夏休みの読書として、
大地震と株式投資 「イベントX」をどう乗り越えるか
という本を読んでいます。

地震や火山の噴火が株式投資にどのようなリスクをもたらすかが書かれた本です。

本書を読んで、
日本が太平洋側に災害リスクと経済を集中させている構図
を再認識することができました。


南海トラフで大地震が起きて、これが引き金となって富士山噴火と首都直下型地震を引き起こす。

こうなると日本は立ち直ることができないでしょう。



投資において最悪の事態を防ぐためには、分散投資が不可欠

災害リスクが比較的低い日本海側に、産業を移す必要があると思うのです。


・日本海側の企業に優遇措置を取る。
・北陸新幹線を早期に大阪まで繋げる。


少子化と並んで喫緊の課題です。


安保法制もいいですが、こっちの方が遥かに重要です。


スポンサードリンク
スポンサードリンク