日本の農業が必ず復活する45の理由
著者:浅川 芳裕
出版社: 文藝春秋
価格:¥1,350
オススメ度:★★★(最高は★★★)


日本の農業の現実の姿を教えてくれる1冊です。

農業も政治・経済と同じく、一般的には常識と考えられていることの多くが、事実とは異なっています。

日本農業のポテンシャルは高く、やる気のある人が報われる社会を構築することで、世界と十分戦っていけることを、45個の理由から説明してくれます。

・高齢化は深刻ではない。
・嫁不足でもない。
・コメは畑で作る。
・花粉症に効くコメ。
・オランダはなぜ世界最強の農業王国なのか。
などなど。

特に印象に残ったのが、【フランスと日本の農業政策の比較】です。
フランスは農業を強くするべく、農家数の減少を図りました。
日本は農業を保護すべく、農家を守ろうとしました。


結果はフランスの圧勝で、
・農家の減少以上に雇用が生まれた。
・付加価値額は先進国で1位に。

農業も工業やサービス業と同じで、きちんとした市場競争に晒されてこそ、実力が付いてくるものです。
日本農業に必要なのは保護ではなく、公正な競争社会なんですね。

本書は真面目な話だけでなく、雑学の話も多く書かれているので、読み物としてもオススメです。
花粉症に効くコメが2020年に出る予定だよ、なんて話のネタにもなります。
評価は3つ星です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク