暴落


紅の鹿の日記さんでポジポジ病の話が出ていましたので、ちょっとばかり便乗してみます。

ポジポジ病
キャッシュがあるとすぐに株を買ってしまう病気のこと。
いつでもどこでもフルインベストメント状態


実はAKIも結構なポジポジ病患者でして、現在もフルインベストメント状態です。

上げ相場の時はイケイケドンドンで絶好調なんですが、そうでない時はどうなるか?

・ライブドアショック
・リーマンショック
といった○○ショックでは確実かつ猛烈に資産をふっとばしていました!

○○ショック後は、
・激減した株式資産
・激安状態なのに、株を買うお金がない。

という悲惨な状態


昔からの投資仲間は過半が億り人になっているというのに、AKIは未だに資産1億円未満
この病気が原因の1つであることは間違いありません。


こんなに酷い目にあっているのに、今もこの病気は治っていない。

こうして客観的にみてみると深刻ですね・・・。



ポジポジ病に罹る一番の原因は、

投資をしないことで儲け損なうことがイヤ

という気持ちではないでしょうか。

少なくとも自分はそうです(笑)


この心理状態が変わらない限り、ポジポジ病はずっと続きます。


スポンサードリンク
(続き)


とはいえ、最近は多少変わったところもあります。



リーマンショックと同じ頃、AKIは『ひとり財政危機』に陥っていたことがありました。
※リーマンショックとは何の関係もありません。偶然時期が重なっただけです。

貯金はゼロだし、キャッシュフローも厳しい。
なので当然、株を買うお金はありませんでした。

でも、市場は大暴落で割安銘柄がゴロゴロ


こんなに安いのに・・・なんとかして買いたい!

と思ったAKIは積立でインデックスファンドの購入を始めました。
たった月1万円の積立投資でしたが、当時の自分には精いっぱいの株式投資です。

今もインデックス投資を続けていますが、きっかけはこんな感じだったんです。


インデックス投資を始めてみて、勉強してみて、AKIは1つのことに気付きました。


それは債券(≒キャッシュ)を買うということ。

インデックス投資家からすると当たり前の話ですが、
キャッシュポジションは投資ではない
と思っていたAKIには衝撃的なお話でした。


そうか、債券(≒キャッシュ)も投資なんだ、と。


この気付きでポジポジ病が少し変わりました。

フルインベストメント状態であることに変わりはありませんが、値動きが緩やかな債券をポートフォリオに組み入れたことで、株式の激安時にも対処可能になりました。

キャッシュポジションではなく、債券投資(MRF含む)
※MRFも極めて安全性の高い債券です!

債券も投資になったので、ポジポジ病患者であるAKIの心理状態も満足しています。


今年の株式市場は去年ほど簡単ではありませんが、それでも今のところプラス圏で推移しています。
このまま順調に年末を迎えることができたら、投資元本+α分くらいは利益確定して、個人向け国債にでも投資しようか、なんて考えてます。


もし、ポジポジ病を変えたい、と思っている人がいましたら、インデックス投資はお勧めです。

インデックス投資は一攫千金を狙える投資法ではありませんが、まったりした値動きに暴落時は心を癒されることでしょう。

スポンサードリンク