2017年8月の運用成績を報告いたします。




【29.8運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:−1.4%
  年 次:+19.2%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.1%
  年 次:+3.9%

ウ.総合成績
  月 次:−1.3%
  年 次:+17.9%


エ.TOPIX
  月 次:−0.1%
  年 次:+6.5%




2.概 況

8月は北朝鮮による弾道ミサイル発射がありましたが、相場は混乱もなく横ばいで推移しました。

当ファンドは、月初に主力銘柄である相模ゴムやユニバーサルエンターテイメントの株価が下落したことから、8月は厳しい運用となりました。
月後半に追い上げたものの、下落を回復させるまでには至らず、2017年4月以来、4か月ぶりにマイナス運用となっています。




3.売 買

新規購入:ステラ ケミファ、ユニゾホールディングス、日本ギア工業
買い増し:ゲンキー、アクアライン
完全売却:グリーンズ、スクウェア・エニックス・ホールディングス
一部売却:ギガプライズ、ユニバーサルエンターテインメント
優待クロス:ビックカメラ、ミニストップ


8月は決算、株価動向を受けて売買を行いました。

ゴタゴタがあり、今期業績にも不安が出てきたユニバーサルエンターテインメントの大部分を売却し、様子を見ることにしました。

また、ギガプライズも今期は先行投資時期であるため、ポジションを半分に落とし、主力銘柄から通常銘柄に格下げを行いました。

グリーンズは鳴かず飛ばず状態なので見切り売り。

業績の好調そうなゲンキーとアクアラインを買い増しました。

初めて購入した銘柄も1つあります。
決算ダービー銘柄のステラ ケミファの株価が、転換社債の行使より株価が急落していたため、急きょ拾うことにしました。業績は好調そうなので、次の決算に期待します。

ユニゾホールディングス、日本ギア工業は株主優待狙いです。

8月末のキャッシュポジションは約15%です。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 4109 ステラ ケミファ
3位 4345 シーティーエス
4位 7887 南海プライウッド
5位 2772 ゲンキー

上位銘柄の入れ替えを行ったため、TOP5は大きく変動しました。
新顔のステラ ケミファはいきなり2位にランクイン。
購入直後に急騰してくれたので、思いのほかの上位で登場です。




5.購入検討銘柄

5194 相模ゴム工業
6065 サクセスホールディングス
6173 アクアライン

株価の状況を見ながら保有銘柄の買い増しを考えていきます。