08年2月の月次を報告いたします。


当ファンドの2月の運用成績は前月比+5.9%でした。TOPIXは−1.6%であったため、2月はインデックスをアウトパフォームする成績を収めることができました。

年初来成績は−13.4%と大きく下落した状態に変わりはありません。TOPIXは−10.3%であり、2月は健闘したものの1月の下落率が大きかったため、年はTOPIXを下回る運用成績となっております。



【概 況】
日本株については概ね横ばいでの推移でしたが、カタリストが発動したジャックスについては株価が大きく上昇しました。
ジャックスの上昇分がパフォーマンスに貢献した形となっております。
そのほか中国株、ブラジル株といった新興国株式も堅調に推移したこともパフォーマンスに寄与いたしました。




【ポートフォリオ】
1.日本株
■現物分
・幼児活動研究会 1,220(1,980×100株)
・タビオ 1,298(1,220×400株)
・ハードオフコーポレーション 396(350×300株)
・ソフマップ 235(370×200株)
・三光マーケティングフーズ 63,000(75,900×1株)
・チェルト 1,675(2,000×100株)
・朝日ネット 276(260×1000株)
・ダイオーズ 452(680×300株)
・エイジス 2,975(2,900×100株)
・ヤギ 1,632(1,657×100株)
・ジーエフシー 900(1,239×200株)
・ワークマン 1,310(1,800×100株)
・フジ・コーポレーション 358(471×600株)
・SHOEI 1,775(1,400×200株)
・フージャースコーポレーション 35,350(37,000×1株)
・ビジネスブレイン太田昭和 661(710×200株)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 14,830(208,000×1株)


2.中国株
・ハンセンH株指数ETF 141.000香港ドル (48.128×200株)

3.ブラジル株
・PETROLEO BRASILE 124.86USD(94.28×10株)
・ISHARES BRAZIL 88.17USD(72.92×10株)

3.投資信託
・SGターゲットジャパンファンド 22,976(27,720)
・トヨタアセットバンガード海外株式ファンド 10,918(10,000)
・朝日 Nvest グローバル バリュー株オープン 10,480(10,000)
・HSBC BRICs オープン 15,411(10,300)
・イーバンクヘッジファンド e501 95,980(100,000)
・マネックス資産設計ファンド 110,772(120,000)
・セゾン グローバル・バランス・ファンド 40,000(40,000)

セゾンのみ取得原価にて記載(ID・パスワード紛失のため)

スポンサードリンク
(続き)

【売 買】
フジ・コーポレーション 現物売り 324円×200株
フージャースコーポレーション 現物買い 37,000円×1株
ジャックス 現物売り 390円×100株

カタリストが発動したジャックスを予定どおり売却致しました。
また、キャッシュポジションを増やす目的でフジ・コーポレーションを一部売却しました。
返す刀で、ファンダメンタルに改善の兆しが見られるフージャースコーポレーションを購入しております。


【今後の方針】
日本株PFのキャッシュが一定量確保できているため、暴落があれば積極的に購入していく方針です。
購入候補の銘柄は数多くありますが、特に富士フイルムホールディングス、CHINTAI、フージャースコーポレーションを重点銘柄として検討しています。

フージャースは本日付の開示情報で400戸と200戸の事業用地を取得を発表しています。
リスクは高くなるものの、大規模物件の方が販売状況が良い傾向にあるため、このIRは好意的に捉えております。


外国株PFのキャッシュについては、状況を見ながらアメリカ株や韓国株の購入に当てていきたいと考えております。


【注目銘柄】
・富士フイルムホールディングス
・CHINTAI
・フージャースコーポレーション
・イオンクレジット
・アメリカ株ETF
・韓国株ETF
スポンサードリンク