2017年2月の運用成績を報告いたします。




【29.2運用成績】

ア.個別株投資部門
  月 次:+5.1%
  年 次:+14.4%

イ.インデックス投資部門
  月 次:−0.1%
  年 次:+0.4%

ウ.総合成績
  月 次:+4.7%
  年 次:+13.2%


エ.TOPIX
  月 次:+0.9%
  年 次:+1.1%




2.概 況

2月は小型株を中心に好調な相場が続きました。
ポートフォリオも堅調に推移し、3か月連続でTOPIXも上回る運用成績を収めることができました。
とはいえ、2月は決算プレイにことごとく失敗し、無駄な損失を多くだしてしまいました。
慣れない短期売買などするものではないと反省しています。

ちなみに、2017年2月はちょっとした記念月になりました。
2012年11月にアベノミクスは始まりましたが、その時と比べて投資資産は10倍になりました。
4年4か月での達成でした。




3.売 買

新規購入:ハーバー研究所、第一交通産業、守谷商会、すかいらーく、三栄コーポレーション、Jトラスト
買い増し:ブロードリーフ、ゲンキー
一部売却:FPG、ブロードリーフ、ゲンキー、KeePer技研、ヒロセ通商
完全売却:ハーバー研究所、守谷商会

いろいろな銘柄を売り買いしていますが、そのほとんどが決算プレイ
しかも損失で終わっています。
これでプラスの運用成績だったことがある意味驚きというか・・・。

特に大敗を喫したのが守谷商会。
前回のヒューマンといい、某かみ様が推奨する銘柄とは相性が悪いようです。

株主優待目的に、すかいらーく、三栄コーポレーション、Jトラストを新規で買いました。




4.保有銘柄

保有銘柄のTOP5を紹介します。

1位 6425 ユニバーサルエンターテインメント
2位 5194 相模ゴム工業
3位 2388 ウェッジホールディングス
4位 4345 シーティーエス
5位 3830 ギガプライズ

先月と比べると、ゲンキーがランク外となりギガプライズが繰り上がりました。
ゲンキーは「株価が上がらない」という理由で売却しましたが、ひふみ関連銘柄で株価が動きだしたことから、慌てて買い戻しました。
安く売って高く買う、という逆お手本のトレードをしたあげく、保有株数が減少してしまったという最悪の状況です。。。




5.購入検討銘柄

2772 ゲンキー
3830 ギガプライズ

ゲンキーは以前持っていた株数までは買い戻したいのですが、ゲンキーを売ったお金で優待銘柄を買ってしまったので、さて困った状態です。
ギガプライズは株価こそ軟調ですが、トヨタホームと新たに提携するなど、来期は期待できるのではないか、と考えています。