フージャース売却を売却しました。


巨額の特損(たな卸資産評価損9,181百万円)を出したフージャースから一端撤退しました。

売却理由としては、
1.株主資本比率が数%程度にまで落ち込んでいると予想され、これ以上の赤字は債務超過に直結すること。
2.安値での増資懸念が出てきたこと。
3.株価が底値から約4倍上昇していたこと。
4.含み益があったこと。
の3点です。


売り上げは期初予想を上回り、販売代理業への業態転換を進めているなど、見るべき点も多々あります。

09.3期決算や株価の動向(1000円以下)を見ながら、再参戦を検討していきます。
スポンサードリンク
スポンサードリンク