ホームシアターの作法
著者:麻倉 怜士
出版社:ソフトバンククリエイティブ/価格:¥819
オススメ度:★★★(最高は★★★)


前作オーディオの作法に続く、作法シリーズの第2弾

今回は「麻倉流ホームシアターノウハウ」を詰め込んだバイブルを出版してくれました。

最近は大画面テレビの普及やAV機器の低価格化が進んでいますから、ホームシアターに興味のある人は多いのではないでしょうか?

ブルーレイの登場により画質音質が大きく向上
作法1で「ホームシアターとはハイビジョンを愉しむもの」と定義し、至高の臨場感を体験することを目標にした、ホームシアター環境の構築を目指します。

紹介しされるシステムは最低でも50万円、100万円オーバー当たり前になっており、敷居は高くなっていますが、
・機器の選び方
・機器の設置法
・試聴環境の改善法
・音漏れ対策

など、ホームシアターを構築するのに必要なノウハウが網羅されています。
ホームシアターは欲しいけど、音漏れが心配という人は多いと思うので、音漏れ対策まで示してくれているのはありがたいですね。

ホームシアターを愉しみたいと考えている方は、ぜひ手元に1冊用意することをオススメします。


それにしても麻倉氏の本を読むと、氏のオーディオ・ビジュアルに対する想いの深さが伝わってきます。本当に大好きなんだな、と。

本書を読むと、オーディオ・ビジュアルが持っている「愉しさ・感動」を自分も味わってみたい、と思うようになりますよ。