■現物分
・アセット・マネジャーズ 206,000(292,500×2)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 126,000(76,600×4)
・ヤギ 1,801(1,657×300)
・フィンテック グローバル  98,900(101,000×5)
・アーバンコーポレイション 1,720(1,232×300)
・フージャースコーポレーション 92,300(135,766×30)
・ビジネスブレイン太田昭和 704(710×200)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 72,500(208,000×1)
・極東証券 1,139(2,150×800)
・シーズクリエイト 68,300(79,300×5)


フージャースの個人投資家説明会が丁度今の時間に開催されています。

そのうち詳細はアップされてくると思うので確認したいですね。


T&Gの株価は相変わらず低いままですが、T&Gはキャッシュフローは良い会社なので、今の株価はなかなか安いと思います。
ただ、同業のPERも結構低いので、それなら成長余力のありそうなノバレーゼも面白い銘柄でしょう。

ノバレーゼはみんなの就職活動日記で動きが活発な企業なので、そういう面から注目しています。掲示板の投稿数はT&Gより多いんです。
まあ、これはT&Gが今まで新卒採用に消極的だった影響も大きいんでしょうけど。
スポンサードリンク
スポンサードリンク