決算確認2つ目は7722国際計測器

自動車のタイヤ関連の検査機器を製造販売するメーカーです。

海外での売上が70%近くある企業なので、ここもアベノミクス関連株という位置づけでポートフォリオに組み入れた銘柄です。

この銘柄の特徴は、
・景気による変動が大きいこと。
・高収益&高配当性向
の2つ。


(続き)

■業績推移

kokusaikeisokuki26.3

リーマンショック後の景気減速による自動車メーカーの設備投資の抑制をもろに受け、22.3期の売り上げは半分以下に落ち込んでいます。
円高の逆風も重なると赤字になる時も・・・。
(※売り上げが半分になっても大幅赤字にならない、これはこれで凄いことだとは思うんですけどねぇ。)

一方で好調時には営業利益率20%超を叩き出すなど、浮き沈みの激しい銘柄です。

今期は受注残を120億円も抱えるなど順調な滑り出しです。

PER:11.89倍
PBR:2.28倍
配当利回り:4.16%
受注残を考えると、今期の売り上げはもっと行くのではないかと予想しています。
配当利回りも高いので引き続きホールドしていく予定
ただし、この銘柄は長期投資をするような銘柄ではないので、前回と同じ失敗はしないよう適宜利益確定もしていきたいですね。