米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を同県名護市辺野古周辺に移設する日米合意を受け、毎日新聞と琉球新報は28〜30日、沖縄県民を対象に合同世論調査を実施した。辺野古移設に「反対」との回答が84%に達し、「賛成」はわずか6%だった。鳩山内閣の支持率は8%と1ケタにとどまり、「最低でも県外」「地元合意を得ての5月末決着」の約束を破る形になった鳩山由紀夫首相への不信感が沖縄県民に広がっていることを示した。

【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか

「反対」と回答した人にその理由を尋ねたところ「無条件で基地を撤去すべきだ」(38%)と「国外に移すべきだ」(36%)の合計が7割を超えた。「沖縄県以外の国内に移すべきだ」との回答は16%、「沖縄県内の他の場所に移したほうがいい」は4%だった。

 米海兵隊の沖縄駐留についても「必要ない」が71%を占め、「必要だ」の15%を大きく上回った。「東アジア情勢の緊迫」や「抑止力」を理由に県内移設を決めた首相の説明は理解を得られていない。在日米軍基地の約74%が沖縄に集中していることに関しては「整理縮小すべきだ」が50%、「撤去すべきだ」が41%だった。

米軍の日本駐留を定めた日米安保条約については「平和友好条約に改めるべきだ」が55%と半数を超え、「破棄すべきだ」との回答も14%あった。「維持すべきだ」は7%しかなく、日米同盟自体に反感が強いことを示した。【坂口裕彦】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100530-00000013-maip-pol

スポンサードリンク
(続き)

沖縄を調査対象にすれば、高率で反対なのは当然

もっとも、日本全体で調査しても同じような結果になるでしょう。

誰だって自分の地元に基地ができるのは嫌です。


だからこそ、防衛問題に関しては世論は無視して進めていかなければならない。

外交・防衛は直接民主制がもっとも不適切となる事案なんだと思います。


あれだけ県外!県外!と言っていた鳩山首相が、沖縄に基地を残すことにしたんだから、沖縄に米軍が存在する意味は重要なんでしょう。

我々国民も、米軍が日本に駐留している意味は、一人一人がしっかり理解しなければならないと思います。


もっとも、元々決まっていたものを、後から散々こねくり回したあげく、元に戻したんだから、鳩山首相は自業自得といったところ。

スポンサードリンク