スパークス001



スパークス・アセットマネジメントと言えば、投資家で知らない人はいないでしょう。

アクティブ運用で定評のある老舗の運用会社です。


このスパークスさん、ちょこちょこお金に関するアンケートをしています。

このアンケート、身近な話題をいろいろ取り上げていて、なかなか面白いです。

今回は、
日本経済と株式投資に関する意識調査2017 春
というアンケートを取り上げてみます。


このアンケートの中で衝撃を受けたものがありました。


質問内容は以下のとおりです。

Q 経済的自由(働かなくても生きていくお金に困らない生活)を実現する確率が高いと思う手段[制限複数回答形式(回答数3つまで)]


選択肢が複数用意されているんですが、皆さんはどれを選びますか?

・勤労・節約・貯金に励む
・宝くじを 当てる
・株式投資
・不動産投資
・外貨・FX投資
・投資信託
・ヒットコンテンツを生みだす(印税・著作権・広告収入)
・独立・起業する(事業経営)
・新技術や新商品を開発する(特許収入)
・その他
・わからない/特になし


私であれば、
・株式投資
・不動産投資
・投資信託
あたりをチョイスするかな。


勤労・節約・貯金が第1位・・・


アンケートの結果は以下のとおりです。

経済的自由


栄えある第1位に輝いたのは、「勤労・節約・貯金に励む」でした。

おめでとう♪



って、働かなくても生きていくお金に困らない生活 を 勤労・節約・貯金で達成できるものなんでしょうか???


働かなくても生活しているお金ですから、年齢にもよりますが、まあ1億円以上は必要でしょう。

みんな、仕事でそんなに稼げるの?貯金できるの?

1億円を貯めようとすると、月20万円の積立貯金をしても40年かかります。

月20万円のちょきんなんて、普通のサラリーマンにこれは無理だし、仮に出来たとしても貯まった頃には高齢者になっているという・・・。


勤労・節約・貯金で経済的自由を実現するのは不可能




男女差が激しい


アンケートを見ていると、男女間での回答が顕著に違います。


男性の場合、株式投資や不動産投資といった投資で実現する、と答えている人が多い。

勤労・節約・貯金で経済的自由を実現するのは、実現性がありませんから、投資を手段に選ぶというのは理に適っています。

勤労・節約・貯金という回答もありますが、これは投資に種銭作りのためと思える結果です。



ところが女性のアンケート結果は年代関係なく全く同じ。

1位 勤労・節約・貯金に励む
2位 宝くじを当てる
3位 不動産投資


女性は、勤労・節約・貯金をものすごく大切にするようです。


勤労・節約・貯金に励んでも、宝くじを買っても、経済的自由を実現することはほぼ不可能です。

貯金や宝くじで、経済的自由を実現した人、見たことありますか?

周りにそんな人いないでしょうに・・・。


出来ないものを手段に選ぶのはなんでだろう。

アンケートに答えた女性は、たまたま高所得者層だったんでしょうか。

3位の不動産投資は、投資というよりマイホームのことを言っている人もいそうですね。



こうして男女のアンケートを比較してみると、男性女性の考え方の違いが如実に現れるので面白いですね。

男性は、なんとかして達成できる手段を選択しようとするのに対して、女性は達成できるかどうかは関係なく保守的です。




まとめ:絶望しかない


このアンケート結果から男性投資家が学べることは、

ということでしょう。

絶望しかないし、もう結婚できなくてもいいや、と思えてきました・・・。