しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!
著者:田村 正之
出版社: 日本経済新聞出版社
価格:¥1,575
オススメ度:★★☆(最高は★★★)



インデックスファンドへの長期分散積立投資を基本とした、王道インデックス投資が紹介されている1冊

本書で面白いのがはインデックス投資のみならず、個別株投資(バリュー投資)や経済指標など幅広く投資に関する内容が紹介されていること。
バラエティーに富んでいて、著者の投資知識に対する造詣の深さを感じる。


リターン、リスク(標準偏差)、相関係数、現代ポートフォリオ理論など、インデックス投資の基礎の基礎が、統計データをもとにきちんと説明されているので好感が持てる。
インデックス投資の儲けの源泉を理論面でしっかり理解することができるだろう。

また、本書のタイトルにもなっているように、相場低迷期の積立投資の有効性がしっかり説明されており、投資で儲ける一番の秘訣=「継続は力なり」を知ることができる。

インデックス投資以外の内容に目を向けても、バリュー投資が紹介されているし、為替レートの購買力平価為替やCDSの保証料、景気後退時の先行指標など、いろいろな視点から投資のヒントを提供してくれるので勉強になる。


ただ、若干の懸念されるのは、内容が「盛りだくさん」になっているところ。
どこが悪いのかと思うかもしれないが、あまりにも「盛りだくさん」すぎて読者、特に初心者は内容が消化しきれない恐れがあるのかなぁ、と。
もう少し内容を絞って、その分、より深い説明をしてもよかったかもしれない。


若干の問題はあるものの、投資初心者、特にインデックス積立投資を始めたい人に推薦できる1冊だと思う。
読みやすいし、インデックス投資はしっかり学べるし、投資に関するいろいろな知識も身に付く。
三拍子揃った良書である。

評価は★★☆(2つ星半)としたい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク