top01


とあるブログで、若い学生さんから投資家に質問があったという記事を見ました。


その質問とは

「投資をするには何から始めればいいですか?」

というもの。


皆さんはどんな風にアドバイスしますか?


私もじっくり考えてみたいと思います。


スポンサードリンク
(続き)


私であれば、まずは堅実に生きよう!と答えます(笑)

投資は生活に余裕がないと出来ません。

浪費をしない、借金をしない。

こんな当たり前のことが大切だと思います。



次に、少額でいいから投資をしよう、とアドバイスします。

学生さんだとアルバイトをしても、それほど収入はないでしょう。

無理は禁物ですが、今は1,000円あれば投資信託が買える便利な時代です。

投資をしている人ならお分かりだと思いますが、投資を始めると今まで気にしていなかったものが気になるようになります。

経済このこと、政治のこと、世界のこと etc

視野が一気に開けます。



頑張って投資をしたい!と思っている人には、個別株ファンダメンタル投資を勧めます。

この投資法は、財務諸表や本格的な投資本など、難しいものを読みこなさないとできない投資法です。

そういったものを読むためには勉強が必要で、それによってスキルアップが図れます。

就職活動での会社選びや面接などで、その知識は役立つと思います。



投資の黄金則に複利効果があります。

複利効果を得るためには、若い時から始める方が有利なのは言うまでもありません。

また、投資で失敗してしまった時も、若い時ほど、投資額が少ない時ほど、リカバリーは容易になります。

仮に学生時代に投資で失敗してしまったとしても、堅実に生きていれば生活に困ることはないし、失敗の経験を活かして、社会人になったあとの本格投資時代に大いに役立てることができます。

投資家たるもの、投資の大失敗は1度や2度は経験するものですし(笑)



なお、投資を始める時によく言われる生活防衛資金ですが、学生さんには不要だと思っています。

せいぜい20万円もあれば十分

通常、守らないといけない扶養家族はいないし、リストラに合うこともない、病気になるリスクも低い、大災害は・・・学生ではどうしようもないでしょう。。。

何より、万が一に襲われた時に頼れる両親がいます。

大病になったお金のない子供(学生)を、自己責任だといって見捨てる親はそうそういません。

必要かどうかも分からないリスクに備えるお金があるなら、どんどん投資をするべきです。

投資とは単純な株式投資のようなものを指すだけではなく、自分への投資や友達作りなど間接的なものへの投資も含みます。


極論を言わせて貰うと、貯金はお金が確実に貯まること以外にメリットがないので、貯金をするなら投資だと思いますね。




時は金なり、という有名な格言があります。

若い時にいろいろ経験することは、それだけで大きな財産になります。

勉強に、恋愛に、自分磨きに、そして投資に、励んで欲しい

と思うAKIなのでした。


スポンサードリンク