マネックス資産設計ファンド(育成型)第1期運用報告書が発表されています。


運用報告書は180ページと膨大な量があるのですが、NightWalker's Investment Blogさんでポイントをまとめてくれているので紹介しておきます。


信託報酬以外の余計な経費はほとんどかかっておらず、
ベンチマークとの差異もほとんどなく、

非常に優れたバランス型インデックスファンドであることがわかりました。


これからも「ストロングツミタテで問題なし!」です。

スポンサードリンク
(続き)

このマネックス資産設計ファンドですが、セゾンやSBIなどのバランス型インデックスファンドと比べると、人気がいまいちなのが残念でなりません。

いろんなブログやそのコメントを拝見する限り、REITの組み入れ比率が高いことが不人気の要因のようなんですが、なんでこんなにREITは人気がないんでしょうね?

株式投資家は、不動産投資を軽視する傾向にあるのかもしれません。。。
不動産投資も良い投資先の1つだと思うんですけどねぇ・・・。


藤巻健史氏に言わせると、【不動産価格が上昇しないと株価も上昇しない】ということになるでしょうか。
スポンサードリンク