保有銘柄チェック第二弾です。

保有銘柄チェック その1


6.プレステージ・インターナショナル(4290)
株価:103,500→112,000
売上:13,438→(15,130)
営業利益:1,806→(2,350)
配当利回り:1.34→(1.76)
保有銘柄の中で数少ない含み益銘柄
買う時期が重要であると実感できる銘柄です。
業績は堅調で3Q決算の進捗状況からして、通期予想は達成できそうです。
ホールドで。

7.テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)
株価:208,000→5,100
売上:43,642→(46,190)
営業利益:-901→(620)
配当利回り:0.00→(0.00)
3Q決算時に下方修正を発表
改善はしていますが、思うように進みません。
同業のベストブライダルとの差は歴然ですが、この原因は、
1.人材
2.建物
にあるのではないかと思います。
T&Gは急成長を目指したために中途採用者がほとんど。一方のベストブライダルは新規採用者を粘り強く育てています。
また、建物もT&Gはシングル又はダブルバンケットタイプであるのに対し、ベストブライダルはマルチバンケットタイプが主流
効率性と消費者の嗜好の多様化に対応できているのではないかと思います。
正直、T&Gは厳しい。
ポジションどうしよ?

8.ダイオーズ(4653)
株価:680→413
売上:16,745→(17,551)
営業利益:918→(1,100)
配当利回り:3.63→(3.63)
3Qまでの進捗状況を見ると、利益面での達成は微妙
しかしながら米国初の経済危機下で米国でも売上を伸ばしており、残存者利益を狙う姿勢は好感が持てます。
株価が買値の半分以下になることがあれば、買い増しも検討したい。

9.エイジス(4659)
株価:2,900→1,960
売上:17,701→(19,600)
営業利益:1,973→(2,095)
配当利回り:2.30→(2.30)
3Q決算でも増収増益であり堅調ですが、月次を見る限り通期予想の達成は難しそう。
国内シェア75%超を握っており、今後の成長力という点ではいまいちのところがあります。
日本企業の海外出店に合わせた海外での成長が今後の鍵でしょう。
4月に上海とマレーシアに子会社を設立
取りあえずはホールドで問題なし。

10.e−まちタウン(4747)
株価:197,000→220,000
売上:8,205→(8,800)
営業利益:1,057→(1,200)
配当利回り:4.55→(4.55)
ネット関連でPBR1倍割れ&高配当ということで購入
取りあえずは問題ないかな、と。
事業内容より指標で飛びついた面が強いので、あんまり詳しく語れません・・・。
本日の株価はS高
アリババとの提携を好感している模様ですが、何がすごいのかよくわかりませんw
光通信とソフトバンクの株価は対して反応していないし???
同じような銘柄としてはマガシークにも興味あります。


今回の5銘柄チェックの結果は、

買い増しも  1銘柄
ホールド   3銘柄
売りたいけど 1銘柄

という結果でした。
とにかくT&Gが・・・。 
スポンサードリンク
スポンサードリンク