先月は運用成績の発表を休んでしまったので、2ヶ月ぶりの運用成績発表となります。

当ファンドの2月の運用成績は前月比−8.0%でありました。TOPIX:−0.7%ですので、TOPIXを下回る運用成績と不振でありました。

年初来成績は−30.3%であります。TOPIX:+1.2であり、2007年はTOPIXを大きく下回るという厳しい運用成績が続いています。



【概 況】
小型株、新興株は軟調な相場が続いており、これらを多く組み込んでいる当ファンドも大きな影響を受けております。
4月は主力銘柄と位置づけていたフージャースを損切りするなど、銘柄入れ替えのための売買を積極的に行いました。


また、3月からですが投資信託への投資を行っております。
■マネックス資産設計ファンド
 3月より月1万円の積立
■ベトナム株ノーロードファンド
 3月より運用開始。投資額50万円


中国株については、前月比:+9.5% 年初比:12.4%と好調に推移しております。

スポンサードリンク
(続き)

【売 買】
フージャースコーポレーション 現物売り 82,600円×29株
ダヴィンチ・アドバイザーズ 現物売り 111,000円×4株
アーバンコーポレイション 現物売り 1,622円×300株
極東証券 信用返済売り 1,117円×800株
ソフマップ 現物買い 370円×200株
SHOEI 現物買い 2,800円×100株


【今後の方針】
最盛期と比べると資産半減と大きく減少してしまいました。
しかし、損切りによりPFの約60%をキャッシュとして保有していることから、暴落には買い!のスタンスで優良銘柄の購入を進めていきます。


【注目銘柄】
・SHOEI
・T&G
・ラウンドワン
・プレステージインターナショナル
・センチュリー21
・ジャストプランニング
・プロトコーポレーション
・EMシステムズ
スポンサードリンク