少し前に、「投資信託のエントリを楽しみにしています」という嬉しいコメントを頂いたことがあったので、一度注目している投資信託について書いておこうと思います。
ZAiでも大特集が組まれていることですし。


現在、私は主力ファンドとして位置づけているのが、マネックス証券
マネックス資産設計ファンドです。

このファンドはよっしーさんが仰るように日本人の95%にオススメできるファンドといえます。
95%の日本人は投資に興味なんかないわけですが、そうは言ってもこれからの時代、投資は欠かせないものになってきます。
そういう人にとって優れている投資商品とは【ほったらかし】でOK!なものでなければなりません。

マネックス資産設計ファンドは、スタンダードな投資商品である株式、債券、不動産のインデックスに投資をしてくれるます。
しかもアセットアロケーションやリバランスまで考えてくれるため、本当に何も考える必要がありません。
インデックス投資でもアセットアロケーションやリバランスについては頭を悩ませるところがありますが、それすらしなくて良いんですからほったらかしファンドと呼ぶに相応しいファンドでしょう。


同じような投資信託としては、セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドがあります。

このファンドは株式と債券に投資するファンドなので不動産が入っていないことが玉に瑕ですが、マネックス資産設計ファンドより海外に対する投資比率が高いので、日本に悲観的な方にはよりオススメです。

個人的には両方に投資するのも面白そうだと思います。



この3月31日に職場に定年退職をされた方がいらしたのですが、退職金の運用に頭を悩ませていました。

私は上記のファンドを奨めたんですが、マネックス証券?何ソレ??という感じで相手にされませんでした。。。
それどころか●●銀行(地銀)の方が堅いよ、と。

地元最大手の地銀である●●銀行に退職金を預けるような話をしていましたが、手数料の高いロクデモナイ投資商品のオンパレードなので、今頃どんな商品を買わされている心配です・・・。
投資は自己責任と言われるとそれまでなんですが。


その2に続く。
スポンサードリンク
スポンサードリンク