持ち株の1つである3038 神戸物産から決算発表がありました。


平成26年10月期 決算短信


1.26年10月期決算
10神戸物産1

12月9日に業績修正のアナウンスがあったので、取り立てていうことはありませんが順調な決算でした。


2.配当政策
10神戸物産2

配当は10円増配となり80円でした。
平成27年10月期の配当予想が50円となっていますが、これは株式分割(2分割)が発表されているためです。
分割前だと100円なので、20円の増配予想になっています。


3.次期予想
10神戸物産3

平成27年10月期も営業利益は順調に伸びる予想です。
売上は微増予想なので、月次が良ければさらに期待できますね。


スポンサードリンク
(続き)


4.3年後の業績見通し
10神戸物産4


この決算短信には、とんでもないサプライズが掲載されていました。

2017年10月期目標
連結売上高3,000億円、連結経常利益150億円

経常利益は現在の3倍という派手な打ち上げ花火

この業績目標の根拠は、大規模レジャー施設の開業を計画しているためです。

2016年の開園目指して約5年前より、北海道の函館大分県の九重町・湯布院にて世界最大級の温浴施設や観光果樹園、ショッピングセンター、保養地等を、合わせて約450万屬良瀉蓮陛豕ドーム約100個分)で展開し、日本人はもちろん、海外からの観光客の方に合わせた施設を準備しております。


日本語が少しおかしいですが、たぶんレジャー施設の建設を5年前から計画していて、それを実行に移すということなんでしょう。

外国人観光客が注目を集めているので、株価的には最高のタイミングですね。

土地を大規模に購入しているのか有報を見てみましたが、いまいちよく分かりませんでした。
25年10月期に土地が57億円から116億円に増えているので、この中に含まれているのか!?
太陽光発電事業もやっているので、分かりにくいことこの上ありません・・・。

ともあれ函館、湯布院は共に旅行には最高の場所なので、開業したらぜひ行ってみたいです。



【追伸】
30億円の自社株買いのアナウンスも発表されたんですが、レジャー施設の開業を目指すなら、自社株買いにお金を使っている場合じゃないと思うのは私だけ?


スポンサードリンク