国際計測器が下方修正を発表し、株価はS安となってしまいました。

業績予想の修正ならびに役員報酬等の減額に関するお知らせ
配当予想の修正に関するお知らせ



2単位保有しているので、痛い下方修正です。
株価が騰がったときに1単位は売却しておくべきでした。。。


国際計測器は、自動車メーカーの設備投資の動向に大きく左右されます。
それだけに株価の変動幅も大きくなり、株価の低迷局面での種まきは、大きな果実になってくるのではないかと考えています。
PBR1倍割れの局面があれば積極的に拾っていく方針です。
3月に拾い損ねているだけに、絶好の機会になりそうです。


2Q決算短信で気になるのは、海外売上高です。

国内売上は壊滅的ですが、海外はそれほど悪くはありません。
ただし、比較的自動車販売が堅調な中国の売上高が大きく下がっているのは気になるところです。

成長著しい中国市場が今後もこの状態なのであれば、他社にシェアを奪われているということになるので、注意が必要です。
スポンサードリンク
スポンサードリンク