敗北


ウェッジ・ショックが襲来した今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は久しぶりに暴落を満喫しているところです・・・。

ウェッジだけならまだしも、最主力銘柄であるユニバーサルエンターテイメントにも増資爆弾が投下され、今週はとんでもない1週間となりました。


3月11日時点での運用成績は、

【個別株投資部門】
 月 次:−4.4%
 年 次:+9.4%


となっています。


この程度で済んだので思ったよりはましですが、3月も1週目は資産を増やしていただけに、この運用成績はちょっと困ったぞ状態です。
これからも下がる可能性はありそうですしね。




29.3.11ポートフォリオ概況


引き続き、ポートフォリオの上位銘柄を紹介しましょう。

注目のウェッジは2月末時点ではポートフォリオ3位に位置していましたが、果たしてどうなったのか?


29.3.11保有銘柄(保有時価総額順)


■超主力銘柄(20%超保有)
 なし


■主力銘柄(10〜20%保有)
1位 5194 相模ゴム工業
2位 6425 ユニバーサルエンターテインメント


■通常銘柄(5〜10%)
3位 4345 シーティーエス
4位 3830 ギガプライズ
5位 2772 ゲンキー
6位 2388 ウェッジホールディングス
7位 6670 MCJ
8位 7507 G−7ホールディングス


■打診買い銘柄(〜5%)
9位 9035 第一交通産業
10位 6061 ユニバーサル園芸社
11位 8922 日本アセットマーケティング
12位 7533 グリーンクロス


以下省略




ポートフォリオ解説


ユニバ170311
1位は僅差で相模ゴム工業

ユニバーサルエンターテインメントは木曜までトップだったのですが、金曜の大幅下落でトップの座を明け渡すことになりました。

ユニバはどうしても資金不足なので、これからも増資爆弾のリスクはありそうです。



ウェッジ170311
注目のウェッジホールディングスは3位から6位までダウン
昨年12月と同じ位置まで帰ってきました。

ウェッジはハイリスク銘柄なので、購入時はポートフォリオの5%以下しか投資をしなかったのですが、株価の高騰により10%を超える位置まで急伸していました。
本来であれば、リスクを考えてリバランスをするべきだったな、と反省しています。
株価が1500円を超えた時に考えたこともあるのですが、年初から上げ相場だったこともあり欲張ってしまったのが敗因です。


今年になって買った銘柄は、G−7ホールディングス第一交通産業の2つ。
ともに株価は好調なので、これは組み入れて正解だったな、と感じています。



今年の投資成績は+10%を切ってしまい、目標である+20%以上に黄信号が点灯してしまいました。

特定銘柄に拘る必要はないので、ポートフォリオの再構築も視野に立て直しを図っていきます。