ペッパーフードが12月月次を発表しました。

成長エンジンである『いきなり!ステーキ』を擁するレストラン部門の月次は、

12月全店:367.9でした。
※ちなみに11月は402.2

12月の売上が11月より劣っているということで、ペッパーホルダーの間で激震が走っています。

ちょうど、最近は行列を見なくなったと話題に上り始めただけに、皆さん気になっているようです。


私の感想としては、これってヤバいかもしれない・・・。


月次を2期前と比較してみますと、

11月=100×1.208×4.022=485.9
12月=100×1.327×3.679=488.2


となり、売上の伸びは11月と12月でほぼ同じです。


そんなに悪くないじゃん、と思われる人もいるかと思いますが、

ペッパーは11月に8店、12月に9店(うちFC2店)を大量新規出店しています。
※前期の出店は11月は0店、12月に3店

12月末の総店舗数は60店ですから、年末の2か月間に物凄い大量出店したんですね。


これだけ出店したにも関わらず、

・12月の月次がここまで落ち込む。
・売上成長率が11月と12月でほぼ同じ。


というのはどうかと思うんですよね。


12月の月次のみで判断するのは早計であるかもしれません。

しかし、かなり気になるデータであることは確かです。



答えは2月に発表される4Q決算の営業利益率で分かると考えています。

ペッパーは、高利益率の『いきなり!ステーキ』のおかげで、利益率がどんどん高まっています。

営業利益推移
 1Q:3.4%
 2Q:5.3%
 3Q:7.8%

4Qも順調なのであれば営業利益率は8%を超えてくると予想されます。

もし、営業利益率が下がるようなことがあれば、それはアウト!です。


スポンサードリンク
スポンサードリンク