センチュリー21・ジャパン 20.3期1Q決算が発表されています。


      売  上 営業利益 経常利益 当期純利益
今期1Q   741  250  255  150  
前期1Q   744  240  248  146
中間予想  1559  550  585  345
通期予想  3290 1205 1270  750 
19.3期   3065 1070 1187  703


1Qは増益は確保したものの減収となってしまいました。
売上は中間期で+5.9、通期で+7.3%を予想しているだけに、減収は黄色信号点滅といったところです。

減収の要因としてはサービスフィーは+4.8%と増加したものの、加盟金収入が−29.1%、その他収入が−21.3%と大きく落ち込んだことが要因です。


前期の売上構成を確認すると、
サービスフィー:2577(+12.0%)
加盟金収入  : 269(+10.3%)
手数料    : 218(+ 9.1%)

加盟金収入や手数料の売上はそれほど多くはないものの、加盟金収入については今後のサービスフィーの伸びに影響を与えるものですから、加盟金収入の減少は悪影響を与えそうです。


今期予想PERは17.5倍であり、割安!!と言えるほどの株価でもないので、撤退して中間決算まで様子をみようかと思います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク