株デビューする前に知っておくべき「魔法の公式」
著者:ジョエル・グリーンブラット
出版社:幻冬舎/価格:¥1,680
オススメ度:★★(最高は★★★)



20年以上の渡って年率20%以上の投資成績をあげたファンドマネージャー、グリーンブラッドが書いた初心者向けの投資指南書です。


本書で紹介されている【魔法の公式】を利用した投資を行うと、過去17年間で年率30.8%の収益(米国株)を得ることができた、という投資法です。

【魔法の公式】
資本収益率と利回りが高い企業上位30社に投資すると儲かる。
 資本収益率=EBIT/(正味運転資産+順固定資産)
 利回り=EBIT/EV


資本収益率、利回りを共に1位から最下位までランキングし、その順位を合計した企業を数字の小さい順に買っていく、というなんともシンプルな投資法です。

こんな簡単な方法で本当に上手くいくのか?という疑問が湧きますが、投資の本道という意味では納得のいくところがあります。

企業への出資者(インカムゲイン狙い)と考えた場合、少ないお金で多くの利益を生み出す会社に投資をしたいですし、少ない出資額で多くの利益を得たいと思うのは最もだと思います。


こういう投資法はバフェットに近いものがありますが、グリーンブラッドとバフェットで決定的に違うところがあります。

それは株式の保有期間で、バフェットは永久保有ですが、本書での投資期間は1年となっています。
グリーンブラッドはミスターマーケットのミスリードを利用しようという考え方ですね。


本書の良くない点としては、邦訳が直訳的で若干読みにくいところです。
アメリカンジョークらしきものがいっぱい出てくるのですが、ジョークを直訳されては面白さが全く伝わってきません。
また、検証期間がなぜ過去17年であるのかに対する言及もないところはマイナス点です。

内容については素晴らしいものがあるんですが、上記のマイナス点を差し引いて1点減点の★★(2つ星)としました。

それにしても、アマゾンのマーケットプレイスでは100円以下(最安値は38円!)という低価格で販売されています。
送料を入れても、この価格はバリューだと思うんですけどね〜。


最後に本書で一番印象に残った言葉を引用して終わりとします。

自分が何を探しているのかを理解しないまま個別銘柄の選択を行うことは火のついたマッチを持ってダイナマイト工場を走り抜けているようなものである。
死にはしないかもしれないが、大バカ者ではある。





スポンサードリンク
(続き)


本書はバリュー投資を統計データからまとめた名著
東大卒医師が教える科学的「株」投資術
の中でも紹介されています。

科学的「株」投資術によると、【魔法の公式】は米国株だけではなく日本株やヨーロッパ株でも機能すると紹介されています。


本書では米国株による検証しか紹介されていないため、日本株へ適用することは心もとないところがありました。

この補足によりずいぶん利用しやすくなりますね。
スポンサードリンク