投資信託の情報サイトとして有名なモーニングスターがウイルスに感染したようです。


投資情報サービス、モーニングスターのWebサイトが7月23日15時現在で「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と警告を受けている。モーニングスターのプロダクトサービス部によると、同社サイトは7月17日ごろに実際にトロイの木馬型ウイルスである「Exploit-MS06-014」(マカフィーの解説ページ)に感染し、「アクセスすると危険な状態」(同部)となった。外部から指摘を受けてウイルスを駆除し、「いまはアクセスしても大丈夫」という。Webサイトは閉鎖していない。ただ、「どういった形でウイルスに感染したのかはまだ特定できていない」ともいい、セキュリティベンダに調査と根本的な対策を依頼している。


■Googleのマルウェア警告機能に存在感

Googleにはウイルスを検知する機能が実装されているようで、Googleの警告によってサイト管理者がウイルス感染を知ることもあるそうです。

う〜ん、Google恐るべし。
さすがヤフーと並ぶインターネットの巨人ですね。


『Googleのモーニングスターに対する警告』
google

スポンサードリンク
スポンサードリンク