明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

2020年は生活も投資もコロナの1年でしたが、2020年の投資はどうなったのか?

さっそく2020年12月の運用成績を報告します。


【2.12運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.2%
  年 次:−0.7%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.5%
  年 次:+1.7%

ウ.総合成績
  月 次:−0.7%
  年 次:−0.3%


エ.TOPIX
  月 次:+2.8%
  年 次:+4.8%




2.概 況

2020年の株式投資は一言でいえば波に乗り切れない1年でした。
好みの銘柄群は思うように株価は上がらず、銘柄選択の幅を広げないといけない1年でしたね。
2020年はコロナの影響で仕事が忙しくなってしまい、株式に十分な時間を割くことができませんでした。2021年はもっと真摯に株式投資に取り組んでいきたいと思います。

個別銘柄では何と言っても、4月に開催されたZOOM会で推奨銘柄として取り上げたKeePer技研ですね。
KeePer愛好者であり良いと思っていながらもほとんど買っていませんでした。
4月の株価で購入していても今は3倍になっていますからね。
今年の不調を象徴する銘柄でした。

あとは主力に据えたスプリックスの不調も痛かったです。
事業内容は魅力的なんですが、買収をしたことにより見かけの利益が激減してしまった。
投資をするタイミングが合いませんでした。

11月から12月にかけて、流れに乗れていないことから半導体関連銘柄を複数ポートフォリオに組み入れました。これが2021年のパフォーマンスを改善してくれることを期待しています。

その他には2020年は外国個別株にも投資をした1年でした。
外国個別株への投資は15年ぶりくらいなので新鮮で楽しかったです。




3.保有銘柄

【日本個別株】
保有銘柄のTOP10を紹介します。

1位 6146 ディスコ
2位 6323 ローツェ
3位 7545 西松屋チェーン
4位 9873 日本KFCホールディングス
5位 6524 野村マイクロ・サイエンス
6位 3830 ギガプライズ
7位 4690 日本パレットプール
8位 4689 Zホールディングス
9位 7065 ユーピーアール
10位 7564 ワークマン

以前1位だったスプリックスは教育IOTの報道で株価が上がった時に大部分を売却
代わりにディスコ、ローツェを組み入れています。


【積立投資】
ONE TAP BUYを使って12銘柄に毎月1,000円〜2,000円を積立投資しました。
アップル、アマゾン、アルファベット、インテル、ウォルト・ディズニー、エヌビディア、ビザ、ブッキングHD、マイクロソフト、マスターカード、SPDR S&P500 ETF、インベスコQQQ


【外国個別株】
阿里巴巴集団(アリババ グループ)
ウィズダムツリー 中国株ニューエコノミーF
台湾セミコンダクター
ピンアン保険





スポンサードリンク
スポンサードリンク