■現物分
・アセット・マネジャーズ 218,000(292,500×2)
・ダヴィンチ・アドバイザーズ 122,000(76,600×4)
・ヤギ 1,799(1,657×300)
・フィンテック グローバル  93,100(101,000×5)
・アーバンコーポレイション 1,708(1,232×300)
・フージャースコーポレーション 98,700(135,766×30)
・ビジネスブレイン太田昭和 709(710×200)

■信用分
・テイクアンドギヴ・ニーズ 68,900(208,000×1)
・極東証券 1,152(2,150×800)
・シーズクリエイト 68,700(79,300×5)


フージャースやT&Gがずいぶん安くなってしまいました。
両銘柄とも買い増しをしたいところですが、SHOEIやプレステも買いたいので、なんとも悩ましいです。
プレステの最近の暴落ぶりはフージャース以上ではないでしょうか?

他にも受注が好調なアクセルとか不動産賃貸が面白そうなEMシステムズ、ボーリングの勝組ラウンドワンあたりも面白そうです。

12月に追加投資に踏み切ったわけですが、今の方が遙かに買い時でなんとも悔やまれます。


フージャースはZAi5月号で割安銘柄ベスト100にランクインしていました。株価12.4万円で76位なので、今はベスト30位以内くらいに入っているかもしれません。
もっとも、評価の低い不動産銘柄は数多くランクインしているので、あまり参考にはならないでしょうね・・・。
スポンサードリンク
スポンサードリンク