2017年7月の運用成績を報告いたします。

時間がないので、とりあえず簡易版のみをアップします。

詳細は週末に書き直す予定です。


8月6日に追記しました。





1.運用成績(29.7)

ア.個別株投資部門
  月 次:+6.8%
  年 次:+21.0%

イ.インデックス投資部門
  月 次:+0.7%
  年 次:+3.9%

ウ.総合成績
  月 次:+6.3%
  年 次:+19.4%


エ.TOPIX
  月 次:+0.4%
  年 次:+6.6%



2.概 況

7月は5月、6月に引き続き3か月連続のプラス運用で終えることができました。

保有銘柄は主力銘柄の相模ゴムやシーティーエスの株価が上昇し、運用成績の向上に寄与しました。
月中には株価が上昇し割安感がなくなったシーティーエスを半分売却し、利益確定も行いました。

また、増加したキャッシュポジションを有効活用するため、南海プライウッドの新規購入や保有銘柄の買い増しを行いました。

8月は上旬にかけて保有銘柄の決算が発表されるため、資産の増減が大きくなると思われます。




3.売 買

新規購入:南海プライウッド
追加購入:アクアライン、ゲンキー
一部売却:シーティーエス

主力銘柄のシーティーエスの株価が上昇し、PERが35倍を超えてきたことから保有株の半分を売却しました。
平均買値410円 → 平均売値1510円 なので、約3.7倍での利益確定でした。
まだ半分は保有しているので、今後の株価動向には引き続き注意していきます。

キャッシュポジションが増えたため、南海プライウッドを新規購入しました。
ここ半期ほど業績の好調さが出てきていることと、PER7.3倍、PBR0.34倍と割安なので参戦しました。

その他、保有銘柄であるアクアライン、ゲンキーを買い増ししました。
この両銘柄は株価が下がった4月に大部分を売却しており、株価が上がった7月に入ってからの買戻しは痛恨のトレードとなってしまいましたが、業績が好調なことから買戻しを決断しました。

7月末のキャッシュポジションは約5%となっています。
キャッシュポジションは10%超の水準までは引き上げたいと考えています。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 5194 相模ゴム工業
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
3位 4345 シーティーエス
4位 3830 ギガプライズ
5位 7887 南海プライウッド

保有株のうち半分を売ったシーティーエスが1位から3位にランクダウン。
シーティーエスの売却資金で購入した南海プライウッドが5位にランクインしました。
6月5位のサクセスホールディングスは、社名をライクキッズネクストに替え6位に付けています。




5.購入検討銘柄

2772 ゲンキー
5194 相模ゴム工業
6065 ライクキッズネクスト
6173 アクアライン

株価の状況を見ながら保有銘柄の買い増しを考えていきます。