2018年8月の運用成績を報告いたします。




【30.9運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.2%
  年 次:+23.7%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+1.3%
  年 次:+0.3%

ウ.総合成績
  月 次:−1.0%
  年 次:+21.7%


エ.TOPIX
  月 次:+4.7%
  年 次:−0.0%




2.概 況

9月は月初から中旬にかけて軟調な相場展開となり、厳しい展開になる場面がありました。
しかしかながら下旬に株価は大きく上昇し、終わってみれば好調といえる1か月となりました。
そのような中、当ファンドも中旬までは軟調に推移しましたが、下旬に持ち直しました。
しかしながら、最主力のコーア商事ホールディングスの下落が大きく、トータル成績ではマイナスと振るわない1か月となってしまいました。



3.売 買

新規購入:システム ディ、ヴィア・ホールディングス
買い増し:フージャースホールディングス
全部売却:キュービーネットホールディングス、日本ギア工業
優待タダ取り:コロワイド、JALUX、ゼンショーホールディングス、ヤマダ電機、ANAホールディングス、日本航空、モスフードサービス、ラウンドワン、第一興商


今月は小幅な銘柄入れ替えを行いました。

会社四季報を見ていて、昔から気になっていたシステム ディが欲しくなったので購入

フージャースは株価が700円を下回ってきたので、値ごろ感から買い増してしまいました。
チャートの形は悪いので大きなポジションにはしていません。

株主優待の改悪で一度は手放したヴィア・ホールディングスを買戻し。やっぱりお店を使うので。
株主優待の改悪した日本ギア工業は迷った末に売却しました。

値動きがいまいちなキュービーネットホールディングスをいったん売却
大株主の売り圧力がある間は、株価は大きく上がらないだろうととの判断です。
PERが20倍を下回ってきたら再度インしたいと考えています。

株主優待のタダ取りは9銘柄しました。
ANAとJALは金券ショップで売却して、優待タダ取りの手数料代金に充当する予定です。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 9273 コーア商事ホールディングス
2位 5194 相模ゴム工業
3位 6065 ライクキッズネクスト
4位 7199 プレミアグループ
5位 6670 MCJ

株価の上昇によりプレミアグループとMCJがランクアップ。
前月は4位だった日本モーゲージサービスは6位のランクダウンし圏外となりました。




5.購入検討銘柄

2483 翻訳センター
6189 グローバルグループ
6571 キュービーネットホールディングス
7564 ワークマン


スポンサードリンク
スポンサードリンク