GMOクリック証券の口座を開設することにしました。

シェアーズの銘柄分析が無料で使えるということを知り、「これは口座開設するしかないだろ!」、となりました。

売買手数料がSBI証券より安いというのも驚きです。
ずっとSBI証券が業界最安値だと思っていました・・・。

調べてみると、SBIはGMOクリック証券をライバル視していて、危機感を持っているようです。
SBIグループの北尾CEOがGMOクリック証券に特別警戒しているまとめ

昨日、SBIホールディングスを購入したけど、GMOインターネット(GMOクリック証券の親会社)も少し買っておこうかな。

GMOクリック証券では投資信託の取り扱いがなく、最初の証券口座とするには難がありそうですが、日本株の取引に関しては充実しているように感じられるので、口座開設後に使用感を確認することにします。




スポンサードリンク
(続き)

先ほど紹介したリンク先に、
SBIグループの粉飾決算についてのまとめ
なる記事がありました。

子会社のSBIファーマ株を一部売却に際して、その金額が高すぎるのではないかという指摘です。
2012年3月期の売上高2億5000万円、営業損失12億円に対して、時価総額を750億円と算定しています。

売却先が子会社や関係会社、SBIが関与しているファンドなどであるため、業績不調だったSBIホールディングスの利益のかさ上げに悪用されている、との懸念が示されています。

確かに、今のところは健康食品として細々と販売しているALA(5-アミノレブリン酸)に、750億円もの価値があるのか疑念があります。
医薬品になる可能性がある、ということなんでしょうが、バイオベンチャーが創薬で成功した話は聞いたことがありません。

SBIホールディングスを証券関連銘柄の主力に据えようと考えていましたが、再検討する必要がありそうです。

スポンサードリンク