5月に入り、3月決算の銘柄から続々と決算が発表されています。

保有銘柄の決算がどうだったのか。

これはバリュー投資家にとって最重要事項と言えるでしょう。

と言う訳で、保有している銘柄の決算を確認していくことにします。




2388 ウェッジホールディングス 〇

まずまず好調な決算、という印象
ただPERとかみると、現在の成長力では物足りない。
今期は種まきのシーズンとは言われているけど。


3284 フージャース ◎

文句のない決算でしたね。
フージャース復活か、とも言われています。
2018.3期予想も増収増益を予想していますが、契約残高が減っているのがちょっと気になるところです。


3830 ギガプライズ △

進捗率から未達が懸念されていましたが、やっぱり未達でした。
しかし、この銘柄は2018.3期が勝負どころと考えているので、これから真の戦いが始まるところでしょう。
売上予想は+50%と強気計画です。
利益は控えめですが、ここも売上並みの成長になることを期待してホールドします。


6061 ユニバーサル園芸社 〇

ちょっとしたサプライズ決算でしたね。
M&Aしたアメリカ子会社が不調で業績は低迷しましたが、3Qはアメリカのクリスマス特需の恩恵を受け、大きく利益を伸ばしました。
この会社にはライバルらしいライバルがいないので、地道に成長していって欲しいですね。


6425 ユニバーサルエンターテイメント 〇

フィリピンでのカジノ開業により大赤字予想を出してくる懸念がありましたが、蓋を開けてみるとまずまずの決算発表でした。
3月にカジノはグランドオープンしているだけに、これからどのように寄与してくるかワクワクしながら保有し続けます。
フィリピンカジノを成功させて日本でもカジノを開業させて欲しいですね。
そうなればカジノ相場の一番手になることは間違いありません。


6670 MCJ 〇

斜陽産業の勝ち組銘柄として、増収増益を達成しました。
下半期は乃木坂46を起用した各種CMを行ったことにより利益率は低下してしまいましたが、更なる知名度UPのためにも必要な支出だと思います。
2018.3期も増収増益予想
割高感もないので引き続きホールドですね。


7781 平山ホールディングス ×

最近、密かな注目を集めている平山
3Q決算は増収ながらも減益でした。
売上だけみるとかなりの成長株なんですが、利益がついて来ませんね。
グリッチなのか、単純に収益力の低い会社というだけなのか?
判断が難しい銘柄です。


9035 第一交通産業 △

決算は減収減益でした。
そのため株価は下がりましたが、ここは東証一部への昇格期待で持っているので、気にしないことにします。
予想PER6倍、PBR0.7倍ですから割安でしょう。




(続き)


保有銘柄で決算発表がまだの銘柄は、17日発表の5194 相模ゴムのみ。

ここの決算は予想がつきます。

6月からフル生産状態なので、売上・利益ともに変化はないでしょう。

株価はどう動くのかは分かりませんが・・・。

この銘柄は来期を見据えて投資をしているので、ジタバタすることはありません。

大きく下がれば買い増しするのみ、です。