ブログサーフィンをしていて、こんな話題を見つけました。

saimon
https://twitter.com/hitori_haitou/status/844033893854400512より



このツイートを見て、確かにインデックス投資ブロガーがインデックス投資を語ると小難しい話ばかりで、投資に興味がないor知らない人が聞いたらつまらないだろうな、と思います。

これでは投資に興味を持って貰うことはできそうにありません。


そこで、個別株投資家のAKIがここは一つ、インデックス投資の魅力を語ってみましょう。




自分が働かなくてもお金が増える


インデックス投資の一番の魅力、それは

「自分が働かなくてもお金が増えるところ。」

だと思うんですよね。


最初に積立投資をセットすればそれで完了!

あとはほったらかしにしておいたら、勝手にお金が増えてくれるんですから、これほどラクチンなことはありません。


ほとんどの人は、自分が働くこと以外で収入を得ていません。

働かないのにお金が手に入る、ということは普通はあり得ないことです。


ところがインデックス投資をすると、
自分は何もしないのに、お金を持ってきてくれる。

これ、めっちゃ得した気分になれます!!



私は個別株への投資をしていますが、この個別株投資は自分が働かないと儲からないんですよね。

億り人を見ると、投資に対して勉強熱心で、日々努力を怠らない人ばかりです。

労力を投入しているんですから、これも立派な労働と呼べるでしょう。

個別株投資で得られる利益は労働の対価と言えます。


一方、インデックス投資はネット証券でも口座を開いて、最初にバランスファンドの積立投資をセットしさえすれば、あとは何にもすることがありません。

バランスファンドだとリバランスすら必要ない。

できることと言えば、せいぜい口座残高を見て一喜一憂するくらいのものです。





難しいことはイヤ


最近、私の20歳代部下で投資に興味を持った人がいました。

投資をやりたいというので、それならと

はじめての人のための3000円投資生活

という本を貸しました。

この本、めっちゃ簡単なんですよ。

「3000円でいいからバランスファンドを積立投資しよう」としか書いていませんから(笑)

だから、アマゾンのレビューでは内容が薄すぎるという意見が書かれていますね。


部下は簡単なこともあり2時間ほどで読破し、その後バランスファンドへの積立投資を始めました。



私としては、投資を始めて良かった良かった、なんですが、同時にあの知識量では心もとないな、とも感じたので、きちんとインデックス投資を学んで欲しくて、

しぶとい分散投資術

という本を渡しました。

この本はインデックス投資の名著中の名著だと思っています。

これ1冊でインデックス投資を漏れなく理論的に学ぶことができます。


早く読んで欲しかったのですが、1週間経っても2週間経っても本を返してくれません。

しびれを切らして、本読んでる?と聞いたところ

「難しくて読む気が起きません。」

との回答でした。


そうか・・・あの内容でも読む気が起きなくなるのか、と感じた瞬間でした。



よく、インデックス投資ブロガーの決め文句で、

投資が趣味でも仕事でもない人にインデックス投資はおすすめ

という言葉を見ますが、投資が趣味でも仕事でもない人にとっては、インデックス投資ですら敷居は高いのです。





まとめ


インデックス投資の魅力はいろいろあります。

しかし、投資を知らない人にそれを力説しても、敬遠されるだけです。

iDeCoなんか、やって損はないと思うのですが、我が社の加入率はわずか5%ほど・・・。


投資が趣味でも仕事でもない人に、リスク許容度がどうとかコストがどうとか話したところで、全く魅力を感じてくれないわけですよ。


積立分散投資
私は入門者にインデックス投資を説明する時は、このグラフを1枚見せて説明しています。

話すことは3つだけ

波乱に負けない分散投資 積み立てでコツコツより


1 投資は長期で見ればお金を増やしてくれる。
2 分散投資をすると値動きが緩やかになる。(=リスクが減る。)
3 30%くらい値下がりすることがあるが、我慢して続ける。



この3つが理解できれば、インデックス投資を始めてもいいんじゃないでしょうか。

バランスファンドを使えば全部お任せでやってくれるので、理論なんて知らなくても投資ができます。


インデックス投資の最大の魅力である

「自分が働かなくてもお金が増える。」

ことを伝えることができれば、あとは何とかなると思うAKIなのでした。