新世紀のビッグブラザーへ

著者:三橋 貴明
出版社:PHP研究所/価格:¥1,365
オススメ度:★★(最高は★★★)



民主党政策の危険さを警告する1冊


民主党が掲げる「友愛外交」、「人権擁護法」、「外国人参政権」、「東アジア共同体」etcが実現した近未来の日本を想像した姿が描かれている。

そこは、中国共産党が東アジア全域を支配し、表現の自由や日本の伝統文化は失われ、人権の名の下の恐怖支配が日本を覆い尽くす、民主主義とは対極にある世界となっている。


民主党マニフェストでも少ししか触れられず、メディアでの取り上げもなかったため、ほとんどの国民は知らないと思われるが、これらは高速道路無料化や子供手当てなどより、遙かに重要な国の将来像にかかる問題である。


本書をはまっとな日本人すべてに読んでもらいたい。
そんな1冊である。
スポンサードリンク
スポンサードリンク