8,205→(8,800)
営業利益:1,057→(1,200)
配当利回り:4.55→(4.55)
ネット関連でPBR1倍割れ&高配当ということで購入
取りあえずは問題ないかな、と。
事業内容より指標で飛びついた面が強いので、あんまり詳しく語れません・・・。
本日の株価はS高
アリババとの提携を好感している模様ですが、何がすごいのかよくわかりませんw
光通信とソフトバンクの株価は対して反応していないし???
同じような銘柄としてはマガシークにも興味あります。


今回の5銘柄チェックの結果は、

買い増しも  1銘柄
ホールド   3銘柄
売りたいけど 1銘柄

という結果でした。
とにかくT&Gが・・・。 
livedoor プロフィール

AKI

成長株への投資で億万長者を目指す個人投資家のブログです。階級は大佐
趣味はヘッドホン・イヤホン集め。
HA-FW01、XBA-A3、N20U、TITTA、CARBO BASSO、AK T1p、P7、Fidelio M1MKII、OH2000

掲載書籍
当ブログは
・BIG tomorrow06年4号
・週刊SPA!05/12/20号
・週刊SPA!06/1/24号
・日経ヴェリタス15年4月5日号
・BIG tomorrowマネー2016年10月号増刊
・日経マネー2016年12月号
・日経マネー2017年2月号
・日本の億万投資家名鑑
・日経マネー2017年5月号
・日経マネー2017年7月号
・日本の億万投資家 77の金言
に掲載されました。
投資成績
■投資成績
2001年 株式投資開始
2001〜2003年 不明
2004年 +19.1%
2005年 +110.0%
2006年 -26.8%
2007年 -28.8%
2008年 -42.3%
08年8月に退場
01年-08年の通算損益は+-0
2009年 +24.3%
2010年 +3.7%
2011年 -2.8%
2012年 +46.7%
2013年 +153.4%
2014年 +46.1%
2015年 +34.8%
2016年 +15.8%
2017年 +29.5%

2009〜2017年 +1375.5%
メッセージ

名前
メール
本文
オススメ証券会社




管理人利用の証券会社です。
ネット証券最大手で、安い手数料・豊富な取り扱い商品・安定したシステム(バックアップサイトもあり)と3拍子揃った証券会社
初心者から上級者まで誰もが満足できる証券会社です(除くデイトレ)。
オススメ投資信託
セゾン投信
低コストのインデックス分散投資であるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り扱っています。海外比率が高いので日本の先行きに不安な方にオススメです。

SBI証券
信託報酬を低く抑えたSBI資産設計オープンを取り扱っています。リスク・リターンともセゾンとマネックスの中間にあるバランスの良いインデックス型投資信託です。
AKI成長株ファンド組入れ銘柄
28.8.23現在

1.日本株(保有比率)

■超主力銘柄(20%超)
1位 現金

■主力銘柄(10〜20%)
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント

■通常銘柄(5〜10%)
3位 5194 相模ゴム工業
4位 6061 ユニバーサル園芸社
5位 7533 グリーンクロス
6位 4344 シーティーエス

■打診買い銘柄(5%以下)
7位 7605 フジ・コーポレーション
8位 3830 ギガプライズ
9位 3085 アークランドサービスホールディングス
10位 3094 ブロンコビリー
11位 2415 ヒューマンホールディングス
12位 7148 FPG
13位 7839 SHOEI
14位 3284 フージャースホールディングス

■株主優待銘柄
17銘柄

■夢追い銘柄
未上場 セラーテムテクノロジー
コメント
Google
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月の土地




月の土地が2700円で買えちゃいます。管理人も月の土地ホルダーです(笑)究極の不動産投資&サプライズのあるプレゼントに持ってこいです!

詳しい買い方はこちら
愛用クレジットカード


100円につき1楽天スーパーポイント(1%)還元のクレジットカード。楽天市場での利用は嬉しい2%還元。
管理人は1年で10000ポイント貯まりました。
付帯できる無料ETCカードでも1%還元。今なら2000ポイントをプレゼントしてくれるキャンペーン中です。
サービス内容の詳細はコチラ
相互リンク(更新順)
月別アーカイブ
ノジマオンライン