期待の冬銘柄、フジ・コーポレーション11月月次が発表されました。


既存店:+14%
全 店:+18%


10月に既存店売上がマイナスとなり失速を懸念されましたが、11月は冬の到来もあり好調ペースに復帰となりました。
前年同月の既存店売上が+5%とそれほど高くないことも、好月次の要因でしょう。

ここは今年の2〜4月の既存店が+17〜18%と高位で推移しているので、この辺が今期の業績を左右するポイントになりそうです。


最後の買い増しとなるであろうターゲット株価まで下がって欲しいところなんですが、さてそこまで下がってくれるかどうか。
今のままでは株主優待を貰えないんですよね・・・。
スポンサードリンク
スポンサードリンク