超絶バブルの安全な投資術 バブル期に始める株式投資の勝ち方
著者:安間 伸
出版社: 東洋経済新報社
価格:¥1,575
オススメ度:★★(最高は★★★)



リフレ派の株式アナリストが書いた経済書

書名からはバリバリの投資本のように見えるが、全9章のうち6章がアベノミスクの解説に割かれており、経済書という方が正しい。
著者は経済から投資を考えるタイプのようで、アベノミクスによってこれから起こるバブルに乗る投資法が紹介されている。

アベノミクスの解説は分かりやすく書かれているので、アベノミクスって何?という読者には特にオススメできる。
著者は経済の専門家ではないので、一部に言葉足らずな面が散見される(インフレのメカニズムなど)が、本書を読んだあとで専門家が書いた本を読めば理解が進むと思う。


著者の経済予測が当たるかはともかくとして、投資本としてこれからの投資環境を考察した本格的な本はあまり見ないため、異色の1冊としてオススメできる。
評価は★★(星2つ)としたい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク