08年9月の月次を報告いたします。


当ファンドの8月の運用成績は、
ファンド:−9.4%
TOPIX:−13.3%
となり、TOPIXを上回る成績は確保したものの、相場環境悪化の影響を受け10%近いマイナス運用となりました。

年初来の運用成績は、
ファンド:−36.0%
TOPIX:−26.3%
であり、年初来ではTOPIXを下回る運用成績となっております。



【概 況】
9月はリーマンショック、米国救済法案否決など、金融環境が大きく悪化し厳しい局面が続きました。
全ての保有銘柄で満遍なく下落しましたが、その中では海外売上の比率が高い国際計測器とSHOEIの下落率が高い結果となりました。
このような環境の中、当ファンドは2銘柄の買い付けと1銘柄の売却を行いました。
これによりキャッシュポジションをほぼ投入するフルインベストメント状態となっております。


【ポートフォリオ】
1.日本株
■現物分
・タビオ 868(1,220×300株)
・ハードオフコーポレーション 377(350×300株)
・ソフマップ 195(370×100株)
・チェルト 1,232(2,000×100株)
・朝日ネット 255(260×1000株)
・ダイオーズ 412(680×300株)
・エイジス 2,280(2,900×100株)
・共和工業所 590(735×100株)
・UMCJ 7,820(8,600×100株)
・ゼンショー 396(650×100株)
・ワークマン 1,230(1,800×100株)
・国際計測器 736(1,100×200株)
・SHOEI 1,330(1,400×200株)
・フージャースコーポレーション 6,700(37,000×1株)
・ビジネスブレイン太田昭和 420(710×100株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 5,040(208,000×1株)


2.ブラジル株
・PETROLEO BRASILE 40.67USD(47.14×20株)
・ISHARES BRAZIL 72.92USD(72.92×10株)

3.投資信託
・SGターゲットジャパンファンド 21,832(27,720)
・トヨタアセットバンガード海外株式ファンド 8,417(10,000)
・朝日 Nvest グローバル バリュー株オープン 8,448(10,000)
・HSBC BRICs オープン 9,399(10,300)
・イーバンクヘッジファンド e501 81,110(100,000)
・マネックス資産設計ファンド 156,662(190,000)
・セゾン グローバル・バランス・ファンド 75,000(75,000)

セゾンのみ取得原価にて記載(ID・パスワード紛失のため)

スポンサードリンク
(続き)

【売 買】
1.購 入
  共和工業所 100株
  UMCJ 100株

2.売 却
  ジーエフシー 100株
  
株価が下落して魅力的になってきた共和工業所と、精算価値が高いUMCJを購入しました。
購入資金確保のため、同じ資産株であるジーエフシーを株主優待確保後に売却しました。


【今後の方針】
資金追加が難しいため難しい局面になりますが、外国株枠のキャッシュポジションなどを活用して、少しでも割安な株価での仕込みを増やしていきたいと考えています。



【注目銘柄】
・プレステージ・インターナショナル
・フージャースコーポレーション
・ゴールドクレスト
・富士フイルムホールディングス
・ブリヂストン
・ソニー
・UMCJ
・コカコーラ
・ジョンソン&ジョンソン
・アメリカンエキスプレス
・P&G
スポンサードリンク