タビオとフジ・コーポレーションの12月月次が出ているのでチェックしておきます。


■タビオ19.12月次
既存店:+8.6%
全 店:17.8%
客単価:−1.4%(1598円)


既存売上は好調ながらも12月は今一歩という数字でした。
客単価がマイナスに転じたのは気になるところ。


■フジ・コーポレーション19.12月次
既存店:−4%
全 店:−2%


12月の月次はいまいちの数字でした。
ここは高級品にシフトしてきているんですが、これから不景気に入るとなると果たしてその戦略が正しいのかどうか疑問のところがあります。
月次を見ながらの売買になりそうです。



現在、亀の歩みながら四季報通読に取り組んでいます。
まだ3000番台が終わったところなんですが、これまでのところ
応用医学研究所(2123)
アミタ(2490)

の2銘柄が面白そうと感じました。

応用医学研究所はジェネリック医薬品関連、アミタは環境関連ということで、時流にも乗っている銘柄だと言えます。

ただ、両銘柄とも株価が全然下がらないのでがっかりです。
持ち株は下がっているというのに・・・。
スポンサードリンク
スポンサードリンク