昨日の投資各社決算の続きです。


20.9kessan














































スポンサードリンク
(続き)


■エイジス
売上は前期比プラスですが、利益は若干ではありますがマイナスということになりました。
韓国も軌道に乗りつつあるようなので、国内は元より海外展開による成長にも期待です。


■UMCJ
事業再編中のUMCJの決算は酷いものですが、経営立て直しと自社株買い期待してホールド継続です。
成長企業ではありませんが、自社株買いのおかげで【一株当たり○○】は成長中であります。今のところは一株当たり赤字が成長中ですが・・・。


■ゼンショー
株主優待投資
優待が続いたら特に文句はありません(笑)
最近は吉野家も魅力的になってきましたけど。


■ワークマン
中間決算は前年比微増といったところ。
安定している銘柄ですが、建築業や製造業がだいぶん落ち込んできているので不安はあります。
足下の月次もあまりよくないですし。
要注意銘柄といったところでしょうか。


■国際計測器
中間決算の発表と同時に下方修正を発表
自動車関連ということで足下の業績には不安があります。
買うのが少し早すぎました。
今から買うべき銘柄ですね。


■SHOEI
好調な20.9期決算と21.9期の大幅減収減益を発表
輸出企業なだけに、世界的な不景気もですが何より円高が痛すぎます。
ブランド力は抜群なので買い増し塩漬けで対応する予定です。


■フージャース
継続企業の前提に関する重要な疑義が出てしまった我らがフージャース
金融機関及び建設会社に対して返済期日を延期してもらったため、疑義発生と相成ったようです。
フージャースについては後で詳しくみてみます。

スポンサードリンク