個人投資家として有名なパーシャル・オーナーの管理人である角山さんのポートフォリオを見てみましたが、「さすがだなぁ」とため息がでるようなポートフォリオです。


上位5銘柄(06年12月末現在)
7203 トヨタ自動車
4298 プロトコーポレーション
7839 SHOEI
7564 ワークマン
8898 センチュリー21・ジャパン


キャッシュを稼ぐ優良企業→財務万全
ブランド力を保有→定性分析万全
割安な価格で購入→バリュー投資のお手本



ワークマンは会社説明によると、小売業の中では強力な競合相手のいない珍しい会社です。

角山さんは1冊目の本の影響で、資産バリュー投資もしていそうな印象があったのでうすが、ポートフォリオを見る限り資産バリュー銘柄はなさそうです。


新興市場を中心に日本の株式市場は低迷中ですが、これらの銘柄の株価は比較的堅調に推移していると言えるでしょう。
株式市場は効率的?、非効率的?という議論はしばしばなされることですが、これは効率的だという意見を証明する事象だと思います。


フージャースや不動産流動化銘柄の反省を生かし、基本に忠実な投資をしようと言うことです。
あっ、でも業績に改善の兆しが見えたら、フージャースとかに投資はしますよ(笑)
優秀な経営者であればきちんと立て直してくるはずですから。


角山さんのポートフォリオは有料会員にならないと、詳細は見ることができないことは残念ですが、2ヶ月2100円の「体験コース」なるものもあるようなので、どんなものか試しに見てみるのも面白そうです。
スポンサードリンク
スポンサードリンク