日本発のブランド品サマンサタバサで気になる記事を見つけたので紹介しておきます。


ブランド価値の違い・・・ルイ・ヴィトンvsサマンサタバサ

例えば、好きなバッグブランドの上位御三家は、順位がちょっと入れ替わりますが、三越な人、伊勢丹な人のどちらも、

・ルイヴィトン
・コーチ
・グッチ

です。


ところが、20代前半の女性だけで見ると、突然上位に浮上するバックのブランドがあります。

「サマンサタバサ」(以下「サマンサ」)です。

日経MJ(2008/04/30)の消費分析の記事では、都内女子大生500人対象のアンケート調査の分析が掲載されていましたが、以下の3つの質問に対して、グッチやコーチを抑え、いずれもルイ・ヴィトン(以下、「ヴィトン」)に次いで2位の座を獲得していたのが「サマンサ」でした。


スポンサードリンク
(続き)

年齢限定ではありますが、並み居る海外ブランドを抑えて2位というのは大したものですし、支持年齢層はまだ20代前半のみということなので、市場拡大の余地も大きいと言えます。


なお、詳しいアンケート結果については、ファッション流通ブログde業界関心事さんに掲載されていたので紹介しておきます。

1 どのブランドにステータスを感じるか
2 ファッション雑誌から受けるブランドの印象の強さ
3 どのブランドが流行をひっぱっているか

を複数回答可で調査したところ、

すべてにおいてルイ・ヴィトンがダントツ1位だったわけですが、それに次いで、なんと日本のサマンサタバサがすべての項目で3位を引き離し2位にランクインしておりました。


さらにヴィトンとサマンサタバサの魅力詳細比較では、

A-流行意識                 
 〇っていると友達に自慢ができる
 ⇒達が持っているから自分も買う
 新作を見ればこれから世間でもはやるものが分かる

B-品質意識
 ゝ’柔がよい
 ∋箸い笋垢
 D校ちしそう

の6つの観点から見た時、サマンサタバサはA-◆↓、B-◆↓でヴィトンを上回っておりました。



サマンサタバサジャパンリミテッドの株価を見ると、PER23.6倍、PBR2.25倍であり、割安とは言えないもののめちゃくちゃ高いというほどの株価でもありません。

それにしても上場当時の最高値120万円に対し、現在の株価は13万円ですから、見事な下げっぷりです。
スポンサードリンク